ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

a0155319_21231878.jpg

a0155319_2126661.jpg



サヨリも大きくなったのではと思い、出掛けてみました。
久しぶりに第一埠頭で釣ってみたいと思っていたが何とまた大型船が横付けしておりましたのでパス。第二埠頭も角は空いてなくパス。色内界隈もそこそこの賑わい。
のんびりと釣るには厩がいいかと、また厩へ向かう。お隣さんからは充分な距離をとって道具をセット。
到着時から暗くなるまで、釣れるのはサヨリのみ。大きいものは20cm前後もありました。休みなく釣り上げて75匹。暗くなりかけてから少し大きめのチカが5匹。カタクチの小型多数。
暗くなってからはLEDライト(乾電池式)を点灯してみると小型サバ5匹。大きめのカタクチイワシ??(画像右下)が入れ食い状態に。釣りすぎても困りますので発電機は使わずに6;30終了。
カタクチかどうか種類は不明ですが、これは15cm前後でなかなかの大きさです。水面に浮いてうじゃうじゃいました。

久しぶりにまともな大きさのチカを釣りました。

仕掛けは2.5号素針にアミ餌が反応良く、皮付きサビキはいまいち。2本の置き竿よりも手持ちの竿のほうが釣りやすく、ほとんどは1本の竿で釣り上げたもの。

a0155319_21262866.jpg
第二埠頭

a0155319_21264269.jpg
色内先端部

a0155319_21265467.jpg
厩右側

a0155319_2127754.jpg
厩左側

a0155319_21271970.jpg





_
[PR]
by boss2010 | 2013-09-27 21:46 | 北海道 小樽港の釣り
a0155319_17145811.jpg

a0155319_17334526.jpg


いつもは自宅を起点にウオーキングしていますが、砂浜を歩いたら足に負荷がかかって運動効果が増すかもとの素人考えで昼に出掛け、新川河口に車を止めて砂の上を歩き西防砂堤まで往復しました。
基部まで行って引き返すつもりでしたが工事中の重機が見えましたので、様子が見たいと思い、工事中の防砂堤の基部まで行ってみました。
帰りはさすがに疲れが出て、朝からは何も食べていない1日1食(夕食)の体は限界でした。それで、ちょうど通りかかった所の、砂に埋もれた護岸の石で波打ち際に無数に流れ着いているクルミを割って食べる事に。
ちょっとしたサバイバル??。

中身はしっかりとしていて食べられました。帰ってから奥さんに話しますと、ほとんどサルだねと・・・。自分も誰かに見られたらまずいなと周りを気にしてキョロキョロしながらでしたので、もしも誰かが見たら、絶対サル・・・・・でした。
ということで、クルミに興味のある方は、河口から波打ち際一帯にクルミが打ち上げられていますので時間つぶしに拾うのもいいかもしれません。(ただし、新川河口までの土手の道路は今日の段階で泥水の水たまり多数です。)

防砂堤周辺はずいぶんと改修されてきれいになっておりました。基部から西防波堤方向(東方向)のテトラは入れ替えられてテトラ上からの釣りも可能な感じです。深さがあればいいのですが。
防砂堤に向かう道路は工事関係者の車が通りますので立て看板で注意を呼びかけておりました。
工事の終了は12月10日となっています。

a0155319_1717279.jpg
途中でテーブル?のところでリュックを置いて休憩です。

a0155319_171720100.jpg

a0155319_17173296.jpg

a0155319_17174863.jpg
基部から西防砂堤を見た画像。 

a0155319_1718472.jpg
基部から東、西防波堤方向のテトラの様子。

a0155319_17181956.jpg
クルミ割ってます。

a0155319_17183058.jpg
海岸一帯に漂着したクルミがあります。



_
[PR]
by boss2010 | 2013-09-20 17:42
a0155319_972115.jpg

「サヨリなら食べてもいいよ」と珍しく奥さんが言うので岩内港で釣ったサバの在庫があるのに出掛けてしまいました。小樽港のサバがどれぐらい大きくなったかも見たかったのですが釣れたのは2匹。大きいほうは前回より一回り大きくなっていました。

山側からの風が少し強めの状況でした。様子を見に寄ってみた第一埠頭にはご夫婦の釣り人1組。
風を背側から受ける第二埠頭はやはり釣り人が多く見られました。
色内埠頭もコの字の沖側にはけっこうな釣り人の姿がありました。くの字も画像の通りの様子。

双眼鏡で覗きますと厩はまだ余裕がありそうですので、そのまま向かいました。
波があって海中がよく見えませんが撒き餌をするとサヨリがかかりましたので釣れると思い、狙いました。全部で61匹。
サヨリは香りにくせが無く食べやすい魚と思います。

暗くなるとサヨリも釣れなくなりましたので、投光器を点灯して様子を見ましたがその後は何も釣れず終了しました。3〜4組の投光器の点灯がありましたが双眼鏡で覗いた範囲では何かが頻繁に釣れているという状況ではないように見えました。

a0155319_983970.jpg

a0155319_99233.jpg

a0155319_99153.jpg

a0155319_99272.jpg

a0155319_994243.jpg
厩到着時の沖側の様子。海側が立ち入れないようになっていました。
a0155319_995999.jpg

a0155319_910127.jpg

a0155319_9102959.jpg
2度ほど通り雨があり、濡れました。例によりサヨリを、狙ってまで釣っているような人は見当たりません。雨に濡れながらも一心にサヨリを釣っているのは自分ぐらいしかいないようです。
おかしなオヤジに見えてたんでしょうか・・・。
投光器点灯後の写真は撮り忘れてありません。



