ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

カテゴリ:岩内港の釣り( 20 )

a0155319_20132629.jpg


前回、磯の釣りの雰囲気が良かったので昨日再度、兜千畳敷に行きました。
ところがほとんど空きがなく、相当な神経(割り込む度胸とまっすぐに投げる技術も)でなければ入っていけない状況。
釣りはあきらめて、良い機会ですので基部から岩の状況や高さ、深さなどを観察して歩きました。
右先端部一帯でホッケのウキ釣りでホッケが釣れておりましたが・・・小さい。
一方、投げ釣りの方には大きめのカレイがポツポツ釣れておりました。

翌朝の釣りを考えて、日没後、ほとんどの方が撤収した頃、再度状況を観察に行きますと、なんと竿立て三脚がかなりの数そのまま(場所取り?)。
それでも、ところどころ空いておりましたので自分も場所取りできないことはなかったのですが、自分のスタイルではないのでパスしました。

釣り場の確保で前回は午前2時で遅い感じでしたので1時半には起きましたが、釣り場を見ますとなんとライトの様子から空きスペースはない状況。
1時半でも遅すぎ???

場所取りの三脚のある場所にも複数で入釣準備している様子が見られました。
どうなることでしょう・・・揉め事?・・・殺伐とした雰囲気を感じました。

ということで単独釣行の自身、最も苦手とする状況でしたので、素早く切り替え岩内港西防波堤に向かいました。
基部に車がたくさんありましたので、ここものんびりできませんのでそのまま防波堤に向かいました。

途中で見かけた釣り人は2~3名。先端方向にライトが複数見えましたが夜が明けてびっくり。
先端方向に若い人たちの集団?がおりました。
若い人が集団で釣りなんて、なんと羨ましい・・・しかも女性の姿も・・・。

以上の流れで、釣果のほうはご覧のとおり。相変わらずライトが必要なくなる明るさになるまでアタリなし。すべて夜明け後の釣果。ホッケは防波堤外側で4匹。内側1匹。

今回は外側のほうが少し良かった感じです。
外側に竿3本、内側2本。
釣果は、自身この程度でも充分に満足レベルでございます。


以下、兜千畳敷での画像
a0155319_20135753.jpg
基部、右奥

a0155319_20135981.jpg
見づらいですが隙間ない状況

a0155319_2014255.jpg
先端部のホッケウキ釣り

a0155319_2026917.jpg
一部、時々波が打ち上がります


a0155319_2014885.jpg
釣り風景


a0155319_20141028.jpg
釣り風景


以下、岩内港西防波堤での画像
a0155319_20145297.jpg


a0155319_20145582.jpg


a0155319_20145745.jpg


a0155319_20145960.jpg
先端方向の様子。この賑わい?明るくなるまでわかりませんでした。

a0155319_2015268.jpg
東外防波堤先端部の様子

a0155319_2015471.jpg
東防波堤先端部

a0155319_2015638.jpg
西防波堤外海側の島防波堤に釣り人がいるのを初めて見ました。







_
[PR]
by BOSS2010 | 2016-05-10 20:46 | 岩内港の釣り
a0155319_18232243.jpg

a0155319_18234759.jpg


天気が良いので岩内港を見て釣り場が混雑していれば積丹方面を北上しようと思って行きました。
東防波堤の曲がり角は釣り人がおりましたが先端部には左右に1名ずつでしたので少し手前で沖側に竿を出しました。
相変わらず投げ竿5本。
明るいうちはポツポツ釣れましたが夕暮れが迫るとあたりは途絶えました。
砂ガレイが多いです。ホッケは1匹40数センチで自分としては特大です。
実釣15:30~20;00

車中泊で翌朝2:00に車内で食事後、西防波堤へ。駐車スペースには2台の車がありましたが見た限りでは防波堤1番乗り?のようでした。
今回は外海側は全くダメで中、小カレイ計3匹。
他は全て港内側でした。
暗いうちはアタリはなく、明るくなってからの釣果。
小カレイは針が浅いものはリリース。カレイの煮付けとかは好みではないので唐揚げサイズの方が自分としては満足度が高いです。
実釣 3:00~8:30

