ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

a0155319_15243774.jpg
2年生の孫が、釣りやラジコンボートで遊びたいと、神奈川から一人でJALでやってきましたので少し忙しい思いをしました。

神奈川では駅近なのですがマンション暮らしで周辺に公園や自然が乏しく、のびのびと遊べる環境ではないので、自然の中で楽しませてやろうと考えていました。


何が釣れるかわかりませんがチカなら少しは釣れると思い、北浜岸壁に行ってみましたら、釣り人は少なめ。

運河に近い方面は混んでおりましたが釣果にこだわる釣りではありませんので、ホーマック側に場所を決めました。


岸壁に乗り入れた際、様子を見ながら低速で走ってますと後ろからクラクション。

慌てて傍に寄せましたが大型貨物の運転手は車を止め、逆上してしばらく大声で、クソ野郎とか、バカ野郎とか、ふざけるなとか・・・岸壁全体に響き渡るような大声でさんざんに怒鳴り散らしてきました。

もし、罵声を聞いていた方がおられましたら、怒鳴られていたのは自分でございました。

もちろん、進路の邪魔だったこちらには言い訳のしようもないことでしたので、ただ頭を下げるばかり。怒りの治まるのを待っておりました。


ということでテンションぐだぐだ状態で始めた孫との釣り。

初体験の孫はウグイでも小ガヤでも釣れると大喜びでした。

マイワシではない?イワシが十数匹釣れ、これは夜の食卓に並び、孫に、釣りとそれを味わうという経験をさせることができました。

チカは1匹も釣れませんでした。


a0155319_15212032.jpg
a0155319_15213607.jpg
a0155319_15241336.jpg
a0155319_15241772.jpg
a0155319_15243347.jpg



以下は孫のために、いろいろと準備していたあれこれ。
a0155319_15244621.jpg
a0155319_15250150.jpg
a0155319_15250770.jpg
a0155319_15251109.jpg
a0155319_15251498.jpg
a0155319_15252284.jpg
a0155319_15254238.jpg
帰りのJAL搭乗口前。これから一人で飛行機に乗って帰ります。
共稼ぎ家庭で、いつも夕方まで児童なんとかに預けられているようです。





_











[PR]
# by BOSS2010 | 2018-08-09 15:39 | 北海道 小樽港の釣り
a0155319_21262163.jpg

行ける時には行っておきたいと急に思い立ち、小樽港のシャコの様子を見にでかけました。


埠頭の正式名称に詳しくないですが「勝納埠頭」でしょうか。

最初に、この埠頭の右端方面に行ってみましたが、高齢の方がおり、フェリー埠頭側のほうがいいと思うよということでしたので素直に従いました。


投げ竿5本でシャコ4匹、ハゼ1匹。


終始貸切状態。

何人か見えましたが短時間で終了する方ばかり。釣れてないんですね。


それでも、無風で日差しがあり、砂置き場の作業もなく静かでのんびりできました。


暇なので、目の前を通る船などを撮って遊んでおりました。


眼下の海面を2回、マイワシの大群が移動してゆくのを見ました。

マイワシはまだまだ釣れそうです。


昨年、夏休みに神奈川の娘夫婦一家が遊びに来て、子供達に、ラジコンカーや虫取り、花火・・・といろいろしてあげたら楽しかったようで、男の子は今年、2年生になり、一人で飛行機に乗って来るとのこと。


遊びのリクエストはラジコンボート、虫取り、魚釣り・・・。

去年、未経験の遊びについて話した会話を覚えていて、楽しみにしていたようです。


駅近くのマンション住まいで自然と触れ合う場所もないところに住んでいますので、自然相手の遊びをたくさん経験させてあげようと準備しているところです。

a0155319_21285141.jpg
a0155319_21284881.jpg
a0155319_21284682.jpg
a0155319_21284462.jpg
a0155319_21284163.jpg
a0155319_21283909.jpg
a0155319_21283688.jpg
a0155319_21283379.jpg
a0155319_21283043.jpg
a0155319_21282639.jpg




_












[PR]
# by BOSS2010 | 2018-07-20 21:35 | 北海道 小樽港の釣り
a0155319_21425735.jpg

春に釣ったホッケがまだ食卓に出てくるのですが、ずいぶん釣りに出かけていませんので、毎年、季節の良い時期に恒例(3年目)になっております、お隣のご主人をお誘いしての釣りに一緒にでかけました。


