ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

カテゴリ:北海道 小樽港の釣り( 98 )

a0155319_16341372.jpg

依然として運気が低迷しています。


奥さんと自分の通院日数が10月は10日間あります。

医療機関4施設。


ということで、土日・祝日は釣りに出かけませんので釣りに行けない日が合計20日ほど。

残りの日で天気に恵まれている日を選んでの釣りとなりますと厳しいことになります。


と・・・どうでもいい前置きですが、あと4回の通院予約が残る中、前回釣り上げたコサバを毎日のように食べて消化し、残りわずかになりましたのででかけました。


前回同様、午前2時に起き出し、3時半には北浜で投光器を点灯し竿を出しておりました。


今回は釣果優先ですので迷わず前回と同じ場所を目指しました。


数名の方が投光器を点灯しておりましたが、竿を出したまま就寝中?と思われるキャンピングカーの後ろが大きく開いておりましたので、そこで始めることに。


竿を2本。


暗いうちはマイワシもまじり小サバ、小チカがぽつぽつと釣れましたが前回より小ぶりな感じでした。

大きな群れが来たと思える場面はなく、全体に散発的でした。


終盤は贅沢にも飽きてきた感じになり、撒き餌も消極的に。


すぐに、冬の釣れない時期ならチカ釣りで1匹も釣れないこともあるのにと反省して小チカを真面目に釣っておりました。



最近、古くからの釣りサイトがひとつ表示されなくなりました。

みずから削除閉鎖されたのでしょうか。


釣りから帰り、魚の処理をしておりますと奥さんが手伝ってくれました。

寒くなる季節、「こんな日でも朝早く起きて釣りに行きたいという意欲がなくなったら寂しくなる」と話しますと

「若い人と違い、「再び」ということがないのが老化を受け入れながら生きる人生の悲しいところ」・・・・・と。


もう、明日が確実にやってくる年齢ではなくなりました。

行きたいなら今行っておけ、やりたいことはやっておけ、後悔のないように・・・そんなふうに考えながらの毎日です。


ランサーズの当選回数が29回となりました。年内に30回に到達したいと奮闘中です。

a0155319_16342459.jpg
a0155319_16342786.jpg
a0155319_16343051.jpg
a0155319_16343334.jpg
a0155319_16343588.jpg
a0155319_16343752.jpg





_










[PR]
by BOSS2010 | 2018-10-22 16:51 | 北海道 小樽港の釣り
a0155319_13524135.jpg

前回、4時間でサバ1匹で終わった釣りを分析?して、時間帯に問題があった(前回は昼~夕方)と考え、めったにない早朝の釣行ということにしました。


午前3時に起き出し、前日に準備を済ませてありましたのですぐに出発し、4時には竿を出していました。


北浜岸壁到着時は2~3人の方がおられました。発電機持参ですので騒音を考え、一応、先に竿を出されている方の中間あたりで準備を始めました。


経験的に、釣果が上がるよう仕掛けはアミエビ餌を用いるタイプにしました。

2本を左右に置き、間を5m以上空けました。

退屈しない程度にポツポツと釣れ、夜明け後の時間帯は特に釣れたような気がします。


一番大きなものは31cmでした。もう1匹、強烈に走る大物?がかかったのですがライン切れで残念・・・。

ほかにコゾイ、コガヤ、カワハギなど(放流)。

小さなチカも釣れ、これは持ち帰りました。


満足なサバ釣りができずにシーズンが終わるのではと心配しましたが、早起きした甲斐がありました。


苫小牧や岩内釣行も考えましたが、同じような釣りが小樽でできるなら、ガソリンの節約になると考え、小樽にしました。

明日はまた、土曜日ながら奥さんの通院の予定がありますので、良いタイミングでした。

a0155319_13550006.jpg
a0155319_13545825.jpg
a0155319_13545528.jpg
a0155319_13545397.jpg
a0155319_13545091.jpg
a0155319_13544810.jpg
a0155319_13544635.jpg

