ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

a0155319_12483814.jpg

画像は昨年秋からオークションに出品して処分した釣り道具類の一部。40代まで、プライベートでは仕事以外の事は土日を含め、全くできなかった。釣りをしたいが出来ない。そのくやしさがストレス解消の道具集め?のようなことになっていて、昨年秋、自室の収納を見て驚いた。何年も前から買い集め、ほとんど使用していないロッドやリールほかが大量に?出て来た。船釣り以外はどんな釣りにも対応できるほど揃っていた。ロッドなどはほとんど袋に入っていたので自分でも何があるのか忘れていた物も多かった。
40代以降、釣りが少し出来るようになっても投げ釣りのみ時々程度。ルアー釣りなどに憧れていてロッドなど揃っていたが、ほとんど出来ないまま、いい歳になってしまった。今は小物釣りと投げ釣り少しというスタイルに合わせて道具をそろえることにしている。
今、釣りという趣味が見直されているのか知らないけれども、オークションの落札価格は全般に高めに推移している。出品されるものの数も少なめと思う。
例えば、5年も前のSHIMANO STELLAの落札価格、使用品であっても、その高さには驚かされる。
[PR]
# by boss2010 | 2010-01-03 13:02 | 釣りのための道具など
もう、リタイアしていて平日釣行が可能なので、現役の方のじゃまをしてはいけないとの考えから、土日祝祭日などは釣りはしない。基本的に平日釣行になる。ということで正月はしばらく、おとなしくしていなくてはいけない。それで、道具の話。いままでハンディライトはGENTOS SUPERFIRE SF-501を使用していた。5Wで充分に明るい。電池はCR123Aが3本。
思いつきで、暮れに新顔を追加した。GENTOS T-REX ジェントス TX-750LM。これは単一アルカリ電池4本仕様。強力な光を放つ。大げさにT-REXと印刷された立派な箱に収められて売られている。重いけれども、これがあれば、これ以上の物は必要ないだろうと思われる。以前、無人の磯で夜釣りしていたころ、頼りになるのは持ち歩けるライトだけだった。それで、どうしてもこだわりがある。
単一アルカリ電池も消耗を気にしながら使用するのも窮屈なので箱で40本まとめ買いする。
a0155319_191052100.jpg

a0155319_1911618.jpg

a0155319_9515022.jpg

GENTOS SUPERFIRE SF-501
■超高光度5.0W白色LED使用
(普及形LEDの約125~165倍、日本製LEDの約50倍の明るさ
■省電力・連続点灯約4時間
■LED寿命約100,000時間
■リチウム電池(CR123A)3本

GENTOS T-REX ジェントス TX-750LM
GENTOSシリーズの中で、 LED1灯で明るさ500ルーメンを超える唯一のモデル!
その大出力LEDを単1アルカリ電池×4本仕様とすることにより、
約7時間の実用点灯時間を実現。スイッチの誤作動を防ぐロータリースイッチを採用し、
信頼性の高い作り。

明るさ750ルーメン/実用点灯約7時間(Highモード)
使用電池 単1アルカリ×4本
[PR]
# by boss2010 | 2010-01-01 19:16 | 釣りのための道具など

投げ釣りなどで遠くに出掛けるのが億劫になってきた。年だなと思う。そろそろ港の小物釣りを始めようかと思い始めたのが秋。春ならよかったのに。10月、本場?小樽港を偵察してチカ釣りの道具、やりかたなどを確かめ、釣具屋で揃える。といっても竿もリールも売るほどあるのでわずかな買い物で済んだ。オークションでテーブルの脚を探し落札(¥1000)、2本をグラインダーで切断してロッドキーパーを自作したりしてみた。最初に出掛けたのは小樽の第一埠頭。ちょうどサバの釣れている時だったのでサバ、チカなどが良く釣れた。ロッドキーパーは5年も前に買って一度も使っていなかったもので市販品。竿は古い物で、ダイワ CROSSCARBO FIELD FIGHTER 磯 1-53。柔らかすぎるので先を詰めたが、まだしなり過ぎ。チカ釣りには不向きか。秋以降、新港と小樽、合わせて6回、釣行している。
a0155319_16552331.jpg

[PR]
# by boss2010 | 2009-12-27 12:29 | 石狩湾新港の釣り