ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今日、整形外科の診察日で術後6ヶ月目。とうとうコルセットを外して良いと許可がおり、喜ぶ。調子にのって、先日撃沈した石狩湾新港のシャコ調査に再度、出掛けてみた。結果はまたも撃沈。ハゼ2匹で終了。
最初の場所は赤矢印のところ(14:00〜16:00)。次に向かったのは緑矢印の先日のところでしたが、小川のさび色の濁り水が100m前後にわたり沖まで張り出しており不可。それで青矢印の樽川埠頭駐車場に移動(16:30〜19:00)。
樽川ではお隣のベテラン釣り人が10:00から竿を出しているとの事でシャコが3、小カレイが1、ハゼ若干といったところでした。シャコはいるんですね。でも数釣りは出来そうもないようでした。よほど、活性の高い日にでもあたらないと無理と思いました。
画像1、2、3、は最初のところ。あとは樽川駐車場風景。
a0155319_20461988.jpg

a0155319_20463794.jpg

a0155319_20465666.jpg

a0155319_2047149.jpg

a0155319_20473165.jpg

[PR]
by boss2010 | 2010-08-27 20:51 | 石狩湾新港の釣り風景
3度目のカタクチイワシ釣り。そんなちっちゃいイワシ釣ってどうすんの?という話もあるが、そのときに、その場で釣れるものを釣るという考えなのでとにかく、釣る。調べてみると結構、栄養分も豊富らしい・・・そして毎日食べている・・・チョットだけ・・・ツライかも。
23日に予定していた釣りだけれども、雨だったので24日に変更して出掛ける。15;00ごろ出発して小樽第一埠頭に着いてみると釣り人が誰もいない。誰もいないというのは?・・・ほかを見て見ようと色内埠頭まで行くと巡視船の前に消防車がいっぱい。訓練か、何かあったのかは知らない。厩岸壁を覗いてみると、少し釣り人の姿がある。冬の釣り以外、あまり良い印象の無い厩だが決めて向かう。
16:00〜22:00までの釣りだったが19:00ぐらいまではフグとウグイのみ。カタクチが釣れ始めても1匹づつが多い。5匹ほど小サバが釣れたがチカはゼロ。秋にかけ、小サバのシーズンになる。久しぶりに発電機を動かし海面を照らす釣り。結果は100前後か。帰宅後、捌くのが少し楽だった。
奥さんが昨夜、電話すると、先に寝ます〜〜と。帰ってみるとホントに寝ていた。
a0155319_10535094.jpg

a0155319_10533988.jpg

a0155319_10531872.jpg

a0155319_10542164.jpg

[PR]
by boss2010 | 2010-08-25 11:03 | 北海道 小樽港の釣り
カタクチイワシの釣りが2度続いたので、石狩湾新港でシャコを釣ってみたいと思い、1年以上もやっていない投げ釣りの道具(前日にケースから出して水洗いなどしたが三脚などはサビサビ)を持って、午前に温度が上昇する前に終了しようと、これも、前はいつだったか思い出せないほど久しぶりで早起きして朝3:30にでかける。着いた時はまだライトがいる暗さだったがすぐに周囲が見えてくる。前日に、いつもの、腐りかけた釣り餌(イソメ)を平気で売っているような、やる気のない釣り具屋でシャコ仕掛けを購入して来ていたが、釣れて来るのはハゼばかり。ハゼ釣りになってしまった。20数匹というところ。釣りの時間は4:00〜7:30ぐらい。シャコの顔はついに見られませんでした。
a0155319_1359282.jpg

a0155319_144117.jpg

a0155319_1442478.jpg

a0155319_1444318.jpg
周辺で、明るくなってからお見えになった釣り人。あとで、もう一人来られましたが、ほかにはおりませんでした。
日中の暑さの中で釣りを続けるのでしょうか

a0155319_1452490.jpg
ここはうんざりするほどゴミが多い。捨てたのは、ほとんどが大人でしょう。今、このようにゴミを平気で捨てる人間は多分、死ぬまで捨て続ける人だと自分は思うけれども。


海がいつまでもきれいだといいのに。
遠い海の記憶 石川セリ
[PR]
by boss2010 | 2010-08-19 14:23 | 石狩湾新港の釣り風景
先日はまったく釣りならなかったので今回はちょっと気を入れて、小樽第二埠頭に4時着。前回と同じように沖側は右の一部を除いて少し高めのロープが張られて入釣しにくい。厩は相変わらず沖側と反対側の端が埋まっている。中間部ではまた貧果の可能性が高いので避け、第一埠頭へ向かう。第一埠頭の向かい側には自衛隊の船があり、第一埠頭は見物客で混んでいた。
この船が出港するまで待っていた。写真を撮る人、家族連れ、すごい勢いで帽子を振って?見ている人・・・さまざま。船が出てから空いたスペースで釣り座をセット。暗くなる前からカタクチに混じりチカも釣れる。今日はいけるかもと思いながら、釣り続けたがやがて、先日来の雨のせいかゴミが大量に流れてくる。特に陸側に滞留する。自分の右側は数十メートル空いているのに誰も入らない訳だ。釣り人自体少なくて閑散としている。地元の方は雨の後のゴミのことを、よく知っているのだろうと思う。
20:30ゴミの中に無理矢理仕掛けを投入して釣り続けていましたが、ついにゴミの中に仕掛けを投入しても海中に届かないほどになり終了しました。
いつも同じような画像になるので、船が2隻並んでいるところからタグボートの作業で岸壁を離れるところまで、しつこく載せてみました。
a0155319_9181293.jpg

a0155319_919753.jpg

a0155319_9192748.jpg

a0155319_9234416.jpg

a0155319_9241513.jpg

a0155319_9244594.jpg

a0155319_9245843.jpg

a0155319_9272648.jpg

a0155319_9274427.jpg

a0155319_927586.jpg

[PR]
by boss2010 | 2010-08-03 09:37 | 北海道 小樽港の釣り