a0155319_13544435.jpg
a0155319_13544160.jpg







_













[PR]
by BOSS2010 | 2018-10-05 13:59 | 北海道 小樽港の釣り
a0155319_20081919.jpg

カレンダーへの書き込みが奥さんの医療関係スケジュール(一部自分も)でいっぱいですので、なかなか思うように動けません。


釣りの気分ではなかったのですが、しばらく行けてない悔しさで強行しましたが空振り。 

サバ20cm弱1匹の釣り。

もう1匹はお隣の方がお帰りの際にいただいたもの。


最初に北浜岸壁を覗いてみますと釣れてる雰囲気ではありませんでしたので厩町へ向かいました。


条件が整えば岩内か苫小牧に行ってたはずでしたが・・・。


やはり、自分のような釣りの場合は、総合的に、慎重に吟味してでかけないといけません。


前日は釣り場全体が30cmクラスまじりでよく釣れたとか・・・。


待っていれば1度ぐらい回遊があるのではと期待していましたが・・・なし。

ここまでひどい釣りもなかなかありません。

ときどき風も強く、いいことなしで終わってしまいました。


a0155319_20102348.jpg
a0155319_20103372.jpg
a0155319_20105052.jpg
a0155319_20110322.jpg
a0155319_20112122.jpg
a0155319_20113500.jpg




_









[PR]
by BOSS2010 | 2018-09-27 20:13 | 北海道 小樽港の釣り
a0155319_09203952.jpg

本年前半、何かと物事が思い通りにならないと感じながら過ごしておりましたが(運気低迷?)、悪い巡り合わせもどうやら峠を越えたようで、少しスケジュールに余裕が見えてきました。


今日も午前に、奥さんの歯医者(特殊な治療で中央区まで)送迎がありましたが、午後はフリーなので帰りにイソメを買い、午後でかけました。


最初に小樽港マリーナ側の埠頭に行ってみますと正面は釣りができますが入釣者あり。

右側は樹脂バリケードで立ち入りを制限している様子。


前回、北浜で怒鳴られる出来事がありましたので、入って入れないことはなかったのですが、神経質になっており、即パス。


7月20日と同じ場所へ(7月20日の地図表示の赤三角位置は誤表示)行ってみますとフェンス際が空いておりましたのでここで始めることにしました。


暗くなるまではポツポツと釣れ、暗くなるとアタリが遠のきました。

フグがうるさく、仕掛けのすべての針が無くなつて上がってくる時もありました。

ハゼは小さいものが数匹のみ。


5本の竿を出して、合計19匹の結果でした。

そろそろサバ釣りに行きたいと思っていましたが、前回のシャコ釣りが不調だったので、シャコ釣りを優先しましたが、何とか釣りになりましたのでよかったです。

a0155319_09220134.jpg
a0155319_09215858.jpg
a0155319_09215578.jpg
a0155319_09215249.jpg
a0155319_09215007.jpg
a0155319_09214155.jpg
a0155319_09213793.jpg






_










[PR]
by BOSS2010 | 2018-08-24 09:27 | 北海道 小樽港の釣り
a0155319_15243774.jpg
2年生の孫が、釣りやラジコンボートで遊びたいと、神奈川から一人でJALでやってきましたので少し忙しい思いをしました。

神奈川では駅近なのですがマンション暮らしで周辺に公園や自然が乏しく、のびのびと遊べる環境ではないので、自然の中で楽しませてやろうと考えていました。


何が釣れるかわかりませんがチカなら少しは釣れると思い、北浜岸壁に行ってみましたら、釣り人は少なめ。

運河に近い方面は混んでおりましたが釣果にこだわる釣りではありませんので、ホーマック側に場所を決めました。


岸壁に乗り入れた際、様子を見ながら低速で走ってますと後ろからクラクション。

慌てて傍に寄せましたが大型貨物の運転手は車を止め、逆上してしばらく大声で、クソ野郎とか、バカ野郎とか、ふざけるなとか・・・岸壁全体に響き渡るような大声でさんざんに怒鳴り散らしてきました。

