ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

2014.7.29 石狩湾新港中央水路陸側砂浜のハゼ釣り 2:00〜8:00

a0155319_11171781.jpg

前回の石狩湾新港の釣りは竿を折るなど散々だったので今回は何も期待せず、とりあえず行ってみるという釣り。朝まで何度か霧が出たり晴れたりの繰り返し。霧の中で息が白くなるのを経験。

油断していると明け方は冷えます。

例によつて貸し切りだったのですが後で砂浜の花畔側の端に1名見えました。引き上げる時に見ますと先にお帰りのようでした。


釣果はシャコ3匹とハゼ11匹。シャコは始めた直後に1匹、あとは明るくなってから2匹。ハゼは夜明け後のほうが反応が良かったです。

仕掛けは前回は普通のカレイ仕掛けでしたが今回はわざわざ小さい針(淡水魚用?)を買って、2本針にして、それを2箇所につけた自家製仕掛け。3匹ともボディに針がかりして上がって来ましたので、やはり小さめの針を複数つけるのが有効のようです。


近くの砂揚げ場に砂運搬船が2時に入り砂上げ作業の騒音で我慢の釣り。やっと終わったと思ったら、なんと入れ替わりに2隻目が来て同じ作業。風も波もないので竿先に鈴をつけて遊ぼうかと考えていたのにそれどころではありませんでした。


前回、折れた投げ竿と同じものをネットオークションや中古釣り具通販で検索していますが、なにしろ古いものですのでなかなか出て来ません。しばらく検索を続けたいと思います。

折れた部分以外はしっかりしていますので折れた部分の差し替えで復活させたいと考えていますがどうなりますか。



a0155319_11172220.jpg

a0155319_11172498.jpg

a0155319_11172516.jpg

a0155319_11172721.jpg

a0155319_11172942.jpg

a0155319_11173189.jpg





_






[PR]
by boss2010 | 2014-07-29 11:23 | 石狩湾新港の釣り