ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

2014.11.25 小樽港色内埠頭のニシン釣り 13:30〜19:30

a0155319_8475999.jpg

a0155319_848279.jpg

伊豆半島周辺を巡るツアー旅行から帰り、釣りの検索をしてみますと小樽港でニシンが釣れだしたとのことでしたがちょうど3連休。例により現役の方のじゃまはできませんので連休明けを待って出掛けました。
そんなに経験はないですがニシンの実績は色内埠頭が良いので、まっすぐに向かいました。

先端角が良いのは以前から変わりませんが混んでいますので一番端に場所を確保。
と言っても自分の左は最後まで空いておりましたので一番釣れない可能性の高い場所?だったのでは。
右側の方が大きなニシンを釣り上げるのは見ませんでしたので、群れの薄い時には、やはり場所が良くないのかも。
見て歩いた範囲、情報をくれた方のお話では先端角付近では前日も前々日も大型ニシンが日中でも釣れていたとの事。

釣り人が集中する場所(良く釣れる場所)は避ける方針ですので、端っこで粘るしかありません。
それにしても、ちょっと場所が離れただけでまったく釣果に差がでるのは良くあります。
18:00まではほとんど小ニシンに大小のチカが時々かかる状況。
大きなニシンが釣れない時のために小ニシンを大量にキープ。

灯りを点灯しても状況は変わりませんでしたが、一度ぐらい気まぐれなニシンが回遊して来るかもと、あきらめずに手持ちでゆっくりとしゃくっていましたら18:00ちょうどに大きめのニシンが釣れました。その後19:00でアタリが無くなるまで、ぽつぽつと釣れて6匹。上げる途中で落下が2匹でした。
7号の皮付きサビキ。上下に魚の形をした銀色のピラピラ付き。下にブルーの点滅集魚灯。

a0155319_8493132.jpg
混み合う色内埠頭先端部

a0155319_8493339.jpg
釣り座の左側、最後まで無人

a0155319_8493555.jpg
右側から先端部方向

a0155319_8493762.jpg
暗くなると先端部以外は釣り人がいません。

a0155319_8595277.jpg
夜は冷え込みます。



奥さんの旅行趣味に荷物持ち、肩もみ係としてお伴して静岡、伊豆半島を巡り、富士山をいろいろな方向から眺めてみました。わりと天気に恵まれそれなりでした。大の飛行機嫌いですので、やっと今年の旅行日程が終了してホッとしています。
a0155319_8503890.jpg
三保の松原、芦ノ湖、河口湖、日本平・・・
a0155319_8505336.jpg
大井川鉄道、浄蓮の滝、蓬莱橋(ギネス認定、木製最長橋)、浜松城・・・
a0155319_8511577.jpg
静岡県清水港で釣り人発見。釣れていたのは10cm以下のイワシとのことでした

a0155319_8523827.jpg
ここからフェリーで伊豆半島に渡ります。

a0155319_853824.jpg
清水港から富士山が見えます。



伊豆半島の先端近く(静岡側)西伊豆町に加山雄三さんの「加山雄三ミュージアム」があり、初代から現在の3代目光進丸の詳細や音楽、俳優、画家としての履歴、作品などの展示があり、充実した内容になっています。初めて知りました。
光進丸は普段、茅ヶ崎や江ノ島周辺に係留されているものと思っていましたが、なんと西伊豆町の安良里(アラリ)漁港という入り江の奥まったところにある小さな漁港に係留されている事を知りました。バスの中から見る事ができました。帰って来てGoogleマップで見ますと、光進丸が確認出来ました。

a0155319_8534692.jpg

a0155319_8534914.jpg

a0155319_85442.jpg





_
[PR]
by boss2010 | 2014-11-26 09:24 | 北海道 小樽港の釣り