ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

初めての、小樽港第二埠頭のチカ釣り

a0155319_12322880.jpg
初めての第二埠頭先端部

昨日は午前11時過ぎに小樽港へ向かう。第一埠頭(黄丸)、はじめての第二埠頭(赤丸)、色内埠頭と見て、とりあえず厩岸壁(青丸)へ行ってみる事に。色内付近から双眼鏡で厩を覗いてみると、大型の漁船数隻が停泊して随分と釣り場が狭いが混んでいるようには見えないので向かう。着いてみると、先日は車1台入るスペースも無かったのに閑散としている。そろそろ、ニシンがいつでも釣れる状態ではなくなったようだ。ニシン狙いの、あこがれのシャクリ機を動かす釣り人がいたので隣に入る。しかし、夕方までに釣れたのは極小のチカ20ほど。お隣のシャクリには無反応。山側(右方向)からの強風と雨に悩まされる。波も荒い。暗くなる前に決断がいるので双眼鏡で、風が倉庫群の陰に当たるので多分穏やかと思われる第二埠頭先端を覗くと数名の釣り人がいるがスペースはあるし波も穏やか。16時半には竿を撤去して、初めての第二埠頭へ向かう。予想通り、風が弱く、海面には波もない。ここで、発電機を稼働させ(赤三角)、ほぼ入れ食い状態の小チカを爆釣??する。ほかの釣り人はほとんどニシン狙いのようだが小型が散発であった。自分は釣れるものを喜んで釣る。
20時過ぎ、切り上げようかと思い始めたところ、隣に新たな入釣者があったが、その発電機の騒音には驚いた。遠くに置きたいのか、自分の方に近い。言葉も無い。若い頃の自分なら、その発電機を海に投げ込んでいた・・・(ジョウダンですけどね)。
小樽港は広いので、探せば、強風を避けられる釣り場がどこかあるように思う。
a0155319_12325998.jpg
左/第一埠頭の様子。釣り人ゼロ。 右/色内埠頭先端。ここだけは釣り人で埋まっている。
a0155319_12333284.jpg
厩岸壁。先日とは大違いの様子。憧れのシャクリ機・・・。
a0155319_12342181.jpg
第二埠頭の釣り座、小チカ中心に100〜200は釣り上げた。隣の方はニシンの顔を見れずにお帰りなりました。
[PR]
by boss2010 | 2010-01-28 12:40 | 北海道 小樽港の釣り