以下、東防波堤での撮影画像から
a0155319_1824594.jpg
釣り座の左先端部。釣り人が帰られてからの画像。

a0155319_1825158.jpg
釣り座右側。

a0155319_1825831.jpg
西防波堤先端部の様子。

a0155319_1825587.jpg
東外防波堤先端部の様子。

a0155319_18251036.jpg
西防波堤上、引き上げる釣り人。

以下、西防波堤での撮影画像から
a0155319_18305538.jpg
3:00には外海側3本、港内側2本の仕掛け投入。

a0155319_18305745.jpg
まだアタリはありません。

a0155319_18305973.jpg
釣り座左。わかりにくいですが適当な距離を保ち、平日にしては釣り人は多いほうです。

a0155319_1831133.jpg
釣り座の右方向。

a0155319_1831412.jpg
東外防波堤先端部ズーム。

a0155319_1831657.jpg
西防波堤先端部の様子ズーム。

a0155319_1831873.jpg
天気に恵まれましたので沖防波堤には船渡しの方の姿が見えます。



21日、東防波堤で暗くなりかけて、先端の釣り人2名が引き上げた後に入った方がおりました。随分と遅い入釣だなと思っていましたら、すっかり暗くなってから話しかけられました。

奥さんを1年前に亡くされたと。
壮絶な闘病生活の様子から現在の生活や心境・・・・・。
話を聞きながら、自分が同じ立場なら1年経っても釣りをする気にはなれないだろうなと思いながら、誰かに話さずにはいられない一人暮らしの、その方の寂しさと孤独が伝わってきて切ないのでした。
自分にはそこまでできないなと思えるほど献身的に、最後まで奥さんに寄り添い、尽くした生き方がありました。
互いに若ければ、愛を失い、別れを経験してもそれは、良くも悪くも新たな生活への旅立ちと言えるのでしょうが、共に年齢を重ね、喜びや悲しみを共有してきた、かけがえのない存在を失う永遠の別れは、多くは何も希望のない世界で生きることに思えます。

いつか誰もが通らなければならない道を、この方は一歩先を行っているのでした。

「さあ行って もういいの 私の事は」という歌詞
別涙(わかれ) 因幡晃





_
[PR]
by BOSS2010 | 2016-04-22 18:54 | 岩内港の釣り
a0155319_1654496.jpg

a0155319_1655158.jpg


前回の大チカは奥さんも「半分食べてあげる」ということで順調に消化しておりますので少し早いかと思いましたが岩内港へ出掛けてみました。

29日早朝がメインですのでのんびりと出かけ、兜千畳敷の様子を見てみたいと思い寄ってみました。そんなに混み合っているというほどでもありませんでした。
上から眺めただけですので釣果はわかりません。

次は岩内港でときどき釣り人の姿を見かける場所(名称不明、小赤三角)で、どんな感じか試してみたいと思い、暗くなるまで投げ竿3本出してみましたが一度も反応なしでした。自分なりに確認して、ここでは二度と竿を出す事はないなと思いました。

早々に車中泊して三時に目覚め、食事をしてから西防波堤上を歩いて目指す場所へと向かいました。
投げ竿5本にリール、三脚2本、水汲み、イソメ4パック、アミブロック1コ、食糧、飲み物、防寒衣類・・・。
背中と手に年齢不相応の重い装備・・・いつまで釣りが出来るだろうと思いながら汗だくででこぼこ道を歩きました。

そのうちに、竿数を減らし、軽いリールと竿に換装し、それでもやがては老いに負けて、好きな釣りから手を引かなければならない時がやってくるのでしょう。
若い頃には夢にも思わなかった老いに進む現実が目の前にあります。

この年になって、違う人生もあったのにと思ったり後悔したり・・・後戻りもできないのに・・・・・。


最後の角を過ぎたあたりが空いておりましたので迷わず準備しました。
外海側3本、内側2本で始めましたが最初は内側ばかりにあたり。
カレイ、ホッケと続きます。遅れて外海側にもアタリが出て結果的にホッケX3、カレイ持ち帰りX10。

