ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

2011.8.26 小樽港厩岸壁でカタクチ不発  16:00~19:30

先日、カタクチが数匹釣れましたのでライトを点灯して夜釣りで狙ってみようかと出掛けましたが不発。画像のとおりの貧果。周辺の方も明るいうちからほとんど釣果なし。ウグイがうるさくなっています。
暗くなりかけてから久しぶりに発電機動かしましたが反応薄。小樽港に到着時、第一埠頭、第二埠頭と覗いてみましたが釣り人わずかですので車がいっぱいの厩にしたのですが何とも・・・。色内は巡視船停泊位置付近も「くの字」も満員盛況。真イワシはまだ釣れているのでしょうか。
例年なら釣れているはずのチカもカタクチも釣れず、小物釣りながら毎年同じということでもないのが面白い。大漁でなくていいんですがそこそこ釣れてくれないと・・・。

a0155319_8363023.jpg

a0155319_8364397.jpg

a0155319_8365981.jpg
釣り座の右。空いているのはあまりに反応薄のため、そうそうに引き上げた方が多いため。

a0155319_837742.jpg

a0155319_8371926.jpg
色内埠頭の巡視船の繋留地点から先端部。混雑していました。多分、イワシ?・・・。

a0155319_8373429.jpg
釣り座に現れた鳥。よく見ますと釣り糸が足と体にからみついて、右足が地面に楽には降ろせない障害を負っている状況でした。あらためて、仕掛けや釣り糸を放置することの危険を認識しました。







_
[PR]
by boss2010 | 2011-08-27 08:53 | 北海道 小樽港の釣り