ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

2014・8・21〜22 岩内港の釣り 15:30〜6:30

a0155319_11352231.jpg

実釣時間21日3時間半、22日2時間。小樽港も石狩湾新港も釣れている情報がありませんので久しぶりの車中泊で岩内港へ。旧フェリー埠頭に到着してみるとフェリー接岸部ではなく左側(陸側)が多数の車で賑わっています。

しばらく見ていると小型ながら何か釣れたのを目撃。

それではと、その並びに入る事に。しかし、いつものように、混み合っている中に入るのは好みではありませんので思いっきり端に行ってみますと年配の方がいて、その隣でやらせてもらうことに。

その方はフグしか釣れない状況に嫌気がさして、すぐに帰られました。

竿を4本用意しましたが餌を付けて落としますと小フグが鯉のぼり状態で上がって来ます。

これではいけませんのですぐに竿1本で手釣りすることに。

海面すれすれに小サヨリがいて、わずかにその下に小フグがいるように見えましたので、餌を深く落とさず海面よりわずかに潜らせるようにして、小サヨリを釣りました。


周りに人がいなくてよかった。「そんなもの釣ってどうすんのよ」という人が必ずいますので。

ガソリン代かけて来て手ぶらでは帰れませんので、小サヨリでも百匹ぐらい釣ればかっこうもつくだろうとオニのように釣り続けました。

暗くなって発電機で投光器を点けましたが海面、海中とも日本中の小フグが集合したような密集?絨毯状態ですのでわずかな時間で終了しました。

偶然に小サバが3匹釣れています。サヨリもサバもこれから大きくなって来ると思います。


朝は期待していたのに小フグが海面に浮いている状況で前日より条件が悪く、フグ以外は釣れませんので4:30~6:30で終了しました。


a0155319_11352605.jpg
到着時の様子

a0155319_11352989.jpg
地元の方が多かったのでしょうか暗くなる前に無人です。

a0155319_11353165.jpg
釣り座の左側。

a0155319_11353336.jpg
広い港、見える範囲に車中泊は自分のみ。しかも小サヨリ釣り・・・




a0155319_11353649.jpg

先般の投げ釣りで折れた竿は、もう20年近く前のものでオークションなどにもなかなか出て来ないのですが毎日チェックしていましたら中古釣り具屋さんで出ましたので即、購入いたしました。

到着時価格で¥21000。使用した形跡のないものでした。金属部分もピカピカ。竿尻も置きスレなく新品状態でした。

オシャレで今風?の投げ竿を買おうかと考えていましたが折れた竿も予備パーツとして使えますので、このお揃いの3本の竿が人生最後の投げ竿になるような予感がします。


最近は何でも長持ちしそうな買い物するたびに、これが最後かもと考える事が多いです。それで、最後ならと、つい、値段の高いものに手を出したりしてしまいます。

若い頃は少しでも安い物は無いかと・・・・・そういう生活が長すぎました。





_








[PR]
by boss2010 | 2014-08-22 11:51 | 岩内港の釣り