人気ブログランキング |
ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

a0155319_09050102.jpg

年に一度か二度、数年続けてきた、お隣のご主人とのチカ釣り。
大病からもう4年。再発しては取り除くこと数回の手術を経験しながらも、最近はその兆候もなく元気な様子でしたので、好天をみて、お誘いしましたが全く釣れませんでした。

到着時、二人組の方にお聞きしますと、午前9時からやっててチカ1匹とのこと。
港内全体に不調とのことでしたが、それなりの準備もしてきましたので、だめならだめで、のんびり潮風にあたって帰りましょうかと竿を2本ずつ出してはじめました。夕方5時までに二人で22匹。

もっと釣れても良い季節と思っていましたが、チカといえども釣れないときは釣れないものです。

お隣のご主人をほかの釣りにも誘いたいのですが、目が弱っているとのことで夜の釣りは無理ですし、疲れやすいこともあり、道具を持って、車から離れたところまで歩くのも難しそうですので、なかなか思うようにいきません。

自営業で働きづめの姿を見ておりましたので、リタイア後にはお誘いして一緒の釣りが楽しめるかなと考えておりましたが、そうはなりませんでした。
 
a0155319_09211272.jpg
a0155319_09211041.jpg
a0155319_09210745.jpg
a0155319_09210519.jpg
a0155319_09210276.jpg
a0155319_09205902.jpg
a0155319_09205729.jpg
a0155319_09205527.jpg
a0155319_09205393.jpg
a0155319_09205074.jpg



_











# by BOSS2010 | 2019-07-05 09:24 | 北海道 小樽港の釣り
a0155319_21112887.jpg
釣り場でホッケは開き、カレイも内臓を処理して帰りました。


スケジュールの都合で釣りになかなか行けずにおりました。

カレイ釣りには少し遅いかなと思いましたが岩内港へ行ってみました。

例年ですと車中泊して粘っていたのですが高速道路が出来ましたので日帰りにしました。


最初にホッケがまだ釣れていると言われている旧フェリー埠頭に行ってみましたが、竿は動いていないようでした。


回遊がくれば釣れるのでしょうが数釣りが目的ではないので、ここはパスして、双眼鏡でほかの防波堤を見ますと内海側の防波堤上には釣り人の姿がありませんでしたので迷わず移動して歩きました。


天気予報では出し風のはずでしたが、なんと海からの向かい風。

14:00頃までは頻繁にアタリがありましたがその後、風が強まるとパッタリとアタリがなくなり、14:00から17:00まではチビカレイ3匹のみ。

終了時頃、風が治まってきたので粘ろうかなと思いましたが、ここは夕方にはヒラメ釣りの皆さんが来られますので、まだ1名様のみでしたが、人数が増えますと肩身が狭い思いをしますので片付けました。


貸切状態ですので、やりたい放題で竿は5本。2時間ぐらいはのんびりする暇がないペースで釣れてくれましたので楽しい釣りとなりました。



a0155319_21113241.jpg
a0155319_21113591.jpg
a0155319_21113808.jpg
a0155319_21114049.jpg
a0155319_21114305.jpg
a0155319_21114670.jpg
a0155319_21114991.jpg
a0155319_21115119.jpg
a0155319_21115571.jpg




_












# by BOSS2010 | 2019-05-17 21:18 | 岩内港の釣り
a0155319_16093723.jpg
連休中はおとなしくしていないといけませんので、その前にと出かけました。
先日は高速道路利用で快適な釣行でしたので今回も同じところへ。
明日の天気が雨でなければ岩内港で車中泊釣りをしたかったのですが・・・。

美国でも、家を出て1時間半後には竿を出し、仕掛けを投げ込んでいるという釣りはいい感じです。
いつもより早起きして準備、魚の餌と自分の食料を買い込み向かいました。

到着時、高台を双眼鏡で見ますと先端に三人、少し後方に二人が見えました。
ちょっと躊躇しましたが、竿1本でも出せればいいと考え、歩き出しました。

先端から離れた釣り座の二人は男女カップルで竿は2本出しておられました。隣で投げさせてもらいますと挨拶して準備。

狭い範囲に3本竿出しましたら、一人オマツリしたり・・・窮屈な感じでしたが1時間ほどしますとカップルが撤収されましたので、少し広めに展開、竿4本体勢に。

前回よりかなり渋い感じがしましたが、やはり先端部は釣れているようで、大きなクロガシラでしょうか、タモで上げるところを2回見ました。

低気圧のせいか昼にかけて強風となり落ち着きませんでした。

昼頃、新たに2名様が見えましたので、場所を譲るのに良い頃合いと考え片付けて終了いたしました。

a0155319_16093488.jpg
a0155319_16093202.jpg
a0155319_16092916.jpg
a0155319_16092665.jpg
3名様で竿いっぱいのところへ平然と入っていった方が・・・。

a0155319_16092398.jpg
引き上げる直前、右の方は強風に向かい風ですので、場所を譲るために早めに撤収いたしました。

a0155319_16091960.jpg
前回と同じ場所。今回は移動なしで終了。

a0155319_16091711.jpg
海中展望船?

