ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

a0155319_14570851.jpg
兜千畳敷 4・24 13:00〜18:30
a0155319_14571247.jpg
a0155319_14571500.jpg
a0155319_14571864.jpg
a0155319_14572012.jpg
a0155319_14572373.jpg

3月は一度も釣りができず、今、行っておかないとゴールデンウイークは家に篭りますのでまた、さらに間が空きますので出かけました。


先週は奥さんの旅行趣味に付き合って三重~和歌山と、伊勢神宮から高野山まで巡ってまいりました。

土曜の午前は高野山にいて、当日夜遅くに帰ってきました。

疲れが残っているはずでしたが、そんなことは言っていられません。


親戚の葬儀、奥さんの病院通い、車検、旅行・・・高齢になっても避けられないイベントがつぎつぎと発生して気がつけば釣りは後回しなのでした。


なにか気になる出来事がある時は楽しめませんので釣りには行きません。

間が空いたせいか(旅行で、当面のすべての予定が終了になり自由の身?となりました)、今回釣りに出かける時はいつもよりすごく楽しみでした。


前置きが長いですが、まず千畳敷へ行って空きがなければ岩内港と決めて行きましたら、なんと千畳敷は空きがいっぱいです。

居合わせた方にお聞きしますとホッケが前日当日とも不調とのこと。

昼過ぎに到着したのですが、多分、あきらめて多くの方が帰られた後だったのでしょう。


めったに空いていない先端部の左側に釣り座をおくことができました。

釣果は10匹。ホッケもカレイもダメと聞いていましたので不満はありませんでした。


暗くなりかけて片付けましたがあちこちに場所取りの三脚が見えます。

自分も・・・と、しばらく考えましたがいつものように場所取りはやめておきました。

早く起き出して、場所がなければ岩内港へ行こうと決めて眠りました。


午前1時半に車の開け閉めの音で目覚めて釣り場の状況を上から見ましたらもう、竿先ライトが釣り場にちらばっております。

これは、暗くて空いているように見えている場所も三脚で場所取りがありそうで厳しいと判断、そのまま岩内港西防波堤に向かいました。


午前2時すぎ、防波堤基部に車は1台でした。

長く歩く場所は不人気?なのでしょうか。

ここは暗いうちは釣れないという経験を多くしておりますのでぎりぎりまで待機することに。

4時前後でしょうか車が数台に増えましたので準備して防波堤へ向かいました。


年々、体力が落ちているはずですので今年はどうだろうかと、自身の体力を確かめながらの歩きです。

投げ竿5本にリール、おもり、仕掛け、エサ、アミブロック、防寒衣類、食料・・・結構な重さ・・・背負いと手持ちと。

まだ去年と変わらぬ体力を維持できていると思いました。


港内側にも2本出しましたが反応はよくありませんでした。

背後から終始強い風がありましたがポツポツと釣れて自分としてはこの程度で十分満足でした。

1度だけ、竿尻が横に飛ぶようなアタリがあり、画像の30cmぐらいのマガレイがそれです。

1番おおきなマガレイ?は40cmで、ほか30cmクラスが2匹。

中ぐらいがなく、あとは針を飲み込んだものを含め、小さめが多いです。


去年はオマケでホッケも釣れたのですが今回、姿はなし。

ということで、連休中に現役の方々が楽しまれた後、また出かけてみたいと思います。


a0155319_15042086.jpg
岩内港西防波堤 25日 4:00〜8:00
a0155319_15042332.jpg
a0155319_15042622.jpg
a0155319_15042985.jpg
a0155319_15043134.jpg
a0155319_15043458.jpg
a0155319_15043773.jpg
カレイのしっぽがバケツからはみ出すという、初体験をパチリ・・・です。
a0155319_15043995.jpg
左隣の方、けっこう遠いのでお話はしていません。







_


















[PR]
# by BOSS2010 | 2017-04-25 15:18 | 岩内港の釣り
a0155319_21262195.jpg
ずいぶん間が空きましたが天気を調べてでかけました。

近くのスーパーで大チカが1匹あたり10円程度で売られていたのを奥さんが見ていましたので、「高速代かけてチカ釣り?」と半ばあきれ顔で送り出されて行きました。

車中泊の準備をして髭剃りからコンロ、食料、パソコンなど重装備?一式を積み込んででかけましたが釣れ過ぎて車中泊は中止して、そのことを電話で伝えますと奥さんは大笑いでした。