数は出ませんでしたがカレイ30cmオーバーが3匹。時間を空けてポツポツでしたが自分の釣りとしては上出来でした。
多分、お魚さんとタイミングが合ったのでしょう。

画像右上の赤みがかったカレイは一部をタコに噛まれています。一緒に仕掛けにからんでタコも浮上してきましたが当然、テトラのところでお帰りとなりました。


a0155319_1656622.jpg
兜千畳敷、月曜午後の駐車場の様子

a0155319_1656955.jpg
釣り風景

a0155319_1656481.jpg


a0155319_1658185.jpg
岩内港(小赤三角)

a0155319_16582013.jpg
東防波堤の釣り人

a0155319_16582366.jpg
小赤三角の正面

a0155319_1702510.jpg
西防波堤、夜明け前、釣り座より

a0155319_1702726.jpg
夜明け後

a0155319_1703081.jpg
後ろから冷たい風が吹き付けます

a0155319_171569.jpg
釣り座より右の様子

a0155319_1733289.jpg
灯台方向

a0155319_1733531.jpg
カメラ入れ替えでズームが強力になりましたので試し撮り

a0155319_1733850.jpg
ついでに釣り座から東外防波堤先端をズーム。




_
[PR]
by BOSS2010 | 2016-03-29 17:17 | 岩内港の釣り
a0155319_1254951.jpg


サバが釣れているようですので車中泊予定で出かけましたが1日目は100%の空振り。
サバ釣りで賑わっていると思っていたのに、岩内港に着いて中央埠頭へ行ってみると、なんと釣り人一人。お話を聞きますとヒラメ釣り餌用のサバ釣りとか。
サバ釣りたいなら東外防波堤のほうが大きいのが釣れていいよとのこと。
素直に向かいました。
旧フェリー埠頭に寄って見ますと閑散としていて車は数台。ここでもお話聞きますと、「ここのサバは終わったんだわ」?「もう釣れないよ」「今は東外防波堤しか釣れないよ」と言われました。

外防波堤に行ってみますと十数人が外海側でサバ釣り中です。
海中を覗いてみますとサバが泳ぎ回っています。でもなかなか食いつきが悪そうです。
とりあえずサバの姿がありますので15:30ぐらいに竿を出しました。
フグがうるさいとのことですので針は7号。常連さん風の方がアミカゴをつけていましたので真似しました・・・が一匹も釣れませんでした。
16:00過ぎには地元の方が多かったのでしょうか、一斉にお帰りです。多分、釣れないとなると待ってもムダなのでしょう。
その後は広い外防波堤に一人になってしまい17:30までやって釣果ゼロ。

翌日に期待して旧フェリー埠頭で投光器を点灯して様子を見る事に。
18:10点灯しましたがフグの姿しかありません。サヨリもカタクチもサバもまったく見えず。20:30消灯して1日目は大空振りで終了しました。

2日目は針を5号アミカゴ付きに換えてのウキ釣り。竿2本。東外防波堤の、前日とほとんど同じ場所で4:00に始めました。わりとコンスタントにぽつぽつ釣れて合計22匹。最大22cmでした。
どうなることかと思いましたが2日目に少し釣れてくれましたので良かった。

a0155319_12541117.jpg
1日目、防波堤のカーブ(角)付近の釣り人。

a0155319_12541321.jpg
右側の釣り人

a0155319_12541632.jpg
手前側海中の色が濃いのは浅いからで、それより沖に投げた方がいいよと教えてくれた方がいました。

a0155319_12542174.jpg
夕方、一斉にお帰りで一人になってしまいました。

a0155319_12542423.jpg
暗くなってからの旧フェリー埠頭での投光器下の様子。フグの絨毯でお手上げです。

a0155319_12542772.jpg
二日目早朝。左のこの方はすごいです。遠投してウキが落ち着いた途端に高速でリールを巻きます。一投1〜2匹釣り上げていました。真似して良いですかと声をかけて、仕掛けから巻き方まで真似しましたがコツがつかめませんでした。

a0155319_12542914.jpg
朝は右側は無人でした。

a0155319_12543198.jpg
帰りに基部から振り返っての1枚。8:00には自分一人になっていました。

a0155319_12543478.jpg
旧フェリー埠頭は前日並みに閑散としています。





_
[PR]
by BOSS2010 | 2015-09-02 13:26 | 岩内港の釣り
a0155319_1220039.jpg


奥さんの花見るツアーなどに付き合わされているうちに7月になってしまいました。
7日に4回目、仁木町でのサクランボ刈りと、ウニ丼を食べて島武意のトンネルを抜けて海を見るというバスツアーが最後でしたので、8日に喜んで岩内に出かけましたがサッパリ。釣り人は少なく、ウグイがうるさく、釣りには厳しいようです。

