「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

カテゴリ:釣り以外のこと( 5 )

a0155319_12095714.jpg

a0155319_12125229.jpg

釣り以外のことを載せる場ではないのですが、現役引退からもう8年も経過しておりますので、多分、自分のような状況の方が多くアクセスされているのではと考えておりますので、リタイア後の生活の一端を載せて、こんな奴もいるんだなと、何か参考にしていただければと。


12月も中頃になって、賞状が送られてきました。

昨年はシンボルマーク全国公募で1等賞が2回、2等賞が1回ということになりました。


リタイア後は高齢者のデザインなど年齢を見ただけでふるい落とされるものと認識しておりました(応募時には年齢を書かされる)ので、

活動しておりませんでしたが、昨年6月ごろ、現役で美術学校同期の中堅広告代理店デザイナーから、

「それは違う、年齢にかかわらず良いものは選ばれる」と指摘され、チャレンジを再開していたものです。


昔は家庭用のプリンターなどはなく、制作物を手作業で色付けして現物を送って応募でしたが、

今はメールで事足りますのでずいぶん楽に応募が可能です。

バブルのころは賞金も、20.~50万というのが普通にあり、ずいぶん入賞もして良い思いをしましたが、

今は節約志向?になったのでしょうか、1等賞でも2~5万が主流で、時代の流れを感じます。


アイデアを考えることも、パソコン上で形を作り上げることも、それなりに頭を使いますので、ボケ防止のトレーニングには良いかもしれません。


a0155319_12100385.jpg
サイドでコードも忘れて、まともに弾けるものはありません。
ポーズだけです。






_





[PR]
by BOSS2010 | 2017-01-02 12:19 | 釣り以外のこと
月曜日、思い立って新川河口から石狩湾新港西防砂堤まで、波打ち際をウオーキングしてみようと出かけてみた。
西防砂堤もしばらく行っていないので様子を見たいということもあった。
河口は両岸とも、レジャーを楽しむ多くの人たちがいた。じゃまにならない場所に車を止め、歩き出した。

西防砂堤にたどり着いてみると、なんとコンクリートの壁が出来ている。上ってみると陸側から防砂堤基部までコンクリートの道が整理されていた。
これなら折りたたみの自転車でも積んでくれば、ゲート前に車を止めて自転車で楽に来られるのではと思われた。

砂浜の突き当たりに車が1台あり、防砂堤上には若い釣り人がいた。釣果を尋ねるとカレイが釣れたと見せてくれた。
ここは過去に何度かテトラ上で釣りをした場所だが、年齢を考えると慎重にならざるを得ず、テトラ上の釣りは控えている。

歩いている途中、思いがけず以前に岩内港で風で飛ばされて流されたポリバケツの蓋と再会しましたので持ち帰り(当然、別物ですけど)。帰宅して、合わせてみるとピッタリ・・・で、ありました。


a0155319_18254757.jpg
河口、向かい側の様子

a0155319_18254912.jpg
防砂堤までもう一息です

a0155319_18255152.jpg
新しい壁ができていました

a0155319_1825536.jpg
登ってみると立派な道

a0155319_1826016.jpg
陸側基部方向

a0155319_1826224.jpg
西防砂堤に到着です

a0155319_1826625.jpg
立派な梯子が設備されています

a0155319_1826857.jpg
防砂堤基部よりガスタンク方面(東方向)画像

a0155319_18261585.jpg
東方向にもコンクリートの道が延びています

a0155319_18261765.jpg







_
[PR]
by BOSS2010 | 2015-06-02 18:48 | 釣り以外のこと
a0155319_11251993.jpg


早すぎるリタイアから、もう6年が過ぎました。頭の働きは40代のころと変わりないと思い込んでいるけれども、朝、鏡の前で自身の風貌を見れば明らかに劣化しており、若い人から見て、老人という分類に押し込められてもしかたない状況。

もともと酒を飲まないこともあり社交的ではない。大勢でワイワイという楽しみを知らずに今に至っている。友人も少ない。その少ない友人の中に残念ながら釣りの趣味の人はいなくて、そこに自分の釣行の限界がある。
いつでも、誰にも頼れない緊張感から危険に対して過敏になり、安全を優先するので単調な釣りになる。夢は荒い磯に出て夜通しの釣りでソイを釣ってみたいのだけれども、叶いそうも無い。

良く釣れていて混み合っている場所にはまず入って行かない。良く釣れている場所から離れた、釣れそうも無い場所が自分の居場所になる。
沢山釣れても、嫌な顔をする人?(奥さん・・・)はいても喜ぶ人のいない釣りなので気楽と言えば気楽な釣りと言える。

釣り場で口論している場面に何度か遭遇した事があり、理由はどうであれ遊びごとなのに、そこまで・・・という気がして例外を除き、混雑場所は避けるようにしている。
悪意のある人などいないはずだから多分、揉め事は互いの思い違いや偶然の出来事のことが多いでしょう。少し譲り合い、相手を気遣えば穏便で和やかな場になると思うのだけれども。
年齢を重ねるに従い、人は丸くなるものと思っていたがそうではないことを釣りを通じて理解しました。

