「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

a0155319_2195637.jpg


チカが釣れているようですので小樽港へ。色内埠頭周辺で釣れているとのことですが、大漁しても困りますので、ポツポツでも釣れてくれればと厩町へ。
最初、港内側角寄りに竿を出し終える直前に「2時頃、船はいるからよけて〜」とのこと。
出し終えた釣り道具を一旦しまって北防方向に移動。北防方向で竿出すのは2回目ぐらいでしょうか。

少しぐらいは釣れるだろうと思いましたら・・・ウグイとガヤのコドモ以外は釣れません。
17:30近くになり、あきらめて片付けを始めたところで、初めてチカのダブル。
もう少し粘りましょうかと我慢して続けて、40〜50分ぐらいで20数匹釣れていきなり沈黙。
とりあえず竿3本でなんとかなったという釣り。

途中で地元の方に言われたこと
「色内で釣れていると言ったら、そこしか釣れてないからね、ここはまだだめだわ。」
最初の場所では一応、釣れているのを確認できていましたが、移動したところはムラがありすぎでした。
この時期ウグイが多く、忍耐がいります。

a0155319_2110183.jpg
色内埠頭先端部が無人とはめずらしいです

a0155319_2110384.jpg
釣り座からの色内先端部、やはり無人

a0155319_2110414.jpg

a0155319_2110634.jpg
時間に遅れて大きな船が入りました。消防の潜水訓練もあって釣り場所は限られますが、釣り人は少なめです

a0155319_2110852.jpg
釣り座左、車ありますが釣り人ゼロ

a0155319_21101016.jpg
色内くの字あたりは混み合っています

a0155319_21101295.jpg
北防波堤の上。ファミリーフイッシングでしょうか、お子さんの声が聞こえてきて楽しそうでした。






_
[PR]
by BOSS2010 | 2015-05-27 21:23 | 北海道 小樽港の釣り
a0155319_11302968.jpg


天気予報、天気図から南風と読んで余別漁港を選択して、車中泊してガヤ、ソイを狙うことにしました。トンネル裏に駐車して、フェンスを乗り越え、14:00前後に外防波堤に到着。
南風どころか海側からの強風で白波が立っていましたが高い防波堤に遮られて竿は出せました。
カレイ仕掛けで3本投げましたがチビガヤが釣れてきます。
それで釣り座周辺に投げ仕掛けを落としてやると間をおかず15〜20cmのガヤ、30cmほどのカジカなどが釣れてきます。
活性が高そうでしたので暗くなればルアーで探れば少し大きなものが釣れるのではと期待が膨らみました・・・が・・・警察官登場です。
夕日の逆光のなか、高い防波堤を歩いて来る人影があり、見ていると釣り道具らしきものを持っていません。だんだんと輪郭が見えてきますとなんと、警察官の帽子です。


自分・ここ、だめですか?
警官・立ち入り禁止だから片付けて!
自分・わかりました。片付けます。
警官・何釣れるの?
自分・今の時間は小さいガヤぐらいだけど暗くなればソイが釣れると思う。
警官・どこから来たの?
自分・札幌。車中泊で夜の釣りをしに来たんです。
警官・今日は休みですか?
自分・もうリタイアしてます。
警官・免許証見せてくれますか。
自分・いいですよ。
警官・リタイア前の職業は?
自分・一応、会社経営です。
警官・免許証見たらそれらしい顔してるもね。
  (オイオイ・・・サングラスしてたので免許証で顔を確認したらしい)
警官・どんな仕事だったの?
自分・あなたは何歳ですか?
警官・32歳。
自分・高校はどこですか?
警官・札幌。
自分・それなら高校ぐらいのときに玉光堂とかPALS21とか行ったでしょ?
警官・行ったよ。
自分・店に新譜発売の予告パネル看板がいっぱいあったでしょ。
警官・そういえばあったね。
自分・おそらく、そこで見た看板はほとんど自分のところで創ったものだよ。
   函館、旭川、釧路にも自動車便で送ってましたよ。
警官・どういう風に作ったの?
自分・デザインしたものを大型プリンターで出力してパネル化するんですよ。
警官・今はそれ、どうなってるの。
自分・音楽配信でパッケージのCDは売れなくなったのでメーカーも予算を削減して
   看板自体なくなりましたね。
警官・そういう仕事だったんだ。
自分・片付けて帰りますから、ほっといてくれていいですよ。
警官・落石が危険なので見届けないといけないので待ってます。