もし、罵声を聞いていた方がおられましたら、怒鳴られていたのは自分でございました。

もちろん、進路の邪魔だったこちらには言い訳のしようもないことでしたので、ただ頭を下げるばかり。怒りの治まるのを待っておりました。


ということでテンションぐだぐだ状態で始めた孫との釣り。

初体験の孫はウグイでも小ガヤでも釣れると大喜びでした。

マイワシではない?イワシが十数匹釣れ、これは夜の食卓に並び、孫に、釣りとそれを味わうという経験をさせることができました。

チカは1匹も釣れませんでした。


a0155319_15212032.jpg
a0155319_15213607.jpg
a0155319_15241336.jpg
a0155319_15241772.jpg
a0155319_15243347.jpg



以下は孫のために、いろいろと準備していたあれこれ。
a0155319_15244621.jpg
a0155319_15250150.jpg
a0155319_15250770.jpg
a0155319_15251109.jpg
a0155319_15251498.jpg
a0155319_15252284.jpg
a0155319_15254238.jpg
帰りのJAL搭乗口前。これから一人で飛行機に乗って帰ります。
共稼ぎ家庭で、いつも夕方まで児童なんとかに預けられているようです。





_











[PR]
by BOSS2010 | 2018-08-09 15:39 | 北海道 小樽港の釣り
a0155319_21262163.jpg

行ける時には行っておきたいと急に思い立ち、小樽港のシャコの様子を見にでかけました。


埠頭の正式名称に詳しくないですが「勝納埠頭」でしょうか。

最初に、この埠頭の右端方面に行ってみましたが、高齢の方がおり、フェリー埠頭側のほうがいいと思うよということでしたので素直に従いました。


投げ竿5本でシャコ4匹、ハゼ1匹。


終始貸切状態。

何人か見えましたが短時間で終了する方ばかり。釣れてないんですね。


それでも、無風で日差しがあり、砂置き場の作業もなく静かでのんびりできました。


暇なので、目の前を通る船などを撮って遊んでおりました。


眼下の海面を2回、マイワシの大群が移動してゆくのを見ました。

マイワシはまだまだ釣れそうです。


昨年、夏休みに神奈川の娘夫婦一家が遊びに来て、子供達に、ラジコンカーや虫取り、花火・・・といろいろしてあげたら楽しかったようで、男の子は今年、2年生になり、一人で飛行機に乗って来るとのこと。


遊びのリクエストはラジコンボート、虫取り、魚釣り・・・。

去年、未経験の遊びについて話した会話を覚えていて、楽しみにしていたようです。


駅近くのマンション住まいで自然と触れ合う場所もないところに住んでいますので、自然相手の遊びをたくさん経験させてあげようと準備しているところです。

a0155319_21285141.jpg
a0155319_21284881.jpg
a0155319_21284682.jpg
a0155319_21284462.jpg
a0155319_21284163.jpg
a0155319_21283909.jpg
a0155319_21283688.jpg
a0155319_21283379.jpg
a0155319_21283043.jpg
a0155319_21282639.jpg




_












[PR]
by BOSS2010 | 2018-07-20 21:35 | 北海道 小樽港の釣り
a0155319_21425735.jpg

春に釣ったホッケがまだ食卓に出てくるのですが、ずいぶん釣りに出かけていませんので、毎年、季節の良い時期に恒例(3年目)になっております、お隣のご主人をお誘いしての釣りに一緒にでかけました。


