ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

2014・9・8 小樽港厩町岸壁のサヨリ釣り 14:00〜17:30

a0155319_20375780.jpg

a0155319_20221682.jpg

久々で小樽港へ行ってみました。全く様子がわかりませんので厩へ行く事に決めていました。

色内埠頭先端部に寄ってみましたが無人。沖側に数人。くの字付近に少し釣り人がおりました。

厩町岸壁はそこそこ釣り人がおりました。

車を止めて投げ竿2本出している方に様子をお聞きしますと午後から来て釣果無しとのこと。ハゼは渋いようでした。その後4匹釣れたと教えてくれましたが最終釣果はわかりません。


撒き餌してみますとサヨリ、フグのほか、得体のわからない、かなり濃い魚影がありました。その魚影の群れにサビキを落としますと、なんと小型のウグイ(10〜15cm)・・・ガッカリです。


釣れるものがありませんので極小サヨリを釣るしかありません。

先般の岩内のときのサヨリより小さくて針がかりしませんので針を2.5号に変えて、手竿1本で、例によって海面すれすれにサビキをキープしてサヨリ激釣り?。


気がついて周りをみますと16:30前後の時点で左右は無人状態。

釣りものが無い今の状況ではしょうがないです。サビキを普通に落としてしまうとフグやウグイ、小カタクチ?が釣れて来ますのでサビキ釣りの方は少なく、ハゼ狙いの方のほうが多かったようでした。

発電機、投光器持参でしたが期待薄と感じましたので暗くなる前に終了しました。極小サバが1匹だけ釣れました。


a0155319_20221958.jpg

a0155319_20222130.jpg

a0155319_20222362.jpg

a0155319_20222515.jpg
到着時の様子



a0155319_20222774.jpg
16:30過ぎの様子
a0155319_20223081.jpg




_








[PR]
by boss2010 | 2014-09-08 20:40 | 北海道 小樽港の釣り