ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

2011.9.20 再び小樽港 厩岸壁のカタクチイワシ釣り 15:30〜20:30

また、台風のせいで天気が悪くなるらしいので情報が乏しい中、でかけてみました。第一埠頭はガランとしていました。昨年とは大違いです。第二埠頭はまだ工事中でしたが先端部には釣り人2名。色内埠頭先端部には数台の車。真イワシで賑わった色内「くの字」付近はさすがに空いています。通り抜ける間も厩から双眼鏡で覗いている間も真イワシを釣り上げる場面は見れませんでした。釣れても散発というところでしょうか。
で、今回も釣り人が他より少し多い厩での釣り。日が暮れる前はウグイ、小タナゴ、そして画像のサバ、サヨリ。日中にはサバ、サヨリが釣れているのかもしれません。発電機で点灯してからはカタクチイワシがぽつぽつ。前回よりもシブくて、間を空けて釣れて来ました。相変わらずスキンサビキはだめで素針にアミエサ仕掛け。全体を通して終始チカの姿はありません。
鮭釣りシーズンですので情報は鮭のものが多い。鮭も釣ってみたいが、また「自分が釣ったんだから自分で捌いて自分で食べれば」と、知り合った18歳の頃のあどけなさからは想像もできないほどの荒々しい?オバタリアンに成り果てた奥さんの言葉が頭上から降ってきますので、釣っても全て完食できそうな小物釣りが自分には合っているようです。

a0155319_1033566.jpg


a0155319_10331822.jpg
第一埠頭。昨年ならいつも釣り人がいたのですが・・・。

a0155319_1033354.jpg
色内埠頭の先端部

a0155319_10334759.jpg
真イワシ釣りで賑わっていた色内「くの字」付近です。随分と釣り人の数が減りました。

a0155319_1034176.jpg
厩岸壁の釣り座から左方向。ずいぶんと空いています。

a0155319_10341913.jpg
右先端部はめったに見る事のない無人です。

a0155319_103433100.jpg


a0155319_10344558.jpg
小魚はサヨリの子でしょうか、正確なところはわかりませんが明るいうちからウヨウヨでした。





_
[PR]
by boss2010 | 2011-09-21 10:48 | 北海道 小樽港の釣り