ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

どちらかと言うと夜釣り派。朝早くというよりも、午後や夕方出掛ける夜釣り。石狩湾新港の夜間のコマイ釣りにしても、釣れるなら、ほとんどの方がお帰りになったころ引き上げるシツコイ?釣り。だから、小物釣りの集魚灯とか、ハンディライトなどは欠かせない。
画像の集魚灯は岸壁から海中に吊り下げるタイプ。チカなどにも効果があるのかは不明だが、使ってしまう。パナソニック BFー8951
発電機購入前には車のエンジンのバッテリー12Vを100Vに変換するインバーターを使用してライトなど使用したがインバーター能力は600Wでも心配で200Wぐらいしか使えないし、車の乗り入れ出来ない所では使用不可なので不便。ただ、助手席の足下に、直結で常設なので電気製品などはOK。
a0155319_20545325.jpg


集魚灯/BF-8951(単1電池4個用)
•乾電池式なので、火を使わず、水中で使用可能!
•エサと魚を光で集める!
•陸上ではランタンとして使用でき、片づけに便利!
•[使用電池]単1×4
•[使用蛍光灯]6Wツイン蛍光灯パルック色(FPL6EX-N)
•[電池寿命]HIGH:連続約6時間・LOW:連続約10時間(アルカリ)
•[大きさ]約φ123×300mm
•[質量]約1.6kg(電池含)
•[付属品]10mロープ・ロープ巻き・青色フィルター


インバーター/DA600
●入 力: DC12V60A
●定格 出力: 510W(最大600W)
●出力周波数: 正弦波60Hz(50/60Hz表示機器使用可能)
●変換 効率: 85%
●回路 方式: P.W.M.制御方式
●サ イ ズ: 168(W)×249(D)×74(H)mm
●本体 重量: 2.4Kg
[PR]
# by boss2010 | 2010-01-14 20:58 | 釣りのための道具など
a0155319_1032208.jpg
チカ釣りした厩岸壁(青丸)とニシン入れ食いの色内埠頭(赤丸)

a0155319_1034410.jpg
間断なく釣れるので片付けられません。

a0155319_10345899.jpg
使用した仕掛け。はずかしい話ですがニシン釣りはサバ皮などのついたサビキ仕掛けだけで餌をつけないでも釣れるものと初めて知りました。一応、仕掛けの下にコマセ篭を付け、その下に集魚灯。今は青色集魚灯が主流のようですが手持ちがないので赤を点滅させて使いました。見ている限り、青のほうが効果が高いのは歴然としておりました。大げさにタイトルを「〜釣り方」としましたが、自分の釣り仕掛けの釣り方ということですので・・・。

a0155319_1041879.jpg
素人同然なので、とにかく仕掛けの種類だけは揃えてあります。

小樽の釣り具屋さんのHPでは色内埠頭で毎日ニシンが爆釣とある。連休も最後なので夕方には皆さんお帰りでしょうと我慢しきれずに出掛けた・・・が、どこも満員。着いたのは15:00過ぎなので暗くなるまで待とうと、とりあえず厩岸壁へ。車1台分のスペースを見つけて、そこで見ているとチカが釣れている。暗くなるまでチカ釣りして、それから色内へ行く事にして20匹ほど釣る事が出来た。発電機の灯りが点き始めたので見ると、色内の岸壁には隙間がある。竿をたたみ、色内へ。混雑した釣り場の中へ入るのは避ける主義だけれども、今日は大ニシンの顔を絶対見るぞと決めていたので迷いがない。色内のコの字近くに車を止め、ソリに最小限の道具を積み込んで4〜50m歩く。一人分のスペースを見つけ、お隣の若い方に挨拶して入る。一番の画像のようにライトがソリに固定され、いかにも中途半端だが仕方が無い。
どのくらいの時間から入れ食いになったのかははっきりしないが19:30ぐらいまではテレビで見た事があるカツオの1本釣り状態で、仕掛けを落とすとすぐ釣れる。しかも、35cmクラスがポンポン釣れる。一度に2〜3匹釣れることが何度もある。ダイエット中なので昼食は豚汁のみだったから空腹で疲れきってしまった。車に戻ってカップ麺を食べる暇もなかった。途中で写真を撮らないとと思い、2枚だけ撮る。それも竿をしゃくりながら片手で。最初は持参した大型のゴミ袋に釣れるたびに入れながらだったが、その余裕もなくなり、途中では写真の有様。最後に落ちついたところで隣の方と話をすると、その方は4回目だが、今日が一番釣れたと。釣運というものが全くないと感じている自分だが、今日は例外。そのため、強欲な釣りになってしまった。
結局、帰宅後に数えてみると60数匹。帰りに、サラリーマン時代の先輩にTELして十数匹を引き受けていただき、残りを持ち帰る。珍しく、奥さんが文句も言わず、疲れきった自分の顔を見て、全て捌いてくれました。

色内埠頭から見える厩岸壁もずいぶんライトが並んでおりましたがどうだったんでしょうか。結果を知りたいものです。
[PR]
# by boss2010 | 2010-01-12 10:49 | 北海道 小樽港の釣り
a0155319_8542130.jpg

a0155319_943872.jpg

キャノン 手ぶれ補正機能付き双眼鏡。X15。随分前に入手したものだが未だにモデルチェンジされていない。おそらく、機能的には完成度が高いのだろうと思われる。磯の釣りでは釣り場の波などの状況判断には欠かせないアイテム。釣り場の混雑状況なども容易に把握できる。単三電池2個によって、ボタンを押せば手ぶれ補正が働き、普通の双眼鏡では長く覗いていると画像が揺れて船酔い症状になるけれども、それがない。
もう、忘れていたが調べてみるとメーカー価格¥169,000。なんとも・・・
購入にはえらい決心がいる。