人は単独の場合とグループになった時では全く違う人格を見せる事があります。自身の経験では釣りに二人以上で来ている場合には周囲に対して極めて閉鎖的になり、単独釣行の方の場合にはスムーズなコミュニケーションが可能な印象があります。
そのように感じられた人は多いのではないでしょうか。




若い頃は何も買えないほどのビンボーでしたので、いい歳になってからリベンジショッピング?状態になっているのがカメラ。写真というよりカメラという機械に興味があり、趣味と言えるかもしれません。D800とα7の画質を自身で比較分析した結果α7のほうが上回っていました(個体差?)のでD800は売ってしまいました。
変わりに仲間入りしたのがα6000と、組み合わせのZEISSレンズ。
ということで、カメラ(という機械)の趣味、現在の在庫。

a0155319_11282560.jpg
フルサイズ
a0155319_11282795.jpg
フルサイズ
a0155319_11282918.jpg
APS-C
a0155319_11283141.jpg
1インチ
a0155319_11283393.jpg
APS-C
a0155319_11283470.jpg
APS-C





_
[PR]
by BOSS2010 | 2015-01-10 11:34 | 釣り以外のこと
a0155319_9411075.jpg

普段は小物釣りですがカレイシーズンぐらいは人並みの釣りがしてみたいと色々と検索してみますが全体に不調のようですので調べてみますと、どうも海水温が昨年より低いようです。(上図)

下図を見てみますと左右で19日間の差があります。あとどれぐらいで積丹半島が程よい海水温になるのでしょうか。待ち遠しい思いです。
a0155319_9413071.jpg



a0155319_9422053.jpg

消費税が上がるという事で、自分の趣味(カメラ集め?)も黙っていられなくなり、思わずパニック買いしたのが NIkon Df、そして SONY DSC-RX100。ほかに Nikon純正レンズを追加。この趣味は病気状態ですので誰も止められません。
カメラの値段を見れば、釣り道具ならけっこう良いものが揃えられると思いますが年齢的には限界ですので釣り道具は破損を待って補充するようなことにしています。
カメラやレンズの場合はキズさえつけない使い方をしていれば半値以上でオークションでも売れますので、半値以上の分を楽しめれば元がとれる・・・みたいな考えですがどんなものでしょうか。
いろいろと批判もありますが、これぐらいしか趣味と呼べるものがないので・・・。




_
[PR]
by boss2010 | 2014-03-31 09:48 | 釣り以外のこと
a0155319_1129532.jpg

天気の良い日を選んでいるうちに悪天候や雪かきもあり、時期的に港内の釣りの機会を逸しておりますので蛇足で釣り以外の趣味?的なものを紹介してみます。
過去の事なら数十年という思い出話が出来ますけれども、未来の全く無い年寄りはどんな趣味に暮らしているのかということで若い方にはなにか参考になるかもしれません。

ギターは若い頃から数十年も演奏したことがありませんので今はアンプに繋いでポロポロとメロディーを弾く程度。コードを弾いて歌うような事はありません。
サラリーマンの頃は大型小売店に勤務していて、その会社にエレキバンドがありましたのでサイドギターで参加して、社員の結婚式や新年会、社員旅行などにはバスに楽器一式を積み込んで行き、ホテルでダンスパーティーの伴奏などしていたものです。懐かしい思い出です。
ちなみに、自分の所属は宣伝部でした。

真ん中のは1960年代のYAMAHA製。当時は現在の価格換算で50万ぐらいでしょうか。造りがしっかりしており、塗装のハゲやネックのしのりもなく、金属部に多少のくすみがあるものの、機械的にも完璧な性能を保っています。ブルーコメッツの三原綱木さんをはじめ、多くのプロミュージシャンが使っていました。若い頃あこがれ、買えなかった悔しさでネットで探して買ったものです。右のフェンダーはフロイドローズ トレモロユニット。ピックアップは意味も無いのにSeymour Duncanに換装してあります。デザインが気に入って買ったものですが、飾って?楽しむだけの代物です。

a0155319_11314575.jpg

カメラも若い頃、買えなかった悔しさから買ってしまいます。現在の主力はNikonのD800。レンズが暗くては意味がないのですが明るいレンズとなりますと高額で値段に閉口です。しかし先の短い?ことを考えますと現在、もっとも高性能なものに触れてみたいという欲求が芽生えてしまいます。
それで、SONYのa(アルファ)7が発売になった時は迷わず買いました。旅行に気軽に持って行けるレンズ交換式のフルサイズが今までなかったからです。これなら何とか遠くまで持って行ける軽さです。レンズが揃ってないのが今のところ、弱点です。
旅行などは今まで、CanonのEOS kissで凌いでいましたが、これからは高画質で旅先の画像が残せそうです。旅行でOLYMPUSのフォーサーズを持って出掛けた事がありますが、撮像素子のサイズに物足りなさがあります。
いずれも釣りには持って行きません。生臭い手でさわったり、汚したりしたくないので。
写真趣味というより、カメラ(機械)趣味というほうが正確で、写真撮影上のテクニックや良い写真に対する造詣もまったくありません。自己満足の世界です。
釣りには中古のFinePix 2台で間に合わせています。




_
[PR]
by boss2010 | 2014-02-09 11:41 | 釣り以外のこと