ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

奥さんの注文、「イカ釣ってきてよぉ~」。もう、相当なおばさんになっているので、別に甘えた声でとか、かわいくとかの話ではない・・・。自分は飲まないが奥さんのビールのお供の食材にいいらしいのでイカだけは歓迎される。
それで出掛けたのが23時頃。明け方まで南防波堤でイカ釣りして夜明け後はチカ釣りましょうというスケジュール。イカはムラのある釣りものなのでどうかと思ったが(0:00~3:00)激シブで終了(深夜にも拘らず到着時、南防波堤基部の駐車スペースはかなり埋まっておりました)。
その後、薄暗い中、第一埠頭へ行ってみると沖側先端に車の釣り人1名。基部側を見るとウロコがいっぱい落ちている。イワシでしょうか。ここで釣り準備をしました・・・が反応なし。明るくなって来て地元の方がエギ竿持って登場。「ここは何にも釣れないよ、第二埠頭のほうがましだよ」・・・「でも、ウロコいっぱいだし」・・・「たまたまよ」。素直に助言を聞いて、すぐに店じまいして、第二埠頭へ・・・その前に一応、色内と厩まで回り、様子を見た。色内(くの字付近)は4時前頃はまだ、混み合ってはいなくて、イワシも釣れている様子はなかった(後で釣れ始めたとの情報あり)。スペース的には十分に色内に入ろうと思えば入れたが大量に釣れても困るのでパス。釣りは好きだが食べるのが好きな訳ではないのでイワシの数釣りはチョット・・・。
厩は先般と同様に右端に船が接岸。早朝にかかわらずナント激混みで入る余地なし。そのまま、第二埠頭へ。
ポツポツと大型のチカが釣れ、サバとサヨリが各一。(竿は最初2本、終了時4本の欲深さ!?)
なんと、昨日の起床時から今日午前まで30時間ぐらい不眠であったが歳のわりにはそれほどこたえなかった・・・まだまだいけるかも。

a0155319_17282371.jpg
大チカは大きなアタリを見せてくれます。イカは南防波堤で深夜3時間でこれ・・・。

a0155319_1728441.jpg
第一埠頭の日の出。一人いた釣り人もいなくなってしまいました。

a0155319_1729711.jpg
厩です。行ってみましたが激混み。第二の釣り座からの画像。

a0155319_17292955.jpg
第二埠頭、釣り座の右側

a0155319_17294468.jpg
釣り座の左側画像。








_
[PR]
by boss2010 | 2011-07-20 17:42 | 北海道 小樽港の釣り
ネット検索でイワシが釣れているとの情報。これは釣ってみたいと午後出掛けました。第一埠頭、第二埠頭で釣り人にお聞きしますと「色内か厩でないとイワシは釣れないよ」とのこと。双眼鏡で見ますと厩は車がいっぱいで入るには覚悟がいりそうです。色内も混雑が予想されましたが混んでた場合にはそのまま帰るつもりで行きますと「くの字」のところ(画像の楕円)だけ激混みです。他は空いておりましたので、回遊次第で少しぐらいは釣れるだろうと路上駐車して2~3往復して釣具を運び、釣り座を決めました。肝心の自分の釣り座の写真を撮り忘れています。(コの字の外海側です。)
4号のハゲ皮サビキ竿2本で始めましたが反応なし。竿を動かして誘っても反応なし。途中でまずいと思い、竿追加して3号素針にアミを付け、とりあえずチカを釣ろうかと始めるとポツポツと大型のチカが釣れました。そのうちイワシの回遊もあるだろうと辛抱しておりますと、最初にそれらしいのが釣れたのですがナント、サバ(釣果画像手前側の少し大きめのがサバ)。そのあとはポツポツと素針仕掛けのほうばかりにイワシが釣れます。2本の竿は遊んでいますので、それではと、ハゲ皮サビキ竿1本を素針仕掛けに変えると、やはり釣れました。
そんなことで結果は20数匹。はじめて真イワシ?釣りました。発電機も持参しておりましたが釣りすぎても困りますので夜釣りはしませんでした。釣れる感覚はほとんどサバと同じ。釣り上げると細かくはねて(ケイレン風)処理が大変です。仕掛けもからみます。カタクチイワシと同じと考え、ハゲ皮サビキでOKかと思いましたが素針にアミえさのほうが良く釣れました。日によるかも知れませんが両方用意したほうが良いかも。素針は3号でしたのでバラシが非常に多かったです。4~5号ぐらいが良いかも知れません。

帰り道、南防波堤を見ますと、駐車スペースへの坂道まで車でいっぱいになっておりました。イカ釣りも盛況のようです。 

a0155319_834389.jpg


a0155319_841623.jpg
釣り座右方向。余裕で入釣可能なスペースがあります。

a0155319_843224.jpg
釣り座右方向望遠(この方はとても良く釣り上げておりました。ウデが違う感じです。)

a0155319_844811.jpg
釣り座左側。スペースいっぱいあります。

a0155319_85239.jpg
超過密、くの字の混雑の様子。見ている間にも頻繁に竿の上げ下ろしがあり良く釣れていました。

a0155319_852086.jpg
厩の様子
[PR]
by boss2010 | 2011-07-14 08:25 | 北海道 小樽港の釣り
相変わらず、貧果のわりには画像がにぎやかな更新。午後の早い時間に小樽港へ。第一埠頭にはめずらしく多めの釣り人の姿がありました。第二埠頭は空いておりましたのでここで厩を双眼鏡で覗くと端に船が繋留。隙間はありますが釣り人は多い。しばらく見ていたが竿は動きません。それではと、第二埠頭でチカ竿2本出してから、回りに人がいないので、ほとんどやった事の無いエギングを試してみる。しばらく試してみたが無反応。やっているうちに、エギングは自分には向かない釣法と気付く。感覚がサッパリわかりません。底に沈めてただ巻いてくるしか考えつかない・・・ダメです。
結局、雨後の濁りのせいでしょうか、第二埠頭ではチカが1匹で・・・・・沈。
夕方から南防波堤でイカの餌釣りを予定しておりましたので移動しました。画像は南防波堤のものです。画像のとおり、長時間にもかかわらずヤリが3匹です。波が穏やかでしたのでかなり遠くのイカの水を吐く音が聞こえるのですが自分の釣り座周辺は散発のようでした。防波堤基部の釣果はわかりません。
携帯を車に置いたままだったので時間がわからず困りました。多分21時頃、ねばっても釣れる気配が全くないので撤収しようと片付け始めて最後の3本目の竿を上げますと、なんとダブル。これから釣れ始めるのかと、片付けた竿を1本、またセットして2本で頑張りました(欲張りました?)が終了までに1匹どまりでした。

a0155319_829564.jpg
大きさは全長25〜27cmと小型です。

a0155319_8301016.jpg
坂の上からの様子。かなり先まで埋まっております。

a0155319_8302352.jpg
この段階では坂道にはまだ、駐車がありません。

a0155319_8303524.jpg
もう、坂道にも車がいっぱいです。
a0155319_8304982.jpg
釣り座から基部方向の画像。かなり沖側です。この辺でようやく空きスペースがあります。でも、やはり基部側のほうがいいような・・・。

a0155319_8305853.jpg
釣り座から先端方向です。

a0155319_83186.jpg
防波堤上は実際は画像より、かなり暗くなっています。

a0155319_8312399.jpg
投げ竿3本にテーラー、鳥ササミ2連結。

a0155319_8313666.jpg

a0155319_8315029.jpg








_
[PR]
by boss2010 | 2011-07-07 09:03 | 北海道 小樽港の釣り