片付けをずっと待ってましたね。しょうがないので道具を持ち、先に歩き始めました。
わざわざ、防波堤の先端まで歩いてくるような職務に忠実というか、生真面目な若い警官の応対に言い訳などして年寄りの醜さを晒して居座るわけにもいきませんでした。
頭の中では、落石で死ねば年金も医療費も介護費用もかからなくなって、国はずいぶん助かるんだけどな〜と思いつつ・・・・・・・。


a0155319_11303236.jpg

a0155319_11303444.jpg

a0155319_11303577.jpg

a0155319_11303738.jpg

a0155319_1130394.jpg







_
[PR]
by BOSS2010 | 2015-05-19 11:57 | 積丹の釣り
a0155319_1925580.jpg

a0155319_1925896.jpg
左・東防波堤釣果 右・西防波堤釣果

連休明けを待って3度目の岩内港。
車中泊して粘りましたが相変わらずの三流釣り。目指した東防波堤は中間部に自転車でおいでの地元の方と思われる釣り人が竿を出して大の字で熟睡中でしたが他に釣り人なし。
終始貸し切り。前回の画像と釣果を比べますと、ほとんど同じようなもの。
東防はいつも同じ場所での釣りですが、高台の先端部(西防側)でも釣りしてみたいのですが、暗くなると必ずヒラメ狙い?でしょうかルアー竿を持った釣り人が来る場所ですので先端部で投げ竿5本はあまりに邪魔くさいでしょうから避けております。

カーナビが故障してラジオ、TV、音楽もだめ。無音の車中は物足りなくて、車の運転が嫌いな自分としては非常に苦痛。釣りを切り上げた後はニュースぐらいは見たかったのですが仕方なく携帯のTVを見て過ごす。携帯ラジオは持っていたが、岩内でまともに聞けたのはFM1局のみ。
AM全滅なのは、このラジオの性能の問題か電波の問題かは不明。

8日は2時に起きだして行動開始。長い西防波堤を歩くには丁度良い温度でしたが竿を出してからは港内側から吹き付ける風で凍える。
持っていった羽毛のアンダーウエアを着込むも寒さは変わらず。
帰り頃には逆に温度が上がり、車に戻ったときには汗だくで持っていった肌着に着替えました。
今回は歯ブラシやシェーバーも持参で準備だけは完璧でございました。

港内外とも反応は鈍い。先端まで情報収集に歩いていた方に聞きましたが先端部も良くなかったとのこと。逆に最後の角より陸側の方が良いということでした。
事前にそういう情報があったのでしょうか、いつもよりも中間部にずいぶん釣り人が多い気がしました。

西防波堤の釣果は小型ばかり。
かろうじてマガレイ丁度30cmが1枚と中ぐらいのクロ、ホッケが1でした。
画像に小型が多いですが、針が上手にはずせたものはリリース。針飲み込んだものは小さくとも持ち帰っています。


以下、東防波堤での画像 14:30〜20:00
a0155319_1910586.jpg
東防波堤途中からの陸側と沖側

a0155319_1910842.jpg
旧フェリー埠頭の様子

a0155319_1910917.jpg
東外防波堤先端部

a0155319_19101140.jpg
釣り座、終始貸し切り

a0155319_1910135.jpg
日暮れ後


以下、西防波堤の様子 3:00〜8:30
a0155319_191118100.jpg
釣り座より基部方面

a0155319_19112066.jpg
先端、赤灯台

a0155319_19112256.jpg
先端部の様子

a0155319_19144363.jpg
釣り座付近

a0155319_1911264.jpg
港内側の様子 

a0155319_19112874.jpg
朝の東外防波堤先端部




_
[PR]
by BOSS2010 | 2015-05-08 19:16 | 岩内港の釣り