ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

2013.9.18 小樽港厩岸壁のサヨリ釣り 14:00〜20:00

a0155319_972115.jpg

「サヨリなら食べてもいいよ」と珍しく奥さんが言うので岩内港で釣ったサバの在庫があるのに出掛けてしまいました。小樽港のサバがどれぐらい大きくなったかも見たかったのですが釣れたのは2匹。大きいほうは前回より一回り大きくなっていました。

山側からの風が少し強めの状況でした。様子を見に寄ってみた第一埠頭にはご夫婦の釣り人1組。
風を背側から受ける第二埠頭はやはり釣り人が多く見られました。
色内埠頭もコの字の沖側にはけっこうな釣り人の姿がありました。くの字も画像の通りの様子。

双眼鏡で覗きますと厩はまだ余裕がありそうですので、そのまま向かいました。
波があって海中がよく見えませんが撒き餌をするとサヨリがかかりましたので釣れると思い、狙いました。全部で61匹。
サヨリは香りにくせが無く食べやすい魚と思います。

暗くなるとサヨリも釣れなくなりましたので、投光器を点灯して様子を見ましたがその後は何も釣れず終了しました。3〜4組の投光器の点灯がありましたが双眼鏡で覗いた範囲では何かが頻繁に釣れているという状況ではないように見えました。

a0155319_983970.jpg

a0155319_99233.jpg

a0155319_99153.jpg

a0155319_99272.jpg

a0155319_994243.jpg
厩到着時の沖側の様子。海側が立ち入れないようになっていました。
a0155319_995999.jpg

a0155319_910127.jpg

a0155319_9102959.jpg
2度ほど通り雨があり、濡れました。例によりサヨリを、狙ってまで釣っているような人は見当たりません。雨に濡れながらも一心にサヨリを釣っているのは自分ぐらいしかいないようです。
おかしなオヤジに見えてたんでしょうか・・・。
投光器点灯後の写真は撮り忘れてありません。



_
[PR]
by boss2010 | 2013-09-19 09:26 | 北海道 小樽港の釣り