ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

カテゴリ:未分類( 13 )

a0155319_1323924.jpg
東港はイワシのみ、最大26cmが1匹。あとは16cm前後が大量。

a0155319_1324325.jpg
西港 キュウリウオ最大27cm1匹。チカ、極小ニシン、タラの子?・・・

東港のイワシ釣りの後、西港のキュウリウオ、チカ釣り。実釣6時間。

天候を見て、苫小牧東港なら何か釣れるのではと考え、向かいました。
フェンスの近くはこれで2度目です。フェンス前は温水が海に流れ出ているとよく目にしますのでどこかなと確かめに行きますとフェンス中央部の足下に金属格子の蓋のようなものがあり、すぐわかりました。
その周辺は空いておりましたが、一晩いるつもりでしたので風が当たるようになると寒さがきついと考え、フェンスの終わりから5~6人目の場所に入れてもらいました。

すでにイワシが入れ食い状態で釣れておりました。
入れ食いですので手竿1本で暗くなるまで釣り続けました。

あまりに釣れますので途中で、こんなに釣って一人で食べるのに、いつまでかかるか判らないと心配になりましたが、これからの季節は近い釣り場の小樽も多分、釣りものがなくなるので、しばらくイワシを食べ続けて待ちましょうかと・・・のめり込んでしまいました。

車中泊予定でしたが、これ以上釣ってはまずいと考え、西港で何が釣れるか試してみたいと思い移動しました。
途中、東港沖側先端部の様子を見に寄ってみますと無人。
以前は防波堤の外海側に出て行くことが出来たようですが、壁が増設されて外海側には出られないようになっておりました。

西港に行ってみますと船が接岸中で釣り人は2名。先客の方が親切に状況を教えてくれました。初めての場所ですので端っこのほうで試し釣りしました。

キュウリウオを初めて釣りました。わりと大きめですが本当に匂いが強烈です。もう捌いて皮も剥いて処理しましたので、あとは試食するだけの状態です。
狙って釣りたくなるような魚種ではないなという印象ですが身はしまってしっかりしておりますので食べてみて気が変わるかもしれません。

先客の方が帰られるときに話しかけてくれました。
釣りサイトを良くチェックされているようでした。このショボイブログは当然、内緒です。
とても話しやすい、良い方でした。こういう人ばかりですと釣りも楽しいのですが。

東港と西港で釣ってみて、釣れるものがずいぶん違うのがわかりました。

a0155319_1324692.jpg
フェンス側

a0155319_1324827.jpg
右側

a0155319_1325438.jpg
沖側防波堤付近は無人

a0155319_1325182.jpg
防波堤沖側に壁が増設され入釣不可

a0155319_1325617.jpg
西港釣りの様子

a0155319_1325997.jpg
左側






_
[PR]
by BOSS2010 | 2016-01-07 13:27
a0155319_8152232.jpg


行ける時に行っておけ、釣れる時に釣っておけという思いから、前回から日を空けずに出掛けてみました。先日同様、夕暮れまではサヨリのみ。休み無く釣り続けて100匹ぐらい。
夕暮れからはカタクチ大小混じります。時々小サバも来ます。

最初に第一埠頭に行ってみましたが車が2台のみ。ちょっとどうかなという感じでパス。第二埠頭、色内埠頭は前回同様に釣り人の数は多め。また、厩に向かいました。厩町岸壁の釣りが続いていますが仕方ありません。一番のびのびと釣りができますので。

今回は発電機で投光器を使用することに決めていましたのでカタクチに仕掛けをやられないように準備してでかけました。
ステンレスの針金に市販のウイリー仕掛けを丹念に巻き付けてカタクチが上に走っても仕掛け全体を持ち上げることになるので仕掛けのからみが低減出来るという考えなんですが。
ポツポツしか釣れないような場面ではさすがに針金が目立って食いが悪いかも知れませんが釣れ始めたら関係なく釣れます。針金つきのまま、スピード餌付け器を通します。
以前は皮付きサビキでもカタクチが釣れたと思いますが今年はどうも皮付きは反応が良くありません。