それでも、大チカ釣りの時期を逸するのではと気をもんでおりましたので久しぶりの釣りで満足できました。

とりあえず中央南埠頭へ直行しました。

到着時は無風状態で良い雰囲気でした。
混んでおり、きれいに開いている場所はありませんでした。
一箇所、年配の方が3本の長さおのうち、1本をかなりのスペースを占めて使わず遊ばせていましたので、お聞きしましたら快く入れていただけました。

コンスタントに釣れて、ペースが速すぎて予定が大きく狂ってしまいました。
釣れなくても困りますし、釣れ過ぎても困る・・・なかなか思い通りには行きません。

車中泊もレジャーのうちなんですが、翌朝も釣りをするという前提がなくなりますと気分が盛り上がりません。
日帰り釣行は全くの予想外でした。

a0155319_21262500.jpg
到着時の様子

a0155319_21262987.jpg
右先端部の混雑状況


a0155319_21263335.jpg

a0155319_21263777.jpg
釣り座の左側


a0155319_21264198.jpg

a0155319_21264580.jpg
撤収時の左側の状況。
15:00過ぎますと地元の方が多いのでしょうか潮が引くように釣り人の姿がなくなります。







_






[PR]
# by BOSS2010 | 2017-02-08 22:00 | 苫小牧西港の釣り
a0155319_12095714.jpg

a0155319_12125229.jpg

釣り以外のことを載せる場ではないのですが、現役引退からもう8年も経過しておりますので、多分、自分のような状況の方が多くアクセスされているのではと考えておりますので、リタイア後の生活の一端を載せて、こんな奴もいるんだなと、何か参考にしていただければと。


12月も中頃になって、賞状が送られてきました。

昨年はシンボルマーク全国公募で1等賞が2回、2等賞が1回ということになりました。


リタイア後は高齢者のデザインなど年齢を見ただけでふるい落とされるものと認識しておりました(応募時には年齢を書かされる)ので、

活動しておりませんでしたが、昨年6月ごろ、現役で美術学校同期の中堅広告代理店デザイナーから、

「それは違う、年齢にかかわらず良いものは選ばれる」と指摘され、チャレンジを再開していたものです。


昔は家庭用のプリンターなどはなく、制作物を手作業で色付けして現物を送って応募でしたが、

今はメールで事足りますのでずいぶん楽に応募が可能です。

バブルのころは賞金も、20.~50万というのが普通にあり、ずいぶん入賞もして良い思いをしましたが、

今は節約志向?になったのでしょうか、1等賞でも2~5万が主流で、時代の流れを感じます。


アイデアを考えることも、パソコン上で形を作り上げることも、それなりに頭を使いますので、ボケ防止のトレーニングには良いかもしれません。


a0155319_12100385.jpg
サイドでコードも忘れて、まともに弾けるものはありません。
ポーズだけです。






_





[PR]
# by BOSS2010 | 2017-01-02 12:19 | 釣り以外のこと
a0155319_09272619.jpg

ニシンが釣れるかもと期待して行きましたが、チカも釣れないひどい巡り合わせ。

色内埠頭沖側は先端部の右角に釣り座が集中しておりました。

左にかけての斜面から端までには自分を含めわずか3名。雪を踏みしめて釣り座をおいたあとも数箇所のみ。

釣れていないのがわかります。


お隣の方が偵察に行ってきて情報を聞かせてくれました。

昨夜から朝までやっていた地元の方がニシン4匹だったと・・・・・。


風もなく穏やかな釣り場。これで釣れるなら今の時期、超ラッキーですが、そうはいきませんでした。

チカも忘れた頃にポツリと釣れる程度。

撤収まで3度、右先端部に偵察にでかけましたが、見ている間に何か釣り上げたのを一度も見ることはありませんでしたので激シブの釣行日だったのではと思います。


今年最後になるかもしれない釣り。

防寒の装備や発電機などの持ち運びに苦労した割には撃沈。


a0155319_09292488.jpg
この方は銭函から。なんと83歳。バスで来てバスで帰られるということでした。
鉄人ですね。
83歳・・・自分は骨壷の中にいますね多分。

a0155319_09292724.jpg
暗くなって、この方と入れ替わりに札幌からのご夫婦が入られました。

a0155319_09292965.jpg
厩の様子。暗くなっても投光器の灯りが多かったですが・・・

a0155319_09293201.jpg
暗くなって、自分の右は先端まで誰もいません。

a0155319_09294249.jpg

a0155319_09294646.jpg
左側、札幌からのご夫婦

a0155319_09295262.jpg
先端部の偵察での画像





蛇足
以前に書き込んでおりました件。
公募で採用されまして11月に賞金10万円いただきました。
釣果では自慢できるものはないので載せてみます。
a0155319_09295913.jpg


