ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

2012.5.14〜15 岩内港中央埠頭のカレイ釣り 16:00〜翌朝8:00

車にも慣れてきたので、久々でかけました。以前の車は3400cc、今度は2400cc。力が足りません。坂道は加速できません。エコメーター???表示が気になってアクセル踏み込めません。

積丹半島を回って、適当な場所でカレイ釣りをするつもりでしたが、なんと野塚をすぎて西河方面にさしかかるとがけ崩れで通行止め。釣りをやめて引き返そうかと思いましたが夜通し釣りをする準備で行っておりましたので、余市まで戻り岩内港へ行くことに。
昼過ぎに出掛けたのに岩内港で竿を出したのは16:00ぐらい。フェリー埠頭や防波堤の情報は目にしますが今回はほとんど情報のない中央埠頭のカレイ狙いで朝までねばってみることに決めました。フェリー埠頭周辺は混んでおりましたが、ここは朝まで終始貸し切り状態で角で竿5本、釣れているなら一番良い場所?になるのでは・・・。朝まで人のいない広い埠頭に一人・・・若い頃なら気持ち悪いとか、心細いとか感じたかもしれませんが、一番怖いのは年老いて、自分がやがて釣りが出来なくなること。それに比べたら何のことはありません。

翌朝までに釣れたのは日暮れ前に釣れた小型クロ3匹(針飲み込み)、ほかの小クロはリリース。(針を飲み込んだカレイはエラから口まで指で裂いてしまいますので小さくとも持ち帰ります。)
数が釣れないのは、投げても6号ラインでは40~50mぐらいしか届きませんのでそれが原因かもしれません。しかし、夜中も2時間置きぐらいに餌を取り替えて投げたのに1匹も釣れず。夜が明けて、少し活性が上がったのか短時間でぽつぽつ釣れてくれました。
最大はマガレイの30cm弱でしょうか。

a0155319_1237753.jpg

a0155319_12372286.jpg

a0155319_12373695.jpg

a0155319_12374918.jpg

a0155319_1238338.jpg
夜明けにホッケ釣りのベテランさんがみえて、定位置はここ。この広い埠頭に立った一人しかいないホッケ釣りですがコンスタントに釣り上げておられました。

a0155319_12381366.jpg
ホッケの群れの動きに合わせて角を右へ左へと移動します。お陰で仕掛けから、餌の使用法まで、ホッケ釣りの極意?を盗む?学ぶ?ことが出来ました。

a0155319_12382587.jpg
80も半ば。足に故障があり、釣りも今年で終わりかもしれないと言う。体調に合わせた釣りを工夫すれば、まだまだ続けられますよと励ましの言葉をかける。他人事ではなく、楽しみを楽しめなくなるときが来ると思うとやるせなくなる。
仕掛けがからんで、予備もなくなり、引き上げる時に、沢山釣った中から、あげるよと置いて行ってくれた貴重な、いただきものです。
年輩者は言葉は少なくとも多くを学ばせてくれます。

 落陽 吉田拓郎





_
[PR]
by boss2010 | 2012-05-15 13:04 | 岩内港の釣り