ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

<   2018年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

a0155319_21425735.jpg

春に釣ったホッケがまだ食卓に出てくるのですが、ずいぶん釣りに出かけていませんので、毎年、季節の良い時期に恒例(3年目)になっております、お隣のご主人をお誘いしての釣りに一緒にでかけました。


大病の後、何度か関連の手術などして、源発の病は完治していないということですので体の負担を考え、好天を待っておりました。

高めの気温でしたが穏やかな釣り日和でした。


マイワシが釣れているということですので、北浜岸壁に直行し、釣り場所に空きがなければ、ほかの釣り場は、そのときに考えようと思っていました。


行ってみますと空きがあります。車を止めますと、右隣はなんと美形の若い女性、しかも単独です。こんなことはめったにありません。

挨拶して、お隣でやらせていただくことに。


さっそく準備をして、2本づつ竿を出しましたが最初のうちはポツリポツリとチカが釣れる程度。

日暮れまでにマイワシの回遊があるといいですねと、若い女性と話しながら釣っておりました。


その後、小さいながらチカがなかなかのペースで釣れ始めます。

やがて、時間は確認しておりませんが、ぽつんとマイワシが1匹釣れました。

もしかすると回遊があるかもと期待しておりましたら、しばらくして、群れが押し寄せたようで、いきなり入れ食いとなりました。


画像のマイワシは二人で釣った量の4分の1ぐらいで、残りとチカはお隣のご主人に引き取っていただきました。

ちょっと釣り過ぎましたが、入れ食い状態で釣れ始めると、つい数を釣ってしまいます。

すべて自分で食べなければいけませんので、まだ残っていそうな春ホッケとマイワシがしばらく食卓(自分の前)に出てくることになりそうです。


お隣の若い女性を意識して??カメラを出すタイミングがつかめず、画像は少なめです。

若い女性には、回遊があってよかったですねとお話しして、隣で釣りが出来て楽しかったですと挨拶して帰ってまいりました。

a0155319_21433520.jpg
お隣の若い美形女性。画像を見て気付きましたが、後姿ちょっと肌が露出しておりましたので
ボカシを加えております。
a0155319_21433835.jpg
a0155319_21434170.jpg
a0155319_21434551.jpg




_




[PR]
by BOSS2010 | 2018-07-12 21:55 | 北海道 小樽港の釣り