a0155319_816624.jpg
第一埠頭

a0155319_8161944.jpg
色内埠頭先端部

a0155319_8163384.jpg
厩町岸壁の釣り場所の左側。

a0155319_8164564.jpg
投光器使用。

a0155319_8165885.jpg
ステンレス針金に仕掛けを巻き付けて180cmぐらいの塩ビパイプに収納しておきます。帰宅後はそのまま水を流し込んで塩分を除去しておけば次回も使えます・・・多分。

a0155319_8171089.jpg
針金が見え難いですが数匹かかったり、揚げるのが遅れても解けないほどのからみはありません。




_
[PR]
by boss2010 | 2013-10-03 08:29
a0155319_17145811.jpg

a0155319_17334526.jpg


いつもは自宅を起点にウオーキングしていますが、砂浜を歩いたら足に負荷がかかって運動効果が増すかもとの素人考えで昼に出掛け、新川河口に車を止めて砂の上を歩き西防砂堤まで往復しました。
基部まで行って引き返すつもりでしたが工事中の重機が見えましたので、様子が見たいと思い、工事中の防砂堤の基部まで行ってみました。
帰りはさすがに疲れが出て、朝からは何も食べていない1日1食(夕食)の体は限界でした。それで、ちょうど通りかかった所の、砂に埋もれた護岸の石で波打ち際に無数に流れ着いているクルミを割って食べる事に。
ちょっとしたサバイバル??。

中身はしっかりとしていて食べられました。帰ってから奥さんに話しますと、ほとんどサルだねと・・・。自分も誰かに見られたらまずいなと周りを気にしてキョロキョロしながらでしたので、もしも誰かが見たら、絶対サル・・・・・でした。
ということで、クルミに興味のある方は、河口から波打ち際一帯にクルミが打ち上げられていますので時間つぶしに拾うのもいいかもしれません。(ただし、新川河口までの土手の道路は今日の段階で泥水の水たまり多数です。)

防砂堤周辺はずいぶんと改修されてきれいになっておりました。基部から西防波堤方向(東方向)のテトラは入れ替えられてテトラ上からの釣りも可能な感じです。深さがあればいいのですが。
防砂堤に向かう道路は工事関係者の車が通りますので立て看板で注意を呼びかけておりました。
工事の終了は12月10日となっています。

a0155319_1717279.jpg
途中でテーブル?のところでリュックを置いて休憩です。

a0155319_171720100.jpg

a0155319_17173296.jpg

a0155319_17174863.jpg
基部から西防砂堤を見た画像。 

a0155319_1718472.jpg
基部から東、西防波堤方向のテトラの様子。

a0155319_17181956.jpg
クルミ割ってます。

a0155319_17183058.jpg
海岸一帯に漂着したクルミがあります。



_
[PR]
by boss2010 | 2013-09-20 17:42
釣りとは関係ないのですが年に一度恒例、奥さんのリクエストで積丹半島の旬のウニ丼を食べるドライブへと出かけました。神威岬まで行き、岬の湯で奥さんが温泉につかるのを待ち(自分は温泉には全く興味がない)、美国漁港では水中展望船?で防波堤外海側の海底を覗いて、奥さんのカモメの餌やりを写真に撮ってきました。
展望船?では防波堤外側や防波堤基部のトンネルの先がどうなっているのか興味もありましたので確かめることができました。

a0155319_1043521.jpg

a0155319_10432063.jpg

a0155319_1044692.jpg
美国港の高い防波堤の主要な工事は終わったように見えますが・・・
a0155319_10442665.jpg
船に乗る機会がなければ、この景色は見れません。
a0155319_10444827.jpg
トンネルの裏側の風景。
a0155319_1045352.jpg
少し億へ進みますとプライベート風なビーチがあります。
a0155319_10452166.jpg
船が用意した餌を直接カモメにあげることができます。
a0155319_10453456.jpg
防波堤外側の海底の様子。4〜8mの水深ということでしたが・・・。魚の姿はタナゴぐらいしか見えませんでした。
a0155319_10455170.jpg