それでも明るいうちにお隣のご夫婦が数匹のマイワシを釣ったとのことですので日没に期待して投光器の用意などして万全でしたが暗くなって沸き上がってきたのは小さいカタクチイワシ。
これしか釣れないと思いましたのでしかたなく数を釣り上げました。数十匹はいるでしょうか。
小さなイカに追われていたようで水面にウジャウジャ状態。
マイカの子でしょうか、調子に乗って一匹上がってきましたので面白いので持ち帰りました。
岩内港はまだ、少し早いようです。


a0155319_12201824.jpg
旧フェリー埠頭到着時

a0155319_12202065.jpg
朝の風景

a0155319_12202214.jpg
朝の竿の様子

a0155319_12202557.jpg
朝の左手の様子

車中泊ではいつも夜の時間を持て余しますのでエンジンを止めてテレビが見られる方法を探しておりました。
携帯はガラケー(ネット接続なし)で釣りのとき以外は充電状態のまま。
ですので月に数回しか持ち歩きませんのでテザリング(テレビ代わりのパソコンネット接続)可能な携帯では使用頻度のわりに経費がかかりすぎますので、ノートパソコン単体でテレビを見られる方法を探しました。
電波状況に左右されますので岩内で実験しましたらアンテナが車内でも、すべての地上波がOKでしたので僻地でも2~3は見られる気がします。

a0155319_12202730.jpg

a0155319_12202953.jpg


以下、蛇足。
釣りも体力的に限界があり、アップダウンの磯を時間をかけて歩くような一線の釣りはもうできませんので、釣りに行けない間に、今後ますます老化が進んでも役に立ちそうなもの、体力のいらない趣味、面白そうなものをあれこれと物色しておりました。
a0155319_12203092.jpg
ソニーのα7に新たにα7IIを追加して2台にしました。

a0155319_12203257.jpg
iMacパソコン。OS9とOSX併用の旧型(画像左)中古を超安価で購入。これでOS9時代にPhotoshopで使えた優れたプラグインソフトが再び使えるようになりました。

a0155319_12203486.jpg
面白半分で購入したVICTORINOX(ビクトリノックス)。実用性より、どんなオモチャかと・・・。

a0155319_12203689.jpg
最近のGENTOSランタン。なんと1000ルーメンというので、どんだけ明るいのかと購入。画像ではわかりませんが小柄ながらColemanよりはるかに明るいです。Colemanは270ルーメンで単一8本(点灯持続時間が長い?)。GENTOSは単一4本。

a0155319_12203844.jpg

安くなりましたので購入iPod mini。中古で¥4000です。中古にしてはきれいで付属品も箱も揃っていました。
もう、先端商品はいらない、というか使いこなせませんので。旧商品ならいろいろと安く揃います。


釣り道具に予算をかけないようになってきた自分がつらい。釣りが一番の趣味だったんですけど・・・。
年取るってことは、あきらめと受容の世界に生きることだと最近しみじみ。




_
[PR]
by BOSS2010 | 2015-07-09 12:47 | 岩内港の釣り
a0155319_1925580.jpg

a0155319_1925896.jpg
左・東防波堤釣果 右・西防波堤釣果

連休明けを待って3度目の岩内港。
車中泊して粘りましたが相変わらずの三流釣り。目指した東防波堤は中間部に自転車でおいでの地元の方と思われる釣り人が竿を出して大の字で熟睡中でしたが他に釣り人なし。
終始貸し切り。前回の画像と釣果を比べますと、ほとんど同じようなもの。
東防はいつも同じ場所での釣りですが、高台の先端部(西防側)でも釣りしてみたいのですが、暗くなると必ずヒラメ狙い?でしょうかルアー竿を持った釣り人が来る場所ですので先端部で投げ竿5本はあまりに邪魔くさいでしょうから避けております。

カーナビが故障してラジオ、TV、音楽もだめ。無音の車中は物足りなくて、車の運転が嫌いな自分としては非常に苦痛。釣りを切り上げた後はニュースぐらいは見たかったのですが仕方なく携帯のTVを見て過ごす。携帯ラジオは持っていたが、岩内でまともに聞けたのはFM1局のみ。
AM全滅なのは、このラジオの性能の問題か電波の問題かは不明。

