ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

2014・5・27〜28 北海道岩内港東防波堤のカレイ釣り 16:30~7:30

a0155319_12112624.jpg

本業のチカ釣りがまだ始まりませんのでまたカレイねらい。天気予報では西積丹の風が強そうでしたので避けて美国漁港か幌武意漁港での釣りを考えてでかけました。

美国漁港に到着してビックリ。

外防波堤の中間部内外にわたって大量のテトラが山積み。もう先端部へは行けないのでしょうか。好きな場所の一つでしたのでショックでした。

幌武意漁港は穏やかで波もなく良い感じでしたが釣果を訊ねますと不調。先端の高台にベテラン風の方が2名おられましたのでお聞きしますと朝の3時から始めてカレイ3匹・・・。ホッケ狙いの方も良いお話がありませんでしたので・・・パス。


ほかの漁港も巡りましたが、どうもシックリきませんので岩内港へ。西防波堤に続けて3回というのもナンですので、以前に実績のある東防波堤へ。

なかなかの強風で夜間は車が揺れるような状況でしたが強行。27日は16;30~19:30 (竿3本) 28日は3:30~7:30まで(竿5本)。途中、三脚が竿ごと倒れたりする場面もありましたがなんとか釣りになりました。

小さなカレイは1匹のみ。ほとんど20cm以上でスナガレイ最大27cm、マガレイ最大28cm。

相変わらず大きなものに縁がないですが型は中型で揃っていました・・・計17匹(27日は4匹)。

巨大なウグイと大きなカワガレイをリリース。ホッケの姿は見えませんでした。

明るくなるとアタリが遠くなりましたので7:30で終了。


朝、薄暗いうちに若い方が3人、防波堤にやってきました。ヒラメ狙いです。明けきってから帰る後ろ姿をみますと一人の方が大きなヒラメを抱えていました。岩内港で釣れるとは聞いていましたが実物を初めて見ました。以前、ここで投げ釣りの竿にヒラメがかかったのは、遠い別の場所から見た事がありました。

a0155319_12113342.jpg

a0155319_12113633.jpg

a0155319_12113851.jpg
山にはまだ雪が残っています。


a0155319_12113935.jpg
正面に旧フェリー埠頭と接岸している巡視船が見えます。

a0155319_12114760.jpg
28日、明け方


a0155319_12114973.jpg

a0155319_12115778.jpg
午前6時ごろの西防の先端部。


a0155319_12130298.jpg
午前6時頃の東外防波堤先端部。


a0155319_12131963.jpg
27日、美国港の外防波堤の状況


a0155319_12132128.jpg
美国港外防波堤中間部の山積みテトラを拡大。


a0155319_12132396.jpg
大天狗トンネル前の波の状況。

a0155319_12132573.jpg
幌武意漁港の遠景。


a0155319_12132966.jpg
幌武意漁港外防波堤先端部の様子。


a0155319_12133220.jpg
幌武意漁港外防波堤先端部の釣り風景。






_










[PR]
by boss2010 | 2014-05-28 12:36 | 岩内港の釣り