製品名
 15×50 IS ALL WEATHER
型式
 プリズム双眼鏡
倍率
 15倍
対物レンズ有効口径
 50mm
フィルター径
 58mm
実視界
 4.5°(1000mにおける視界79m)
見かけ視界
 68°
対物レンズ構成
 3群4枚(保護ガラス含む、第3レンズにUDレンズ1枚使用)
接眼レンズ構成
 5群7枚
射出瞳径
 3.3mm
アイレリーフ
 15mm
プリズム型式
 ポロII型プリズム
眼幅調整範囲
 58mm~76mm
ピント調整方式
 対物レンズ移動方式
ピント調節つまみの回転による
 左右視度差調整方式
右眼側接眼レンズの繰り出しによる(±3.0dpt)
 最短合焦距離 6m
手ブレ補正方式
 バリアングルプリズムによる光学補正方式
補正角度
 ±0.7°
三脚ネジ穴
 標準ねじ(1/4)(本体下部)
電源
 単3型電池×2本(バッテリーパック BP-B1使用可能)
 常温(25℃) アルカリ約電池 約2.5時間、リチウム電池 約8時間
 低温(–10℃) アルカリ電池 約10分、リチウム電池 約3.5時間
大きさ
 152(幅)×193(高さ)×81(厚さ)mm
質量
 1180g(電池別)
[PR]
# by boss2010 | 2010-01-10 09:07 | 釣りのための道具など
a0155319_17465153.jpg

a0155319_1747565.jpg

a0155319_17471891.jpg

明日から3連休ということで現役の皆様の貴重な休みのじゃまはできないので、行くなら今日か来週の火曜ということになる。3日間退屈しそうなので急遽、でかけることに。新港の様子が知りたいので新港行きにした。樽川の駐車場は相変わらず釣り人で埋まっている。
どこもコマイ釣りの釣り人の姿がある。最後に行った場所は空いていたので迷わず釣り座を置く。左側に車が数台。コマイねらいのようだったがポツポツ釣れている。ここでコマイが釣れるなら餌を用意しておけばよかった。投げもルアーも、どんな釣りにも対応できるようにしているが餌だけはどうにもならない。13:30には竿を出し終わったが1時間ほどは沈黙。その後は手が空かない程度にコンスタントに大チカが釣れた。ニシンの顔を見なくていいのなら、小樽よりここのほうが近いし余程まし。3400ccの車ではガソリン代が問題なので空振りするとこたえる。
16時過ぎには暗くなって雪も激しくなり、撒き餌が尽きたので終了することに。撒き餌に余裕があって雪も降らなければ発電機を持ち出してねばっていた。

釣りの仲間も、釣り趣味の人間も残念ながら身の回りにはいない。なので、常に自己完結型の釣りになる。これがなかなか自分的には良い感じ。もともと、人間嫌いなんだなと思う。
[PR]
# by boss2010 | 2010-01-08 18:13 | 石狩湾新港の釣り
a0155319_9241528.jpg

a0155319_924285.jpg

a0155319_9244917.jpg


午後、そろそろ出掛けてみましょうかと小樽港へ向かう。珍しく北東の風とあって南防波堤などは波が乗り上げていた。釣り人がいたのは色内と厩。色内は例によって巡視船の繋留する岸壁の先端部は釣り人で埋まっていたので、くの字の数人の釣り人を見ながら厩へと向かう。
厩岸壁は右方面は除雪しないらしく雪が残りわだちが出来ており、軽では無理な様子。荒天で避難したのか中央部には漁船が3隻繋留されていて釣り場は狭い。北防の基部側は車でスキがないので、その三隻目の後方に釣り座を置く事にして右隣の方に挨拶をする。高齢の地元の方。10mほど距離を置き竿を出し終えてみると、右の、その右の方(20mほど)の竿に針数だけ大チカが釣れている。時々、小ニシンも釣れている。しかし、二人でいくら撒き餌をしても、右の方にも自分の竿にも変化はない。その方は特に撒き餌もしていないし、針の号数も同じ。ただ、この方は朝からやっているということで何か、釣れる理由があったのでしょう。右隣の方はライトをつけてがんばっておりましたが途中で釣果なく引き上げてしまいました。
ということで暗くなってライトをつけるまではまったくだめ。竿出したのが15時。終了20時。18時ぐらいの時点ではチカ10匹ぐらい。奥さんに電話してみると「おかずにもならんわ」と冷たいお言葉。前に、チカを釣って帰ったら、30匹ほどフライにして大皿に山盛りにして「あんた釣ったんだから、あんた食べなよ」という、昔は可愛かったけど、今はすごいことを平気で言う奥さんですけど・・・。しょうがないので本気になって針を小さい物に替えてねばる。
その結果が画像。小ニシンが2とチカまあまあで終了。はじめて、発電機を稼働させました。厩ではニシンは無理と聞いていたのでチカねらいでしたが他の方はシャクリをいれてのニシンねらい。自分の磯竿ではちょっと重いので手持ちのシャクリは無理なのでした。
撒き餌はタップリしましたけど、魚がいなければどうにもならない。いれば、撒き餌がなくとも、そこそこ釣れる・・・・・。
[PR]
# by boss2010 | 2010-01-07 09:29 | 北海道 小樽港の釣り