8日は2時に起きだして行動開始。長い西防波堤を歩くには丁度良い温度でしたが竿を出してからは港内側から吹き付ける風で凍える。
持っていった羽毛のアンダーウエアを着込むも寒さは変わらず。
帰り頃には逆に温度が上がり、車に戻ったときには汗だくで持っていった肌着に着替えました。
今回は歯ブラシやシェーバーも持参で準備だけは完璧でございました。

港内外とも反応は鈍い。先端まで情報収集に歩いていた方に聞きましたが先端部も良くなかったとのこと。逆に最後の角より陸側の方が良いということでした。
事前にそういう情報があったのでしょうか、いつもよりも中間部にずいぶん釣り人が多い気がしました。

西防波堤の釣果は小型ばかり。
かろうじてマガレイ丁度30cmが1枚と中ぐらいのクロ、ホッケが1でした。
画像に小型が多いですが、針が上手にはずせたものはリリース。針飲み込んだものは小さくとも持ち帰っています。


以下、東防波堤での画像 14:30〜20:00
a0155319_1910586.jpg
東防波堤途中からの陸側と沖側

a0155319_1910842.jpg
旧フェリー埠頭の様子

a0155319_1910917.jpg
東外防波堤先端部

a0155319_19101140.jpg
釣り座、終始貸し切り

a0155319_1910135.jpg
日暮れ後


以下、西防波堤の様子 3:00〜8:30
a0155319_191118100.jpg
釣り座より基部方面

a0155319_19112066.jpg
先端、赤灯台

a0155319_19112256.jpg
先端部の様子

a0155319_19144363.jpg
釣り座付近

a0155319_1911264.jpg
港内側の様子 

a0155319_19112874.jpg
朝の東外防波堤先端部




_
[PR]
by BOSS2010 | 2015-05-08 19:16 | 岩内港の釣り
a0155319_134176.jpg

a0155319_1341963.jpg
左・東防波堤釣果(東外防波堤ではありません)。右・西防波堤での釣果。

前回釣ったものを食べ終わらないと次の釣りに行けませんので、なかなか大変です。
毎日、魚と言う訳にもいきませんし、奥さんはつまみ食い程度しか協力してくれません。
自分も魚を釣るのは好きですが食べるのが好きということではないので一度に食べる量も限られます。
また、誰かに貰ってもらうという考え方もありませんので苦労します。
奥さんに魚まだある?まだある?と聞いて、在庫を消化したのを確かめては次の釣りに向かいます。

家族がたくさんいて、釣果を待っているようなご家庭があれば釣りにも力が入りそうで羨ましいです。
今回は連休前になんとか行っておきたいと思い、でかけました。

東防波堤は先客(ご夫婦?)がおられましたので高台に乗っての釣り。
前回より渋く苦戦。先客は貧果(多分)のまま、明るいうちに店じまいされました。
その後、先客の釣り場?など広範囲に探り、暗くなるまで良く釣れましたがホッケの姿なく、砂ガレイばかり。でも砂ガレイも大きくなっていました。
最大30cm。19:00ぐらいからはアタリもなくなり終了しました。マガレイ釣りで盛り上がる時期に砂ガレイ釣りしている自分がなんとも・・・。

車中泊での釣りは、それ自体がレジャー気分ですので、あまり釣れすぎると食べることを考え、気分が重くなりますのでポツリポツリが理想的です。
今回程度ですと次の釣りまで、そんなに日数を空けずに出かけられそうです

28日は夜間の温度がそれほど低くなかったので早めに行動しましたが、大きなウネリがあり、時々防波堤にしぶきが乗って来るコンデション。
仕掛けには海草やゴミがからんで釣りにならず。周辺の方が港内側に変更しても竿2本を最後まで外海側に投げていましたが外海側からの強風が運ぶシブキとゴミに負け、釣果ゼロのまま、竿5本すべて港内側にするも貧果。
それでも、クロ30cm弱に小ボッケ2匹。めずらしくマガレイも釣れております。
しかし、港内側も海草がしつこく絡んで来る始末。天候は回復したのに2~3日荒れた海はまだ落ち着いていなかったようです。