大病の後、何度か関連の手術などして、源発の病は完治していないということですので体の負担を考え、好天を待っておりました。

高めの気温でしたが穏やかな釣り日和でした。


マイワシが釣れているということですので、北浜岸壁に直行し、釣り場所に空きがなければ、ほかの釣り場は、そのときに考えようと思っていました。


行ってみますと空きがあります。車を止めますと、右隣はなんと美形の若い女性、しかも単独です。こんなことはめったにありません。

挨拶して、お隣でやらせていただくことに。


さっそく準備をして、2本づつ竿を出しましたが最初のうちはポツリポツリとチカが釣れる程度。

日暮れまでにマイワシの回遊があるといいですねと、若い女性と話しながら釣っておりました。


その後、小さいながらチカがなかなかのペースで釣れ始めます。

やがて、時間は確認しておりませんが、ぽつんとマイワシが1匹釣れました。

もしかすると回遊があるかもと期待しておりましたら、しばらくして、群れが押し寄せたようで、いきなり入れ食いとなりました。


画像のマイワシは二人で釣った量の4分の1ぐらいで、残りとチカはお隣のご主人に引き取っていただきました。

ちょっと釣り過ぎましたが、入れ食い状態で釣れ始めると、つい数を釣ってしまいます。

すべて自分で食べなければいけませんので、まだ残っていそうな春ホッケとマイワシがしばらく食卓(自分の前)に出てくることになりそうです。


お隣の若い女性を意識して??カメラを出すタイミングがつかめず、画像は少なめです。

若い女性には、回遊があってよかったですねとお話しして、隣で釣りが出来て楽しかったですと挨拶して帰ってまいりました。

a0155319_21433520.jpg
お隣の若い美形女性。画像を見て気付きましたが、後姿ちょっと肌が露出しておりましたので
ボカシを加えております。
a0155319_21433835.jpg
a0155319_21434170.jpg
a0155319_21434551.jpg




_




[PR]
by BOSS2010 | 2018-07-12 21:55 | 北海道 小樽港の釣り
a0155319_15222593.jpg

前回釣ったホッケをまだ食べている最中です。

奥さんは、ホッケは好みではない・・・ということで一人で消化中です。


釣りも、奥さんの病院受診が月に3回もありますとスケジュールが大変です。

土日を避け、天候の具合を見ているうちに釣りの機会が遠のいています。

遊びを楽しむには、周囲が健康でないといけません。


やっと行ってみた小樽港。


なにか・・・楽しみにしていた祭りに行けず、それでも、悔しくて祭りの後でもいいからと見に行ってみた・・・

そんな感じのする釣り。


3本の竿でチカが31匹。

17時まではチビガヤが多く、それ以降はウグイが多い状況。

おまけに港内をイルカが数頭、右へ左へと泳ぎまわる有様。


イカ釣りを試してみたいとテーラー仕掛けを用意していきましたがイルカのいる港内をあきらめ、19:30過ぎから、南防波堤で投げ竿3本で21:00まで試してみましたが1個の噛み跡もなく終了。


防波堤基部にお一人、イカ用のウキを浮かべている方がおられましたので始める前に聞いてみますと、イカはもう終わったよと厳しいお言葉。

今日はまったく反応ないとのこと。

それでも、確かめてみないと気が済みませんのでやってみましたが見事、空振りでした。


時流に乗り遅れ、取り残されたような、めったにない虚しい釣り。

a0155319_15222293.jpg
港町埠頭?には釣り人ゼロ
a0155319_15221901.jpg
第二埠頭も釣り人ゼロ
a0155319_15221737.jpg
自分の人生に豪華客船の旅は残念ながら含まれていません
a0155319_15221540.jpg
良い天気でファミリー釣り、いいですね
a0155319_15220742.jpg
船が入って釣り人は減りました
a0155319_15221076.jpg
こちらも楽しそうなファミリーでした
a0155319_15220001.jpg
南防波堤です。数年ぶりでしょうか、ずいぶん傷みが進みました。
a0155319_15220548.jpg
先端方向には誰もいないようです
a0155319_15265525.jpg
観覧車がなくなって寂しい感じです






_











[PR]
by BOSS2010 | 2018-05-29 15:46 | 北海道 小樽港の釣り
a0155319_20272956.jpg

お隣のご主人を誘っての釣り。
かなり前にもお誘いしたのですが、その時は以前の手術のあとの検診日ということでなかなかスケジュールが合わず、今日になりました。

お隣のご主人は以前、大病を患っておりますので寒いとまずいと思い、天気の良い日を選んでいましたら、なかなか良い日がありません。
自身も奥さんの病院通いが続いておりますので大変ですが、ようやく今日、都合が合いました。

