「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

a0155319_7571529.jpg

a0155319_7571718.jpg


在庫の釣り魚がなくなったと言われて出かけました。
前回の釣りがイマイチでしたので、再チャレンジしようと西積丹方面で海岸に出られればどこでもいいという考えで行きました。

神威岬を過ぎた途端に強風と打ち寄せる波で釣りにならない様子。
キナウシ付近まで波を見ながら走りましたがあきらめて引き返しました。

余別付近まで戻ると風が強いながらも出し風になり釣りができそうでしたので、初めて余別漁港内へ。
以前、外防波堤で釣りしていて警察官に立ち入り禁止だと追い返された経験から、内側の防波堤の少し突き出た場所で始めることにしました。

餌(生イソメのみ)をつけて周辺に落とすと15cm程度のガヤが切れ目なく釣れてきます。
暗くなれば前回同様、少しはサイズアップするだろうと、放流しながら遊んでおりましたが、暗くなってからのウキ釣り(アミカゴ付き)でも大差なく、貧果。
今回も終始貸切でのんびりとできました。

画像、一番小さいのが18cm。それ以下はすべて放流。
ルアーも試してみましたが無反応・・・というか5〜6回振り回して反応がなかったり根がかりした場合には、もともと性に合わないのでやめてしまいます。ルアーはテクニック的には素人です。
ということで貧果ですが、こんな時にはすぐに次の釣りのことを考え始めます。


a0155319_759259.jpg
釣り場所へ、ここで登り、内側の防波堤を越えて行きます。

a0155319_7592798.jpg
登ってから釣り場へ、ここを降りてゆきます

a0155319_7592958.jpg
釣り場から振り返ると・・・こんな感じ

a0155319_7593159.jpg
帰りはこんな感じです

a0155319_7593332.jpg
沖側に、以前に締め出された外防波堤の釣り場が見えます

a0155319_7593531.jpg
釣り場の左方向

a0155319_7593777.jpg
右遠景が来岸漁港

a0155319_7594176.jpg
来岸漁港の灯台をズーム

a0155319_7594317.jpg
右、余別川河口周辺

a0155319_7594575.jpg
西積丹から引き返す途中、大天狗トンネル前の波の様子


三日前には奥さんにお伴して、仁木のさくらんぼ狩りと島武意海岸、鱗晃でウニ丼を食べるというバスツアーに行き、自分で運転していては見逃してしまう風景や海岸の様子が見れて、なかなか良いものでした。




_
[PR]
by BOSS2010 | 2016-07-09 08:37 | 積丹の釣り
a0155319_10525788.jpg
トンネル付近に駐車して左側ガードレールを越えて旧道に下ります。

a0155319_1053176.jpg
赤ラインが入釣ルート。左からの風でしたので先端右に入りました。

滅多に釣ったことのないソイやガヤをウキ仕掛けで釣ってみたいと思い、Google Mapで調べて、単独でも安全そうな神崎漁港左側の海岸にある平盤に行ってみることにしました。
ホッケのウキ釣りで賑わったという話は覚えていましたが新トンネル開通後はさっぱり情報がありません。

神崎港側ではなく反対側のトンネル入り口付近に駐車して旧道に降りて歩きました。
すぐにフェンスがあり、立ち入り禁止の看板があります。大きめの落石が所々に見えますので危険としての措置と思います。
フェンス前で引き返すわけにもいきませんので、端に誰かが設置した梯子を利用して侵入しました。
それにしても後ろめたいので、ここの釣りは最初で最後になりそうです。

平盤周辺は隠れ根が取り巻いており、投げ釣りは問題外。ルアーもウキも表層でないと海藻に絡んでしまうような釣り場。
釣りにくい場所なので、足元で釣れるホッケ釣りに向いているというのがよくわかりました。

明るいうちは小さなガヤがうるさく、暗くなればサイズも大きくなるのではと期待しましたが多少大きめのが釣れた程度。
途中で、大きなものは釣れないと判断して、それまでずっとリリースしていましたが8匹持ち帰り。
ただ、日中から小さいながらも入れ食い状態でしたので退屈せず、釣れないよりは余程マシでした。
ソイは2匹。大きいほうが28cm。
投げ竿3本とルアー竿1本。ウキよりもルアーの反応が勝ります。投げ釣りにこだわる年代ですがルアーが圧倒的に有利な感じがします。

釣り場はさすがに他の釣り人は現れず、終始貸切状態。

ということで、釣り具、餌関係、食料などで重装備。大汗かいて、釣り場で替えの肌着に着替え、車に戻ってまた着替えと、この年齢にはきつい釣りでした。

今でも、3月に苫小牧港で釣った抱卵チカや春に釣ったカレイが食卓に出てきますので、この程度の釣りでも満足しておかないと食べるのが追いつきません。



以下、いつも通り、釣果の乏しさを画像で補っております。

a0155319_10573262.jpg
旧道に下りてすぐに立ち入り禁止フェンス。

a0155319_10573462.jpg
300m前後歩きます。

a0155319_1057378.jpg
途中で後方を振り返った画像。

a0155319_10574098.jpg
釣り場の平盤です。

a0155319_10574292.jpg
基部は海水を渡りますが深さは20cm程度。潮の干満や波の具合で変わりそうです。

a0155319_10574455.jpg
基部への降り口です。その前に大きな落石。

a0155319_10575015.jpg
いい景色です。見納め?・・・・・

a0155319_10575273.jpg
平盤の状況

a0155319_10575423.jpg
背後を振り返りますとこのような風景。

a0155319_10575624.jpg
タコ岩?の向こうに神威岬が見えます。

a0155319_10575857.jpg
引き上げ直前に撮りました。

a0155319_10594361.jpg
帰りの平盤基部の画像。




通りすがりの美国漁港の防波堤工事。防波堤が削られ、外海が見えていました。
a0155319_11265166.jpg









_
[PR]
by BOSS2010 | 2016-07-02 11:30 | 積丹の釣り