大病の後、何度か関連の手術などして、源発の病は完治していないということですので体の負担を考え、好天を待っておりました。

高めの気温でしたが穏やかな釣り日和でした。


マイワシが釣れているということですので、北浜岸壁に直行し、釣り場所に空きがなければ、ほかの釣り場は、そのときに考えようと思っていました。


行ってみますと空きがあります。車を止めますと、右隣はなんと美形の若い女性、しかも単独です。こんなことはめったにありません。

挨拶して、お隣でやらせていただくことに。


さっそく準備をして、2本づつ竿を出しましたが最初のうちはポツリポツリとチカが釣れる程度。

日暮れまでにマイワシの回遊があるといいですねと、若い女性と話しながら釣っておりました。


その後、小さいながらチカがなかなかのペースで釣れ始めます。

やがて、時間は確認しておりませんが、ぽつんとマイワシが1匹釣れました。

もしかすると回遊があるかもと期待しておりましたら、しばらくして、群れが押し寄せたようで、いきなり入れ食いとなりました。


画像のマイワシは二人で釣った量の4分の1ぐらいで、残りとチカはお隣のご主人に引き取っていただきました。

ちょっと釣り過ぎましたが、入れ食い状態で釣れ始めると、つい数を釣ってしまいます。

すべて自分で食べなければいけませんので、まだ残っていそうな春ホッケとマイワシがしばらく食卓(自分の前)に出てくることになりそうです。


お隣の若い女性を意識して??カメラを出すタイミングがつかめず、画像は少なめです。

若い女性には、回遊があってよかったですねとお話しして、隣で釣りが出来て楽しかったですと挨拶して帰ってまいりました。

a0155319_21433520.jpg
お隣の若い美形女性。画像を見て気付きましたが、後姿ちょっと肌が露出しておりましたので
ボカシを加えております。
a0155319_21433835.jpg
a0155319_21434170.jpg
a0155319_21434551.jpg




_




[PR]
# by BOSS2010 | 2018-07-12 21:55 | 北海道 小樽港の釣り
a0155319_15222593.jpg

前回釣ったホッケをまだ食べている最中です。

奥さんは、ホッケは好みではない・・・ということで一人で消化中です。


釣りも、奥さんの病院受診が月に3回もありますとスケジュールが大変です。

土日を避け、天候の具合を見ているうちに釣りの機会が遠のいています。

遊びを楽しむには、周囲が健康でないといけません。


やっと行ってみた小樽港。


なにか・・・楽しみにしていた祭りに行けず、それでも、悔しくて祭りの後でもいいからと見に行ってみた・・・

そんな感じのする釣り。


3本の竿でチカが31匹。

17時まではチビガヤが多く、それ以降はウグイが多い状況。

おまけに港内をイルカが数頭、右へ左へと泳ぎまわる有様。


イカ釣りを試してみたいとテーラー仕掛けを用意していきましたがイルカのいる港内をあきらめ、19:30過ぎから、南防波堤で投げ竿3本で21:00まで試してみましたが1個の噛み跡もなく終了。


防波堤基部にお一人、イカ用のウキを浮かべている方がおられましたので始める前に聞いてみますと、イカはもう終わったよと厳しいお言葉。

今日はまったく反応ないとのこと。

それでも、確かめてみないと気が済みませんのでやってみましたが見事、空振りでした。


時流に乗り遅れ、取り残されたような、めったにない虚しい釣り。

a0155319_15222293.jpg
港町埠頭?には釣り人ゼロ
a0155319_15221901.jpg
第二埠頭も釣り人ゼロ
a0155319_15221737.jpg
自分の人生に豪華客船の旅は残念ながら含まれていません
a0155319_15221540.jpg
良い天気でファミリー釣り、いいですね
a0155319_15220742.jpg
船が入って釣り人は減りました
a0155319_15221076.jpg
こちらも楽しそうなファミリーでした
a0155319_15220001.jpg
南防波堤です。数年ぶりでしょうか、ずいぶん傷みが進みました。
a0155319_15220548.jpg
先端方向には誰もいないようです
a0155319_15265525.jpg
観覧車がなくなって寂しい感じです