釣り仲間がいるというのは羨ましいことですが案外、互いの都合に合わせるという苦労もあることがわかります。

一人でなら、釣行のチャンスは幾度かありましたが、ご主人を誘わないで行くのがなんとなく後ろめたいような・・・。

前置きが長いですが、本題。
色内埠頭が立ち入り禁止ということで、厩町岸壁に直行しました。

二人で出来そうな場所が空いておりましたので、車を止め、ご夫婦で釣り中のご主人に様子をお聞きしますとサバはチビしか釣れないがチカは釣れるということですぐに準備しました。

竿を出し(二人で2本づつ)終えても、お隣のご夫婦がほとんど入れ食いなのに、こちらはなかなか釣れません。
仕掛けを替えたり、タナを探ったりしているうちに要領がわかってきて、しばらくして入れ食い状態になりました。

小さい網カゴを仕掛けの下に付けたら、付けないよりも釣れると感じましたが本当のところはわかりません。

入れ食い状態の時はチカが浮き上がっていて群れているのが見えておりましたので、しばらく撒き餌をして群れを留まらせるようにしていました。

入れ食い状態がおさまるとピタリとあたりが遠のき、ほとんど釣れませんでした。
周りの方も片付けはじめましたので、少し様子をみてから終了しました。

サバは1匹持ち帰りましたが数は釣れませんでした。
チカは春より少し大きいような気がします。
来月は奥さんの手術が控えていたりして、今年はなかなか思い通りには動けない年回りのようです。

お隣のご夫婦はなかよく会話しながらの釣り。
ほんとに楽しそうで羨ましいことです。
先にお帰りになりましたが、「お先に」と声をかけていただきました。
a0155319_20564644.jpg
到着時の左側の釣り人
a0155319_20564937.jpg
終了時の左側、マメイカねらいの方がズラリです。
a0155319_20565593.jpg
お誘いした隣のご主人の後ろ姿
a0155319_20565258.jpg
住まいが隣同志になって数十年。兄貴のような人です。
a0155319_20565808.jpg
右隣のご夫婦がお帰りになったあとの様子
a0155319_20570137.jpg
色内埠頭の先端部。寂しい風景です。






_











[PR]
by BOSS2010 | 2017-10-27 21:14 | 北海道 小樽港の釣り
a0155319_20280448.jpg
(8・12、釣り場所の表示誤り修正)


シャコが釣れているという話が見当たりませんので間が空いてしまいましたが、時期的にはいいだろうと見込んで出かけました。


最初は画像赤丸付近でと思い、行ってみますと石が山積みになっており2名ぐらいしか釣りができない狭さ。

先客がおり、投げ竿5本前後で扇型に仕掛けを飛ばしている様子で、あきらかに迷惑になりそうな雰囲気でありました。


ここがだめなら当てがありませんので困りました。

しばらく思案しておりますと先客さんが、シャコならフェリー埠頭のほうでも狙えるよと教えてくれましたので、即移動です。


沖側右端のほうに一人年配者がおられましたので聞いてみますとサッパリ・・・と。

釣れてたらもっと人がいるでしょ・・・とのこと。

それでも見ている間にシャコが1匹あがりましたので、夕方までいればシャコの顔が見れるかもとフェンス横で始めることにしました。


その方はしばらくして帰られましたので、あとは貸切。

投げ竿5本でポツポツ釣れてシャコは11匹。ほかに小カレイやハゼが釣れて意外と退屈せずに済みましたが竿数でなんとかという釣り。

a0155319_21210633.jpg
貸切、誰もいませんが通りすがりの方がシャコ見たがります。
3回ほど釣果を披露してしまいました。
a0155319_21211079.jpg
フェンス横です。
a0155319_21211322.jpg
a0155319_21211790.jpg
ダブルもありましたので、誰もいないので撮ってみました。
仕掛けは素人の工夫ですので非公開(一箇所に小針3本段差仕様)。
a0155319_21212091.jpg
フェリーの出航がありました。
a0155319_21212583.jpg
a0155319_21212958.jpg
店じまい直前にお一人見えましたがどうだったでしょうか。





_










[PR]
by BOSS2010 | 2017-08-10 21:35 | 北海道 小樽港の釣り