ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

2014.2.14 小樽港厩町岸壁に魚の気配なし 15:00~18:00

a0155319_902879.jpg


天気予報を見て出掛けましたがアタリが1度もない見事な空振り。日が長くなり17時頃に投光器を点灯するも灯りに集まる魚影は皆無。18:00にはあきらめて撤収。
どこを見ても釣り人の姿無し。厩岸壁右端のほうで竿を用意していると釣りに来られた方に声をかけられましたが「釣れないと思う。どれだけ釣れないのか確かめるつもりでやります。」と話す。その方も離れた所で釣り始めましたがその後の状況は不明。
双眼鏡で見た範囲で南防波堤基部に二人の人影を発見しましたが明るいうちに見なくなりました。駐車スペースへの乗り入れは可能のようです。

昨年の2月26日に同じような状況でチカ5匹という記録があるので数匹は釣れるかと思ったが全くアタリなし。今まで、チカ釣りで空振りで帰った事が数回ありますので釣れない時は釣れないということで納得。小物釣りは1〜3月が厳しいです。雪融けが待ち遠しい気分です。

a0155319_911218.jpg
第一埠頭はきれいに除雪されていました。

a0155319_914941.jpg
第二埠頭に釣り人の姿はありません。

a0155319_92676.jpg
色内埠頭先端部も無人。

a0155319_922336.jpg
先端部の雪の様子。

a0155319_924155.jpg
厩町岸壁にも1台も車がありません。

a0155319_925913.jpg
離れたところに二人目の釣り人。

a0155319_9103790.jpg


a0155319_931360.jpg
発電機を動かし灯りをつけるも魚影なし。




_
[PR]
by boss2010 | 2014-02-15 09:21 | 北海道 小樽港の釣り