a0155319_16091480.jpg
a0155319_16091068.jpg




_





# by BOSS2010 | 2019-04-24 16:56 | 美国漁港の釣り
a0155319_21154775.jpg

昨年末に突然目覚めた?ネットビジネスも、あとは依頼しているショップサイトデザインが完成しますとデビューできるところまで準備は整いましたので釣りにでかけました。


天気は良かったのですが風が非常に強く、車が揺れるような状況。


運転嫌いですので、余市まで高速道路が完成したとのことで、少しは楽ができるかと往復、走ってみました。

自宅から美国漁港まで1時間20分程度でした。

もう小樽市街を時間をかけて通過しなくていいかと思うとホッとします。



美国漁港の導流堤高台は無人に見えました。

強風のなか、装備を整え行ってみますと、なんと1名様が先端部に。地面に座るか、寝転がっていたようでした。あとで仲間の方が合流して2名に。


手前側で竿出しましたが、川水はきつい濁流でした。最初のうちは潮の流れの加減で海面の濁りはわずかでしたが、だんだんと濁りが広がり、アタリもさっぱり。


15時になって先端のお二人が撤収するということですので、先端に移りました。


ホッケ3匹は最初の手前側で濁りの薄いうちに釣れたものでカレイ類は先端のほうがアタリがありました。


ずいぶん間が空いてしまいましたが、そこそこの釣果で満足しました。

昨年釣ったチビニシンがまだ食卓に上ってきます。高齢二人暮らしですので、釣り過ぎには注意しないといけません。

a0155319_21154337.jpg
強風で、入釣には決心がいりましたがここを目指してきましたので。
a0155319_21154124.jpg
後方は終始無人でした。
a0155319_21153897.jpg
先端部、お一人は横になっているようです。
a0155319_21153534.jpg
足元から濁りがきつくなってきました。
a0155319_21153153.jpg
強風で竿が倒されますので、風に合わせて斜めに設定しています。
a0155319_21152742.jpg
先端部が空きましたので、竿5本で好き勝手にさせてもらいました。





_








# by BOSS2010 | 2019-04-17 21:29 | 積丹の釣り
a0155319_17280941.jpg

昨年は釣行回数も少なく、いろいろな面で物事がうまくいかないと感じる1年でした。


趣味の釣りと同時進行で、クラウドソーシング ランサーズに挑戦を始めてちょうど2年となりました。一昨年は1年間で当選16回でした。昨年が15回。


この結果から、自分の実力の限界を知ったような気がします。

若い人たちと同じ条件下で腕を競うのは楽しく、ボケ防止にも非常に効果があると感じておりましたが、当選率があまりに低く、効率が悪いと判断いたしました。


能力が劣っているというよりも、年齢的なものと自分を慰めているところです。


それで、新しいビジネスを模索いたしました。


昨年は奥さんの病院通いに付き合ってその分、病院の駐車場で待っている時間が長く、その間にテザリングでパソコンをネット接続して、いろいろと調べることができました。


思いついたのが、オリジナル商品を開発して決済機能つき販売サイトを立ち上げ、あとは注文が来るのを待ち、注文があれば商品を発送して完結する。

そんな、考えに取り憑かれておりました。


なんと、時代の流れに適った、楽勝な考えでしょうか。(そんなにうまく行く筈がない・・・!!)


ということで昨年後半から、商品開発・製造、パッケージ、説明書、構築サイト選択と煮詰めております。

商品は試作品も完成し、発注すればすべてが動きだすところまで来ています。


祭りは準備しているうちが楽しく、始まってしまえば終わったも同然ということがありますが、今はその準備中で、頭の中は少し熱を帯びています。


年齢的に、何か新しい事柄にチャレンジするということも人生、今回で終わりかなと感じながら、自分の納得出来る形にしようと取り組んでいるところです。


失敗しても大笑いして終われるよう、費用は最小限におさえておりますが、どうなりますか・・・・・。





_



# by BOSS2010 | 2019-01-03 17:38 | That's life.