_











[PR]
# by BOSS2010 | 2018-05-29 15:46 | 北海道 小樽港の釣り

a0155319_11355004.jpg
a0155319_11354727.jpg


前回と同じ場所になりました。


今回も美国漁港を起点として半島を回り、混んでいなくて入釣しやすい場所がなければ釣り場の広い岩内港に落ち着こうと考えてでかけました。


例の美国漁港の導流堤高台には釣り人が2名(ご夫婦?)でした。

天気予報の風向きからして西積丹は波が高いのではと推測していましたので、少しぐらい斜めに飛んでいっても何も言われない気楽な場所ということで2回連続でここで釣ることにしました。


釣り場選びのポイントは、よほどのことがない限り、釣り人が少ない(=釣れない)、のんびりできるというふうに決めていますので、釣れる、混んでいるは最初から選択肢から外しています。


今回は最初から投げ竿5本で始めました。


開始後からいい感じでポツポツ釣れていましたが16時頃から常に、5本の竿のうちのどれかにアタリがある状態が続き最終的にホッケ34匹、カレイ類14匹という結果でした。

一番大きなカレイ(画像)はカワガレイ38cm。

小さく、傷の浅いものはリリースしています。

生イソメ(現場で塩締め)、アミカゴ付き。


これを食べ終えるのは相当な時間がかかりそうです。

今回も車中泊(マイレジャー)の準備をしていきました。


2日間でホッケ10匹、カレイ20匹ぐらいが理想ですがなかなかそうはいきません。

ホッケを消化しつつカレイ釣りに出かけたいものです。



a0155319_11354441.jpg
a0155319_11354113.jpg
到着時は先端部にお二人のみ
a0155319_11353948.jpg
先端部は不調で2度、釣り人が入れ替わりました。
a0155319_11353521.jpg
a0155319_11353254.jpg
a0155319_11352887.jpg
朝の高台、すでに4〜5名の方が見えます


<思い出話> 今年で事業譲渡してリタイア後10年になりました。

音楽、映画系メーカーの、CD販売店・レンタル店向け新譜新作販促物・サイン系の制作設置に特化した事業形態だったため、音楽配信の始まりは事業には致命傷となりました。

音楽メーカーの営業所は次々と札幌から撤退して行きました。

追い打ちをかけるように道内大手CDショップチェーンが国内大手音楽映像卸に買収され万事休すとなりました。

CDショップは消えて、携帯電話販売店が増えて行きました。


有力な社員に、1年で払い終えられるほどの金額で事業を譲渡し、50代半ばでデジタル化社会から追われるようにリタイアしました。

テレビで見た、退職者が私物をダンボール箱に詰めて持ち帰る姿と同じに、自分も長年経営してきた会社にすべてを残し、若い社員に後を託し、私物を整理して持ち帰り、自身のビジネス的な社会生活は終了となりました。


事前に、先行きの見通しが立たない・・・と、奥さんに相談しましたら、このまま続ければ今までの蓄えを失うことになる。

今やめれば、質素倹約の生活が待っている。

でも月3万円の小遣いはあげられるし、安い国内ツアー旅行ならどこでも行ける。老後も多分、長生きしなければ子供に負担をかけず自己完結できる。

3万円あれば釣り程度ならできそうだけどどうする?ということでありました。


現役時、自身の知ってる範囲でも倒産、夜逃げ、支払いの踏み倒し・・・そんなケースを何度も見ておりましたので撤退の決断をしました。


唯一、それを褒めてくれたのが銀行でした。

それが理想なんですよ・・・と。

ほとんどが借金まみれで事業を続け最後には多くを失うことになるんです ・・・と。


現役時はずっと仕事を持ち帰り、1日13時間以上は働いていましたので労働時間計算から考えますと、早期リタイアも自身の頭の中ではつじつまが合うのですが・・・。


デジタル社会の到来が10年遅れていたら、今頃はベンツに乗って、マイプレジャーボートで釣りして、ジジイながら余裕だったかもしれません。

思い通りにはいきません。

a0155319_11394001.jpg





_





















[PR]
# by BOSS2010 | 2018-04-18 12:07 | 美国漁港の釣り