ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

a0155319_12112624.jpg

本業のチカ釣りがまだ始まりませんのでまたカレイねらい。天気予報では西積丹の風が強そうでしたので避けて美国漁港か幌武意漁港での釣りを考えてでかけました。

美国漁港に到着してビックリ。

外防波堤の中間部内外にわたって大量のテトラが山積み。もう先端部へは行けないのでしょうか。好きな場所の一つでしたのでショックでした。

幌武意漁港は穏やかで波もなく良い感じでしたが釣果を訊ねますと不調。先端の高台にベテラン風の方が2名おられましたのでお聞きしますと朝の3時から始めてカレイ3匹・・・。ホッケ狙いの方も良いお話がありませんでしたので・・・パス。


ほかの漁港も巡りましたが、どうもシックリきませんので岩内港へ。西防波堤に続けて3回というのもナンですので、以前に実績のある東防波堤へ。

なかなかの強風で夜間は車が揺れるような状況でしたが強行。27日は16;30~19:30 (竿3本) 28日は3:30~7:30まで(竿5本)。途中、三脚が竿ごと倒れたりする場面もありましたがなんとか釣りになりました。

小さなカレイは1匹のみ。ほとんど20cm以上でスナガレイ最大27cm、マガレイ最大28cm。

相変わらず大きなものに縁がないですが型は中型で揃っていました・・・計17匹(27日は4匹)。

巨大なウグイと大きなカワガレイをリリース。ホッケの姿は見えませんでした。

明るくなるとアタリが遠くなりましたので7:30で終了。


朝、薄暗いうちに若い方が3人、防波堤にやってきました。ヒラメ狙いです。明けきってから帰る後ろ姿をみますと一人の方が大きなヒラメを抱えていました。岩内港で釣れるとは聞いていましたが実物を初めて見ました。以前、ここで投げ釣りの竿にヒラメがかかったのは、遠い別の場所から見た事がありました。

a0155319_12113342.jpg

a0155319_12113633.jpg

a0155319_12113851.jpg
山にはまだ雪が残っています。


a0155319_12113935.jpg
正面に旧フェリー埠頭と接岸している巡視船が見えます。

a0155319_12114760.jpg
28日、明け方


a0155319_12114973.jpg

a0155319_12115778.jpg
午前6時ごろの西防の先端部。


a0155319_12130298.jpg
午前6時頃の東外防波堤先端部。


a0155319_12131963.jpg
27日、美国港の外防波堤の状況


a0155319_12132128.jpg
美国港外防波堤中間部の山積みテトラを拡大。


a0155319_12132396.jpg
大天狗トンネル前の波の状況。

a0155319_12132573.jpg
幌武意漁港の遠景。


a0155319_12132966.jpg
幌武意漁港外防波堤先端部の様子。


a0155319_12133220.jpg
幌武意漁港外防波堤先端部の釣り風景。






_










[PR]
by boss2010 | 2014-05-28 12:36 | 岩内港の釣り
a0155319_14480496.jpg

なかなか天気に恵まれないため(好天選び過ぎ?)、低気圧優勢の天気図を見ながら、岩内方面には雨が降らないことを期待して前日(14日)の午後に出掛けたが岩内港到着に合わせて強風とともに、雨が降り出す。

東防波堤(東外防ではなく、港内)で夜まで釣りをして、深夜から西防波堤という予定でいたのに、強風と雨で、あきらめて予定を変え、旧フェリー埠頭で夜まで竿を出そうと向かう。

小雨の中、投げ竿5本を出し終えると一時的に激しい雨。そして、何も釣れず。

天候は回復したが早めに切り上げ、西防波堤基部の駐車場で車中泊。

仮眠後、2:00には竿を出す(外海3本、港内2本)。前回と違い、渋いがカレイは中型が多い印象。外海側で1匹だけ釣れた画像のホッケは結構大きく、35cmを越えていました。