_
[PR]
by boss2010 | 2013-09-19 09:26 | 北海道 小樽港の釣り
a0155319_9534662.jpg

a0155319_954623.jpg
旧フェリー埠頭到着時、カベから基部方向の様子。


情報の少ない岩内港の様子を見たいと思い、車中泊の準備を整えて出掛けました。サバがメインと想像出来ましたが行ってみないとわかりません。最初に中央埠頭に行ってみますと岸壁の工事中で、その沖側も大型船が砂?を陸揚げ中のため、釣り可能なスペースが狭い状況で混み合っていました。入る余地がありませんので旧フェリー埠頭へ。

こちらは画像の巡視船が停泊している岸壁(陸側)に釣り人が集中しておりましたが、旧フェリー埠頭側はガラガラでしたので迷わず、一つ目の壁?の陰で準備しました。
明るいうちはサバは全く釣れませんでしたが後で壁の陸側(埠頭基部側)に入られたカップルはポツポツとサバを揚げておりました。10mぐらいの場所の違いで差がありました。

それで、しょうがないので例によりサヨリ釣り。コツを掴んでおりましたので日暮れまで入れ食いでサヨリ釣り。数えきれない?ほど釣ってしまいました。(食べます。)
日が暮れて、投光器を点灯して、しばらくしてからサバが入れ食い状態になりました。
皮付きサビキは全然だめで、アミ餌をこすりつけないと釣れませんでした。
落とすと必ず食いついてきましたが大小混じります。小樽港では大きさがだいたい揃っていましたが岩内港は大きさバラバラです。数えましたら60匹を超えていました。そのうち大きいものが来るかもと思い、つい釣り続けてしまいました。

夜明け後、他の方の釣りを偵察して大きいものが釣れそうなら釣るつもりでしたが、朝になっても釣り人はわずか。見ていても釣れてる様子がありませんので竿は出さず、終了いたしました。

a0155319_9544983.jpg
工事中と大型船の接岸で釣り場所が狭い中央埠頭。

a0155319_955117.jpg
中央埠頭先端にかけて混雑しておりました。

a0155319_9551891.jpg
旧フェリー埠頭到着時の釣り座右側の様子。

a0155319_9553344.jpg
到着時、巡視船から手前にかけて多くの釣り人がおりましたが日暮れにかけ、帰られたようでした。

a0155319_9555667.jpg
日暮れ前にはほとんど無人。

a0155319_956965.jpg

a0155319_9563130.jpg

a0155319_9564395.jpg
画像の釣り座は若い人4〜5人のグループ。朝までおりました。テントもあって、楽しそうで羨ましいです。

a0155319_956578.jpg
夜明け後です。昨日は混んでおりましたが今朝は、釣り人はまだのようです。

a0155319_957974.jpg
夜明け後。こちらもまだ釣り人は数人です。


リタイアして、ようやくいつでも釣りが出来る立場にたどり着いて、ブログタイトルがチカ釣りなのに最近、チカが釣れません。数年前はチカはいつでもどこでも釣れるぐらいに思っておりましたが毎年、海の状況が違うことを知りました。マイワシも早々に姿が見えなくなりましたしカタクチも釣れません。その時々に釣れるものを釣るしかありません。
車の運転が嫌いですので、釣り会(釣りクラブ?)にでも入って楽がしたいですが、釣ったものの身長や重量で順位を競うとか。釣りで競いたいとは全く思いませんので無理なんですね。
ただ、まとまって、グループでバスで釣りに出掛ける、車の運転をせずに済む、そういうアバウトな釣りの集まりとかあればいいんですけど・・・。




_
[PR]
by boss2010 | 2013-09-11 10:44 | 岩内港の釣り
a0155319_20414041.jpg


天気の回復を見て小樽港に向かいました。第一埠頭は大型船が停泊して釣り場所はほとんど無し。第二埠頭は混み合っており駐車スペースが限られました。色内も外海側にかなりの釣り人。天気が回復したせいか釣り人の多い日でした。厩ならストレスなく釣りが出来るだろうと思い、行ってみますと船が1隻停泊していましたが空きが多くありました。

前回同様ポツリポツリとサバが釣れましたが少しサイズが大きくなり、22cmぐらいが多く、釣れたのは8匹。釣れない時間が長いので、群れている小さいサヨリを今回は狙い釣りしました。食わせるのが大変でしたが、ちょうど50匹釣れました。
これだけあれば料理1品?できそうです。
サバは暗くなりかけるとパッタリと反応がなくなりました。最初は素針に餌付け器でやりましたが、隣の方が皮付きサビキで釣っておられましたので途中から2本とも4号皮付きサビキに変更しました。

前回同様、発電機とライト持参でしたが釣りすぎても食べるのが大変ですので今回も夜釣りは止めておきました。


鮭釣りの話題が多くなって来ました。一度ぐらい釣ってみたいですが、食べる事を考えるとなかなできません。混み合う中での釣りも好みません。
基本的に釣った魚は全て自分で食べます。近所などに配るような釣りはしないことに決めていますので(一度、ニシン釣りすぎて配ったことあり)なおさら、大きな魚や大漁は禁物です。

a0155319_20431128.jpg
色内埠頭の向かい側埠頭に日本丸?とか。
a0155319_2043323.jpg

a0155319_20434757.jpg
釣り座左側。若い女性3名と男性2名のグループ。ワイワイと楽しそうで羨ましいことでした。過去にも将来も、自分には決してできない、縁のなかった釣り風景です。
a0155319_20435950.jpg





_
[PR]
by boss2010 | 2013-09-05 20:55 | 北海道 小樽港の釣り