_
[PR]
by boss2010 | 2012-08-25 10:59
7年乗った車をオークションで売りました。
中古で買ったものでしたので初登録から10年経っていたと思います。走行距離68000Kmでした。もともと、車の運転が好きではないので、中が広くて走ればそれでいいので不満はなかったのですが、奥さんがそろそろ飽きたようでした。
次の車は、強いて言えばハイエースがいいなと思っていましたが、乗り心地にこだわる奥さんの強さには勝てません。グレードまでしっかり決められてしまいました。
古い車は35万で落札。道央の方で茶髪で今風ですが感じの良い若いご夫婦でした。5月には自動車税が来るのですが(この車は¥58000)わざわざ来て頂いたので、税金分(11ヶ月分)を値引きしましょうと言う事で話をまとめ、喜んでいただきました。帰りにはご夫婦で乗って来た車とともに2台連ねてお帰りになりました。車検がH25.12月。車の内部も特に汚れもなく、事前に点検に出して、多少の不具合は修正してありましたので、車の状態も喜んでいただきました。
引き渡す前日には、楽しかった事など、独り言をつぶやきながら、感謝の思いで念入りに洗車いたしました。車は長い間乗っていると思い出と共に愛着も強くなります。車を見送った後は感慨もあり、脱力してしばらくボンヤリしておりました。数日中には別の車が来ます。
そんなことで、なかなか釣りも思うように動けず、ホッケの情報など見ながら、チカ釣り?の予定をたてているところです。

a0155319_10271899.jpg
思い出を乗せたまま、お別れ・・・

a0155319_1027426.jpg
ありがとう、お前のお陰で楽しいことがいっぱいあったよ。





_
[PR]
by boss2010 | 2012-04-23 10:43
連休にプライベートの用件で道南に出掛けたので帰りに日本海側ルートを通ってみた。前から気になっていたホッケ釣りで有名な寿都町の弁慶岬。「灯台の所から磯へ降りる」とよく紹介されているのを見ていたが現地を見た事が無かったので行ってみた。岩の急な斜面だが確かに磯に降りられるのがわかったが途中、体のバランスを崩すと危険と思われます。
数釣りが出来る事で有名なので、あまり釣れても困る自分の釣りスタイル向きでは無いけれども一応、知っておきたかったという程度のことで・・・。

a0155319_814392.jpg

a0155319_8141941.jpg

a0155319_814361.jpg

a0155319_8145224.jpg
実際に灯台裏を降りて、下から灯台を撮ってみました。

a0155319_8153375.jpg
a0155319_815276.jpg

a0155319_8155718.jpg





_
[PR]
by boss2010 | 2011-10-10 08:24
プライベートの用件で知床、羅臼へ奥さんとともにホテル3泊、1000kmの旅をしてきた。あと1週間も待てば紅葉の季節で楽しめたのだが北海道の天候が9/26より4日間ほど良いとの予報を見て急遽出掛けたもの。ウトロから知床峠を通り羅臼へ到着。滞在中はウトロの港から出ている観光船で知床半島をめぐり、羅臼側では車で知床半島の先端方向へ向かい、行き止まり地点まで行って現状を見て来た。河川には大小に拘らずカラフトマスや鮭の遡上する姿が見られた。手を伸ばせば捕まえる事ができる浅瀬にも魚はウヨウヨしていた。そして知床五湖のうち、木道が見事に整備されている一番目の湖まで歩いてもみた。
釣りをする機会もなく、条件も整わなかったが斜里からウトロにかけて河口周辺では数カ所、鮭釣りの光景が見られた。
ウトロは観光地化が顕著で開発が進んでいたが羅臼側は観光バスが留まるような施設も未整備で明らかに遅れをとっていた。
過去、漁業で栄えていた分、観光という分野がおろそかになり、漁獲の減少で漁業が衰退しつつある現状は、地域経済に厳しさを感じさせるものがあった。

