ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

2013.9.10〜11 岩内港のサバ、サヨリ釣り 15:00〜22:00

a0155319_9534662.jpg

a0155319_954623.jpg
旧フェリー埠頭到着時、カベから基部方向の様子。


情報の少ない岩内港の様子を見たいと思い、車中泊の準備を整えて出掛けました。サバがメインと想像出来ましたが行ってみないとわかりません。最初に中央埠頭に行ってみますと岸壁の工事中で、その沖側も大型船が砂?を陸揚げ中のため、釣り可能なスペースが狭い状況で混み合っていました。入る余地がありませんので旧フェリー埠頭へ。

こちらは画像の巡視船が停泊している岸壁(陸側)に釣り人が集中しておりましたが、旧フェリー埠頭側はガラガラでしたので迷わず、一つ目の壁?の陰で準備しました。
明るいうちはサバは全く釣れませんでしたが後で壁の陸側(埠頭基部側)に入られたカップルはポツポツとサバを揚げておりました。10mぐらいの場所の違いで差がありました。

それで、しょうがないので例によりサヨリ釣り。コツを掴んでおりましたので日暮れまで入れ食いでサヨリ釣り。数えきれない?ほど釣ってしまいました。(食べます。)
日が暮れて、投光器を点灯して、しばらくしてからサバが入れ食い状態になりました。
皮付きサビキは全然だめで、アミ餌をこすりつけないと釣れませんでした。
落とすと必ず食いついてきましたが大小混じります。小樽港では大きさがだいたい揃っていましたが岩内港は大きさバラバラです。数えましたら60匹を超えていました。そのうち大きいものが来るかもと思い、つい釣り続けてしまいました。

夜明け後、他の方の釣りを偵察して大きいものが釣れそうなら釣るつもりでしたが、朝になっても釣り人はわずか。見ていても釣れてる様子がありませんので竿は出さず、終了いたしました。

a0155319_9544983.jpg
工事中と大型船の接岸で釣り場所が狭い中央埠頭。

a0155319_955117.jpg
中央埠頭先端にかけて混雑しておりました。

a0155319_9551891.jpg
旧フェリー埠頭到着時の釣り座右側の様子。

a0155319_9553344.jpg
到着時、巡視船から手前にかけて多くの釣り人がおりましたが日暮れにかけ、帰られたようでした。

a0155319_9555667.jpg
日暮れ前にはほとんど無人。

a0155319_956965.jpg

a0155319_9563130.jpg

a0155319_9564395.jpg
画像の釣り座は若い人4〜5人のグループ。朝までおりました。テントもあって、楽しそうで羨ましいです。

a0155319_956578.jpg
夜明け後です。昨日は混んでおりましたが今朝は、釣り人はまだのようです。

a0155319_957974.jpg
夜明け後。こちらもまだ釣り人は数人です。


リタイアして、ようやくいつでも釣りが出来る立場にたどり着いて、ブログタイトルがチカ釣りなのに最近、チカが釣れません。数年前はチカはいつでもどこでも釣れるぐらいに思っておりましたが毎年、海の状況が違うことを知りました。マイワシも早々に姿が見えなくなりましたしカタクチも釣れません。その時々に釣れるものを釣るしかありません。
車の運転が嫌いですので、釣り会(釣りクラブ?)にでも入って楽がしたいですが、釣ったものの身長や重量で順位を競うとか。釣りで競いたいとは全く思いませんので無理なんですね。
ただ、まとまって、グループでバスで釣りに出掛ける、車の運転をせずに済む、そういうアバウトな釣りの集まりとかあればいいんですけど・・・。




_
[PR]
by boss2010 | 2013-09-11 10:44 | 岩内港の釣り