ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

2015・10・21 小樽港色内埠頭のチカ釣り 4:30〜10:00

a0155319_134145.jpg


スケジュールがポッカリ空いて、天気を見ると晴れそうですのでチカ釣りにでかけました。
色内埠頭を見ると先端部に数名のみ。左側には釣り人が見えないので、のんびりできそうと思い色内にしました。

明るくなる頃には、それなりに釣り人も増えてきましたがサバも極小サイズになり、サバのシーズンは終わったようです。
暗いうちは極小サバとチカが釣れましたが極小サバはすべて放流。
チカのみを残しました。竿3本のうち2本のみにチカの反応がありましたが1本はどういうわけか数匹どまり。
2本の竿でだいたい切れ目無く釣れて100匹は越えているかと。
帰宅して処理しながら数え始めましたが奥さんが何度も話しかけて来て途中で数がわからなくなりました。
たくさん釣れたということで・・・・・。

奥さんが、先日のサバだって食べ終わるまで何日かかるかわからないのに、また釣って全部食べれるの?と相変わらず、冷たい言葉を降らせてきますが、ハイ食べますと言うしかありません・・・。

それでも夜、オニギリを2個作って持たせてくれましたのでありがたいことです。

イカなら食べてあげるよと言いますけどイカ釣り苦手なんですね、これが。いつどこで釣れるのかサッパリ。混み合うところは避けたいですし・・・・・・・

a0155319_134554.jpg
早朝の左側


a0155319_13104156.jpg
早朝の右側


a0155319_1352751.jpg
明るくなってからの左側


a0155319_1352952.jpg
右側


a0155319_135507.jpg
釣り座の竿


a0155319_1361069.jpg
帰りに通った色内くの字の様子





_
[PR]
by BOSS2010 | 2015-10-21 13:18 | 北海道 小樽港の釣り