ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

a0155319_12322880.jpg
初めての第二埠頭先端部

昨日は午前11時過ぎに小樽港へ向かう。第一埠頭(黄丸)、はじめての第二埠頭(赤丸)、色内埠頭と見て、とりあえず厩岸壁(青丸)へ行ってみる事に。色内付近から双眼鏡で厩を覗いてみると、大型の漁船数隻が停泊して随分と釣り場が狭いが混んでいるようには見えないので向かう。着いてみると、先日は車1台入るスペースも無かったのに閑散としている。そろそろ、ニシンがいつでも釣れる状態ではなくなったようだ。ニシン狙いの、あこがれのシャクリ機を動かす釣り人がいたので隣に入る。しかし、夕方までに釣れたのは極小のチカ20ほど。お隣のシャクリには無反応。山側(右方向)からの強風と雨に悩まされる。波も荒い。暗くなる前に決断がいるので双眼鏡で、風が倉庫群の陰に当たるので多分穏やかと思われる第二埠頭先端を覗くと数名の釣り人がいるがスペースはあるし波も穏やか。16時半には竿を撤去して、初めての第二埠頭へ向かう。予想通り、風が弱く、海面には波もない。ここで、発電機を稼働させ(赤三角)、ほぼ入れ食い状態の小チカを爆釣??する。ほかの釣り人はほとんどニシン狙いのようだが小型が散発であった。自分は釣れるものを喜んで釣る。
20時過ぎ、切り上げようかと思い始めたところ、隣に新たな入釣者があったが、その発電機の騒音には驚いた。遠くに置きたいのか、自分の方に近い。言葉も無い。若い頃の自分なら、その発電機を海に投げ込んでいた・・・(ジョウダンですけどね)。
小樽港は広いので、探せば、強風を避けられる釣り場がどこかあるように思う。
a0155319_12325998.jpg
左/第一埠頭の様子。釣り人ゼロ。 右/色内埠頭先端。ここだけは釣り人で埋まっている。
a0155319_12333284.jpg
厩岸壁。先日とは大違いの様子。憧れのシャクリ機・・・。
a0155319_12342181.jpg
第二埠頭の釣り座、小チカ中心に100〜200は釣り上げた。隣の方はニシンの顔を見れずにお帰りなりました。
[PR]
# by boss2010 | 2010-01-28 12:40 | 北海道 小樽港の釣り
a0155319_10212177.jpg

景気の悪化で先の見通しが暗いことから、経営していた極小会社を黒字のうちにと、57歳であきらめ、無念のうちに売却したあとは、グレて世の中に背を向けて、キャンピングカーを買って、釣り三昧のはずだった。そこに、奥さんが一言・・・そんなキャンピングカーに大金かけるのと・・・3400CCでガソリンがぶ飲みで燃費の悪い今のワンボックス中古釣り車で我慢して、そのかわり、お金に余裕のあるリタイア生活・・・どっちが良いのよ???。
数十年の歳月、あんなにあどけなく可愛かった18歳のころとは比べようも無いほど、恐ろしいことを平気で言うおばさんに成長してしまった奥さんの言葉は重すぎる・・・長年の夢を一瞬でブチコワシテしまうパワーがある。
結局、わずかな大金?小金?を見せられて、本屋に並ぶたびに買い込んで何度も眺めていた、段ボール数箱分にもなるキャンピングカー雑誌を、後ろ髪引かれる思いで処分して、夢にまで見た、キャンピングカーでいつか北海道を釣り歩くという構想はあっけなく消え去ったのでした。

若い頃、夢というのは実現が難しそうでも完全に不可能ということはなかった。常に可能性を追い求めることのできる希望があった。しかし、この年になると、今だめなものは、もう可能性はゼロになる。
この先、老いとの競争の中で、釣りにしても何にしても、やりたいことがあるのなら、いつかのあのドラマの台詞のように「やるなら今しかねぇ」・・・そういう年齢になってしまっている。

幸せを願いながら、そうはならない人生は多い
鞄を持った女のブルース
1961年イタリア

脚本 : レオ・ベンヴェヌーティ、エンリーコ・メディオーリ、ジュゼッペ・パトローニ・グリッフィ、ヴァレリオ・ズルリーニ

監督 : ヴァレリオ・ズルリーニ

撮影 : ティノ・サントーニ

音楽 : マリオ・ナシムベーネ
[PR]
# by boss2010 | 2010-01-23 10:42 | That's life.
a0155319_1024211.jpg