画像・・・東防波堤高台 27日 15:30〜19:30
a0155319_1345311.jpg

a0155319_1345539.jpg
高台に釣り座。先客が帰られたあとです。

a0155319_1345718.jpg
あいかわらず、旧フェリー埠頭の混雑状況。

a0155319_13451036.jpg
フェリー埠頭沖側。

a0155319_1345111.jpg
風のせいでしょうか、珍しく無人の東外防波堤先端部。

a0155319_13451456.jpg
釣り座後方。

a0155319_13451718.jpg

a0155319_13451915.jpg



以下、西防波堤 28日 3:00〜8:00

a0155319_13472672.jpg
 
a0155319_13472887.jpg
画像右側はウネリのしぶきが飛び、濡れています。
 
a0155319_13475123.jpg

a0155319_13475248.jpg
全体的に、ほぼ港内側ねらい。
[PR]
by BOSS2010 | 2015-04-28 14:12 | 岩内港の釣り
a0155319_155725.jpg

a0155319_1551164.jpg


ちょっと気温が低いので迷いましたが、行けるうちに行っておけという考えから、出かけてみました。
今年は雪溶けが早かったせいかカレイ釣りもスタートが早い気がしますがどうなんでしょうか。

最初に旧フェリー埠頭へ行ってみますと角のところだけ過密状態で多分、ホッケ狙いかなと思いましたが
ホッケなら回遊するので長い時間釣りしていれば港内どこでも数匹は釣れるだろうと思っていたら、期待通りでした。

東防波堤は到着時、基部に車乗り入れの方が1名のほかは貸し切り。夕方1名来られましたが釣果不明。
8日も9日も時間的には同じようなものですが東防波堤のほうが良かったような結果でした。

大きめのカレイは東防波堤での釣果でスナガレイばかり。散発でホッケが釣れる感じ。
アブラコ釣れましたが、釣れたときは立派な?ホッケだと思っていて、片付け中に気付きました。
その程度の釣りの知識レベルです。
投げ竿5本、生イソメ(平日のせいか、えさ屋さんで既にイキが悪い状態)、アミ籠付き。


以下画像、4・8 岩内港東防波堤 15:00〜19:30 
 ホッケ3、アブラコ1、小カレイ10
a0155319_1581546.jpg

a0155319_1582149.jpg

a0155319_1584450.jpg

a0155319_158543.jpg

a0155319_159617.jpg
正面に見える旧フェリー埠頭の様子

a0155319_159835.jpg
東外防波堤先端部画像

a0155319_159159.jpg

a0155319_1593438.jpg
夜のメインメニューの鍋焼きうどん。珍しく奥さんがネギと卵を持たせてくれました。


以下画像、4・9 岩内港西防波堤  3:30〜 8:30 
 ホッケ2(港内、港外各1)、小カレイ5
a0155319_15122376.jpg

a0155319_1512308.jpg

a0155319_1512367.jpg
投げ竿、港内側2、港外3

a0155319_15244735.jpg

同じ鍋焼きうどんに見えますが、これは朝のもの。具が違います???






_














 
[PR]
by BOSS2010 | 2015-04-09 15:39 | 岩内港の釣り
a0155319_12462892.jpg

a0155319_12463113.jpg

前回の岩内港の釣りから1ヶ月経ちますので状況を見たくて出掛けました。

サヨリもサバ大きくなっていました

最初に中央埠頭を見ましたが風が強く、釣り人に活気がありません?ので旧フェリー埠頭に向かいました。


陸側には巡視船が横付けしており釣り場が狭くパス。

釣り人のいないところ、旧フェリー埠頭の一番沖側の構築物のところではじめることに。

撒き餌をして様子をみますとサヨリが浮いて来ます。けっこう大きくなっていたので釣りやすいと思い、とりあえず狙いました。よく釣れました。


暗くなった所で発電機を始動する前にLEDハンドライト(TX-750LM 750ルーメン 単一アルカリ乾電池4本仕様 実用点灯7時間)で海面を照らしました。そうしますと1mぐらいの光の輪の中に魚体を光らせた少し大きめの魚がうようよ浮いて来ました。