以下は西区から手稲区に分区した時に採用された手稲区シンボルマーク。
立派な賞状?盾?いただきました。
この時には、10周年、20周年・・・と、そのたびに呼ばれて、紅白饅頭が貰えるものと思っていましたが一度も呼ばれることなく、紅白饅頭は幻となりがっかりの笑い話。
ちなみに賞金5万円でした。
手稲区は冷たいです・・・・・・・。
a0155319_09300202.jpg






_





[PR]
# by BOSS2010 | 2016-12-20 09:54 | 北海道 小樽港の釣り
a0155319_16225479.jpg

a0155319_16240521.jpg

前回釣行で釣ったサバもほとんど食べ終えましたのでニシンが釣れるとの情報を見て苫小牧港へ向かいました。


直行で中央南埠頭に到着してみますと基部と水路側ガードレール側に釣り人が集まっているようで中間部は空いておりましたが正面からの冷たい強風がきついのでした。


他に空きもありませんので中間部で竿出しましたが、ここは過去に入港予定表にない船が着岸することがありましたので、どちらかの端に空きができれば移動しようと考えていました。

しばらくして水路側に空きができましたので、出していた3本の竿などを移しました。

これで、夜になって船が入ってもOKとなりました。


写真は暗くなってから翌朝までのものです。

日中、お隣が接近していますので、写真はなかなか撮りにくいです。

チカが最初に釣れ、その後、日没までポツポツとニシンが釣れましたがまとまった群れの回遊は無かったようでした。


すっかり暗くなってから左となりに、釣り座までライトアップ?して10mもありそうな長竿を自動しゃくり機で複数動かす方々がしばらくおりましたが早々に引き上げてしまいました。


自分から見るとプロアマぐらいの装備の差がありましたが、それでも思うような釣果が上がらないということですから、巡り合わせが悪かったようです。

そのプロ?装備釣り人の様子を見ていた方に聞きますと、ポツポツ釣れていたが小さいとのことでした。

そういうことであれば5m超ぐらいの竿では釣れませんね。


暗くなってからはほとんど釣果なし。小ガヤが何度も繰り返しかかりますので困ります。

ということで、1日目は21時前後までで終了しました。

2日目は5:30釣り開始でした。

中ニシンが1匹のほかはコンスタントにチカが釣れました。15cm前後が多く、最大20cm。


急に風が強まったのと、釣り過ぎても困りますので8:00には終了いたしました。

ニシンがちょうど10匹で最大は30cm。チカは大きめで、たくさん釣れました。

実釣9時間前後の釣りでした。

ニシンは5号素針サビキにアミ餌の置き竿でも反応が良かったです。


a0155319_16254508.jpg

a0155319_16254932.jpg

a0155319_16255206.jpg
釣り座周辺を投光器で照らす本格装備の方達です。ポツポツ釣れていたようですので、竿が10mほどということはニシンは岸壁から離れたところを回遊しているようです。

a0155319_16255673.jpg
日付が変わるころには人影もなく無人ですが、水路側ガードレールのところに何と1名様、車中泊の方がおられました。
札幌の北区からということでした。ハモ狙いで投げ竿を数本出されておりましたが、釣果は厳しいようでした。

a0155319_16260246.jpg
夜明け後です。一変して無風で穏やか。チカがよく釣れました。

a0155319_16261761.jpg
車中泊のハモ狙いの方の投げ竿です。

a0155319_16262184.jpg
初めて来られたようで、ハモのよく釣れる場所があるのかないのか、自分もさっぱりわかりません。
a0155319_18505590.jpg
終了時に撮ったものです。釣り人が増えて来ました。








_











[PR]
# by BOSS2010 | 2016-11-18 18:53 | 苫小牧西港の釣り