a0155319_1025679.jpg

途中で通ったコの字付近に至るまで満員の色内と車77台の厩岸壁。

a0155319_1031170.jpg

釣った場所。穏やか過ぎていけません。双眼鏡で覗くと厩岸壁の手前側だけ頻繁に竿の上げ下ろしが見られ、チカが釣れていました。

平日、いつでも釣りに行ける環境になると、天候だとか潮汐だとか、選びすぎて結局ろくなことにならない。昨日も久しぶりの穏やかな天気予報を見て、午後、小樽港へ向かう・・・が色内も厩も一台の車も止められない混雑。
嵐をついてでも出掛けるという釣り魂?を取り戻して、「こんな日によくやるね」というぐらいでないとアズマシイ釣りはできないと悟る。
黙って帰る訳にも行かないので、くやしまぎれに厩岸壁で釣りの為に駐車している車の数を端から数えて行くと77台(詰めれば、行儀よく並べれば、あと5~10台は入れる)。一台あたり2本の竿を出していれば150本前後の竿が出ている事になるな・・・などと、アホなことを考えながら、戻る途中で色内のくの字の基部付近(赤丸)の空いている場所に入る。画像の、この場所の名前はわからない。ただ、釣り人はいるし空いてもいるし。しかし、先客は「ここでこんなに釣れないのは初めて」と、また、悪い予感のすることを言う。もう、仕方ないので、ここで20:00までやって、昨秋にチカ釣りを始めてから初めてと思われる小さなものまで持ち帰る。激渋の中、発電機までつけて10cm前後のチカを必死で釣り上げる・・・他人には見られたくないのに、見物の人がよく来る・・・ホントに困る。結果、チビニシンも2匹釣れている。
帰り、色内の先端にニシンの状況を見に寄ってみたが見ている間に釣り上げたのはなかった。詳細は不明。日中見た中で、勢い良く釣れていたのは厩岸壁の防波堤の反対側の角付近(青丸)。チカが入れ食い状態になっていた。
[PR]
# by boss2010 | 2010-01-20 10:12 | 北海道 小樽港の釣り
書かないでいたのだが、前回の石狩新港のチカ釣り時、撤収時に持ち帰ろうと、絡んで使えなくなった仕掛けをコンクリート塊の下に入れたまま、置き忘れていた。幸い、当日から雪になり、鳥の足にからまることも無いだろうと考え、少し日数が開いてしまったが釣りと回収を兼ねて出掛けてみた・・・が、除雪のされていない岸壁の深い雪の中をスコップを持って歩き、4~5カ所、記憶を頼りに掘り起こしてみたが見つからなかった。なんともおそまつなことをしてしまった。
風でコンクリート塊の下、奥に入っていれば、ずいぶんと凍っていたので心配ないとは思うけれども、雪解けを待ってまた、さがしてみようと思う。
4枚目は樽川埠頭の駐車場の風景。午後でしたがまだ、何も釣れていない様子でした。ここ数日の大雪で釣りの出来る岸壁はほとんど雪に閉ざされて釣りになりませんでした。結局、竿は出さずに帰って来てしまいました。

a0155319_21475653.jpg

a0155319_214866.jpg

a0155319_21481835.jpg

a0155319_2148291.jpg

[PR]
# by boss2010 | 2010-01-18 21:50 | 石狩湾新港の釣り
税込¥2860の針結び器。こんな簡単な器械?でほんとに針と糸が結べるものかと、お金を無駄にするかもしれないのを覚悟の上で、ものは試しと購入。チカ釣り用の2.5号の秋田狐を0.8号ラインで結んでみたがなかなかな実力。パナソニックが出すだけの事はあるかも。
使った事の無い方の参考になりますか・・・。

a0155319_1637451.jpg
2.5号の針は小さすぎるのでピンセットで針結び器にセット。大きめの針なら指でセットできます。

a0155319_16374912.jpg
左は、見やすいように大きめの針をセットして試した画像。はぶいていますが、このあと糸が器械を一周したり、糸の掛け方がありますが2~3回でわかってきます。結んだ結果が右。しっかりと結んでいます。

a0155319_16393869.jpg
小さい針も大きめの針も結ぶ・・・価格と実力のバランスの問題ですが。
単4電池2本で働いてくれます。

■パナソニック 薄型針結び器
■大きさ:約90×24×70mm
■質量:約85g(電池含)
■使用電池:乾電池単四形2コ(別売)
■電池寿命:約500本の針結び可能(パナソニックアルカリ乾電池使用時)
■適合針(目安):伊勢尼1〜15号、袖2〜12号他
■適合糸:0.1〜6号(ナイロン糸、フロロカーボン糸)
■厚さ約24mmの薄型タイプ、0.1号〜6号までの細糸用!
■ハリスと針をセットしてスイッチON!内掛け結びが簡単にできます。
■ライフジャケットのポケットに入れてもかさばらない薄型タイプ。
[PR]
# by boss2010 | 2010-01-15 16:50 | 釣りのための道具など