サビキを入れますとイワシのようなのが釣れましたがマイワシとは違うような・・・ウルメイワシ?。

正体は不明ですが入れ食い状態です。ときどきサバも来ます。


こんなに釣れるなら、釣れ過ぎで困るなと思ったりしていましたら、約1時間ほどでパッタリです。その後は影も形もなし。

スキンサビキにはほとんど反応せず、素針にアミ餌でないと釣れませんでした。

その後、発電機で投光器を使いましたが状況は変わらず、ウルメイワシ散発でした。


22日実釣5時間、23日5:00〜7:00サヨリ以外の反応なしですので終了としました。サヨリはいっぱい。ウルメイワシは24匹でした。


わずかな時間でしたがサバもウルメイワシも狙うなら夕方からのほうが良いような。毎日の現象なのかムラがあるのかもわかりません。

ライトもハンドライトで反応が良かったので局所照明でもとりあえずOKですが、広く投光したほうがもっと良いのかどうかはわかりません。


a0155319_12463351.jpg

a0155319_12463666.jpg

a0155319_12463812.jpg

a0155319_12464071.jpg
陽が沈む頃の沖側の状況。

a0155319_12464503.jpg
LEDハンドライト。

a0155319_12464890.jpg

a0155319_12464340.jpg
朝の風景。祝日のせいでしょうか。けっこうな人出です。現役の方の邪魔してしまいました。

a0155319_12465212.jpg
車中泊仕様。平らな状態でないと眠れない体質ですので簡易パネル上に特注敷き布団(幅70cm)をセット。羽毛掛け布団、枕持参・・・狭いです。





_











[PR]
by boss2010 | 2014-09-23 13:22 | 岩内港の釣り
a0155319_11352231.jpg

実釣時間21日3時間半、22日2時間。小樽港も石狩湾新港も釣れている情報がありませんので久しぶりの車中泊で岩内港へ。旧フェリー埠頭に到着してみるとフェリー接岸部ではなく左側(陸側)が多数の車で賑わっています。

しばらく見ていると小型ながら何か釣れたのを目撃。

それではと、その並びに入る事に。しかし、いつものように、混み合っている中に入るのは好みではありませんので思いっきり端に行ってみますと年配の方がいて、その隣でやらせてもらうことに。

その方はフグしか釣れない状況に嫌気がさして、すぐに帰られました。

竿を4本用意しましたが餌を付けて落としますと小フグが鯉のぼり状態で上がって来ます。

これではいけませんのですぐに竿1本で手釣りすることに。

海面すれすれに小サヨリがいて、わずかにその下に小フグがいるように見えましたので、餌を深く落とさず海面よりわずかに潜らせるようにして、小サヨリを釣りました。


周りに人がいなくてよかった。「そんなもの釣ってどうすんのよ」という人が必ずいますので。

ガソリン代かけて来て手ぶらでは帰れませんので、小サヨリでも百匹ぐらい釣ればかっこうもつくだろうとオニのように釣り続けました。

暗くなって発電機で投光器を点けましたが海面、海中とも日本中の小フグが集合したような密集?絨毯状態ですのでわずかな時間で終了しました。

偶然に小サバが3匹釣れています。サヨリもサバもこれから大きくなって来ると思います。


朝は期待していたのに小フグが海面に浮いている状況で前日より条件が悪く、フグ以外は釣れませんので4:30~6:30で終了しました。


a0155319_11352605.jpg
到着時の様子

a0155319_11352989.jpg
地元の方が多かったのでしょうか暗くなる前に無人です。

a0155319_11353165.jpg
釣り座の左側。

a0155319_11353336.jpg
広い港、見える範囲に車中泊は自分のみ。しかも小サヨリ釣り・・・




a0155319_11353649.jpg

先般の投げ釣りで折れた竿は、もう20年近く前のものでオークションなどにもなかなか出て来ないのですが毎日チェックしていましたら中古釣り具屋さんで出ましたので即、購入いたしました。

到着時価格で¥21000。使用した形跡のないものでした。金属部分もピカピカ。竿尻も置きスレなく新品状態でした。

オシャレで今風?の投げ竿を買おうかと考えていましたが折れた竿も予備パーツとして使えますので、このお揃いの3本の竿が人生最後の投げ竿になるような予感がします。


最近は何でも長持ちしそうな買い物するたびに、これが最後かもと考える事が多いです。それで、最後ならと、つい、値段の高いものに手を出したりしてしまいます。

若い頃は少しでも安い物は無いかと・・・・・そういう生活が長すぎました。





_








[PR]
by boss2010 | 2014-08-22 11:51 | 岩内港の釣り