ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

2013・7・22 小樽港色内、コの字の海側岸壁のマイワシ釣り 3:00〜16:00

a0155319_19215868.jpg


最近、まともな釣りをしていませんでしたのでマイワシが釣れ始めたのを知り、土日を避けて、月曜夜中2時前に起きて出掛けました。
色内くの字で釣ろうと思っておりましたが、行ってみると、まさかの超満員。車を止めるスペースはまったくありませんでした。釣り座の準備を整えてから車の中で仮眠中のようで、暗闇の中に人の姿は多くありませんでした。
前夜から待機していた方が多かったのでしょうか。

迷わず、コの字の海側で釣る事に決めました。釣り人の姿もまばらで場所は選び放題?でしたので通路の終点の少し右側にしました。

4時までに1匹。7時でも4匹。サクっと釣って夜が明けきったら帰る予定でしたがとんでもない。
群れが小さいようで、群れが来るたびに1〜2匹釣れて、その後、時間が空きます。それを繰り返しているうちに、弱い雨が降る中、後半には空き時間が短くなり、クーラーボックスに余裕がなくなって終了する16:00ごろには、ほぼ入れ食い状態でした。
前日などとは明らかに異なる展開と、毎日のように様子を見ている方が申しておりました。
釣り場所が10m違えば、釣れ方もまったく違って来るというのを実感しました。今回は釣り座の左側先端方向にかけてのほうが良く釣れていました。

短時間で、もっと勢い良く釣れると思い込んでいましたので、予想外の長い時間のしつこい?釣りになってしまいました。
続けていれば、もっと釣れたと思いますが釣った魚はすべて自分で食べる事になっていますので、釣りすぎないうちに止めておきました。
釣果は大きめの54匹。青魚を食べない奥さんも面白がって、刺身の分はマイワシの皮剝ぎに参加してくれて、賑やかに処理しました。釣りは好きですが、食べるのが好きな訳ではないのがつらいところです。

釣りの途中、色内くの字に2回ほど見学に行ってみましたが、見た時は釣れ方はコの字の海側と同じ渋い状況でした。
今回は釣り座のお隣さんが感じの良い方で、楽しく時間を過ごす事ができました。

a0155319_19222988.jpg

a0155319_1922418.jpg

a0155319_19225464.jpg

a0155319_1923630.jpg


仕掛けはサバ皮付きサビキ6号(周囲の方はだいたい6号でした)。海中や釣り上げ途中で何度も外れましたが、もっと大きめの針がいいのかはわかりません。ニシン釣りの時につける、シルバーの魚の形をしたピラピラを付けている方がいましたので真似してやってみましたが、自分は効果があると思いましたが・・・。また、渋いときには小刻みにしゃくると釣果があがると自分は感じましたが参考まで。
素針にエサ付け器の方が圧倒的に釣果が上がっておりましたが、その分、ウグイがうるさくなり、からみが発生してロスもあり、一長一短のようです。




_
[PR]
by boss2010 | 2013-07-22 19:41 | 北海道 小樽港の釣り