釣り場所は、初めて、最後の角を越えた先。雨になってもテトラがまばらでテトラに乗らなくとも取り込みが楽に出来そうでしたので。

ところが後で、ちょうど角付近に2組も入り窮屈に。

投げが慎重になりすぎて自分の3本のラインが重なり、絡まるほど。いつものびのびとはいきません。通っているうちに釣り場の色々な事がわかってきます。


釣果はさびしいですが食べる事を考えるとこれで満足。ホッケはボリュームがあるのでたくさん釣ると食べるのが大変ですから。


a0155319_14492008.jpg


a0155319_14491749.jpg


a0155319_14492232.jpg
夜明け後の釣り座右の様子。赤灯台まで1直線です。

a0155319_14492445.jpg
釣り座は最後の角より少し先端寄り。

a0155319_14492648.jpg
先端に近いほうが釣果が良いらしく、釣り人集中する傾向は前回と変わりません。

a0155319_14492869.jpg
東外防波堤先端部の夜明け後。先端角に竿が見えますが混み合っているようには見えません。

a0155319_14493014.jpg
14日、雨の中、フェリー埠頭で竿5本出しましたが不発。





_



[PR]
by boss2010 | 2014-05-15 15:08 | 岩内港の釣り
a0155319_16401366.jpg

a0155319_16402887.jpg


プライベートで色々とイベントがあり、ようやく釣りに行く事が出来ました。カレイシーズンになると釣れる場所は混み合い、揉め事を見たり、ラインがからんで怒鳴られるということがありますので、そういうことのない場所・・・あまり釣果が期待出来ない場所?を探して出掛けるような事になります。

車中泊の予定ですので、今回は同じ場所で長時間粘れば、釣れる時間帯もあるだろうとの見込みで岩内港西防波堤のみにしました。
30日/14:30〜20:00 1日/2:30〜9:00
携行食糧(参考)/すべてセイコーマート調達。豚丼x1(すっかり冷めてました)、おにぎりx3、牛乳小パックx2、カルピスウオーターx1、麦茶x1。

30日は外海側で竿3本出しました。1日は港内側2本、外海側3本で始めましたが港内側が、小型が多いですがよく釣れました。コマイも港内側。ホッケと多少大きめのカレイは外海側が良かったです。
30日はカレイのみ5匹。1日はカレイ12匹、コマイ1匹、ホッケ2匹、キズの浅い小カレイ2匹リリースでした。
カレイは小さくとも明確なアタリがありますので楽しい釣りができました。

ラインは何年前か忘れるほど古いナイロン6号巻き。コマイ釣りもカジカ釣りもカレイ釣りも同じライン。PEライン1本針大遠投で大物を狙うような釣りとは無縁です。今回はすべてアミカゴ付き。
それでも50〜60mは飛んだかもしれません。

a0155319_1641168.jpg
30日の釣り場所。下は1日の釣り場所など。
a0155319_16425715.jpg

a0155319_1643987.jpg

a0155319_16432674.jpg

a0155319_16434120.jpg
先端部は釣り人でわりと混んでいます。30日は中間部より先端部が良かったようですが1日の朝、帰る釣り人に聞きましたら小型が多く渋いとのことでした。




a0155319_16493656.jpg

娘が産休が終わるので孫を見においでというので神奈川まで行って来ました。飛行機で往復。
飛行機嫌い(離陸時恐怖症)の自分は飛行機が加速し始めた段階で「人生終わったな」という感じで手のひらは汗でヌルヌルです。
ホテルに2泊して娘夫婦のマンションに通い、孫二人と遊んできました。
それから数日で、今度は奥さんのツアー旅行に荷物持ちで付き合わされて出発。羽田乗り継ぎがあって往復4回も離着陸。旅行どころではありません。飛行機嫌いイコール旅行嫌いです。
昨年の日本縦断列車の旅は良かったのに、寝台車は次々と廃止になりますね。残念。
それでも、旅行でちょっと楽しめたのが四国愛媛県の竜串海岸の海中展望塔。
日本に6カ所あるうちの一つだそうです。
円形窓が周囲に並んでいて大きな魚が目の前で見られました。
a0155319_16592653.jpg

a0155319_16594197.jpg

a0155319_170214.jpg

a0155319_1702442.jpg








_
[PR]
by boss2010 | 2014-05-01 17:09 | 岩内港の釣り