a0155319_1922966.jpg
ウトロから知床峠に昇り始めたところからのウトロ港付近の画像

a0155319_1924280.jpg
観光船からの知床半島の風景。平日ながら観光船が入り乱れています。

a0155319_192496.jpg
観光船から見られる滝の様子

a0155319_193131.jpg
羅臼側の知床半島先端方向行き止まり地点

a0155319_1933679.jpg
行き止まり付近の先の風景。この辺は熊の出没がよくあるとのことでした。

a0155319_1935549.jpg
河川ではどこでも見られるマスや鮭の遡上。黒っぽく細長く見えるのがマス。

a0155319_194957.jpg
1km近い距離が木道整備されていて歩きやすい知床五湖の一湖目への道。車椅子でも終点まで到達できます。





_
[PR]
by boss2010 | 2011-09-29 19:21
18:30まで5時間近くチカ竿3本と、めずらしく投げ竿2本を出してみたけれども、魚の気配なし。小樽港全体を見て回ったが釣り人の数が少ない。小樽の釣具屋さんのHPも最近は更新の間が空いているので何も釣れていないのだなと大体の様子は想像していたが、ひどい結果。
暗くなって、投光器を点灯すれば多少は寄ってくるはずの小魚の姿が全くなかった。中途半端に取り組んでのチカボウズは経験しているが、やる気いっぱいなのに空振りしたというのは確か2度目の経験になる。例によって、不漁の時は画像を載せるしかない。
a0155319_9291653.jpg
唯一の釣果・・・ただし10cm。

a0155319_9292923.jpg
第一埠頭はきれいに除雪されていました。

a0155319_9294286.jpg
第二埠頭、右先端部。この方は投げ竿のみ。

a0155319_9295598.jpg
ここでやってみましたが撃沈。

a0155319_9302482.jpg
色内埠頭先端部には釣り人の姿はなし。

a0155319_930456.jpg
厩岸壁左側の様子。

a0155319_931058.jpg
厩岸壁右側の様子。竿出しているのは先端部の方のみ。

a0155319_9312064.jpg
釣り座

a0155319_9314644.jpg
厩にいた巡視艇が移動して色内?へ。

a0155319_9327100.jpg
投光器を点灯して・・・やる気はいっぱいだったんですが・・・。

a0155319_9322256.jpg
くすんだ倉庫群の中ですが夜景はきれいです。






_
[PR]
by boss2010 | 2011-02-16 09:45
先日、釣り道具の点検をしてみて、古いステラと新しい(中古ですけど)ステラがどれほど違うのかと気になって、さっそくオークションで新品同様のものを入手してみた。C3000。もともと持っていた古い3000と比べてみる。
回転の滑らかさ、持続はなんと古いステラのほうが良い。固体の出来不出来はあるのでしょうが古いステラ・・・なかなかです。新しいステラには画像3にあるようにハンドル回転軸(左右変更用)が付いている。画像ではリールスタンドという、リールを置いたときにキズがつかないようにするための金属棒をセットしてある。こんなものでも買えばけっこうな価格である。特許?とか。ということで、古いステラでも状態さえ良ければ新しいステラと遜色がないことを確かめる事ができた。
a0155319_14171229.jpg

a0155319_14173047.jpg

a0155319_1417512.jpg

a0155319_1418957.jpg

a0155319_14183153.jpg









_
[PR]
by boss2010 | 2011-02-03 14:20
最近、奥さんは元気で外へ出たがる。今日は、積丹半島の先端付近でウニ丼やら刺身を出す有名店があるから連れてけ?!という。食べ物にはまったく興味のない自分だが、釣り場で、まだ行ったことがなく、見ておきたいところもあったので出掛けた。いろいろと写真を撮って来たが載せたのは、上から、岩内中央埠頭からの泊原発方向の風景、中央埠頭の釣り風景(フェリー埠頭などはまったく釣り人がいないのに、唯一ここは釣り人でいっぱいで小サバが釣れていた。サングラスさんが丁度、サバをつり上げ、見せてくれた。)、その下は盃漁港の狭い船道付近、そして漁港の防波堤の右奥、磯に降りられるので、磯の様子を撮っておく。最後は、この漁港に、なぜか青塗りの、もう使われていない消防車。あまりに良い感じなのでパチリ。久しぶりで積丹半島、行ってみると、工事中だったトンネルが完成していたり、それぞれの漁港の姿も変化がある。美国漁港の外防波堤などは大規模な補強工事をしていたり、いろいろと、現状が把握出来て良かった。
a0155319_18393948.jpg

a0155319_18395356.jpg

a0155319_184075.jpg

a0155319_18402078.jpg

a0155319_18403524.jpg

[PR]
by boss2010 | 2010-09-02 18:44