ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

2011.8.19 小樽港厩岸壁で真イワシ釣り 15:00~19:00

少し間が空いての釣り。イワシもずいぶん釣りましたのでチカでものんびりと釣りたいと思い厩岸壁へ。暗くなりかけるまで、一切あたりなし。暗くなりかけてから、なんとイワシが湧きだして海面にウヨウヨで入れ食い。明るいうちはどこにいるのでしょうか?聞いてみたいものです。
イワシはもういいと思っていたが、それまで全く何も釣れなかった反動で思わず反応して大量に釣り上げてしまった。カタクチイワシも10匹ほど釣れて、真イワシが釣れていなければ集魚灯でカタクチ釣りの季節だったなと・・・。
奥さんがまた「イカは釣れね〜のか」(もう少し品はいい)と言うので、鳥ササミを用意して行ったのでイワシ終了後20:00〜23:00まで南防波堤でイカにチャレンジ。坂道は空いていたが駐車スペースはほぼ満車。かなり先端部寄りに釣り座。後半は風が肌寒い感じ。沖側の投げ釣り老人2人組に挨拶。例によって無駄に歳をとったようで挨拶したのを後悔するほどの嫌みな返答。
釣りは遊びです。誰もが楽しみたいと思い、お金を使い、準備して遠くからでもやってくるわけです。皆が楽しい時を過ごして帰れるように気を使い合うということが必要です。人間を50年も60年もやってきて、そんなことにも気付かず死んで行くのでしょうか。哀れな話です・・・・・で、この季節に投げ釣りで夜釣り?何を釣る気なのか不思議です。
陸側の若い2人組にも挨拶。感じの良い受け答え。ということで3時間やって1杯・・・もうダメです。

a0155319_9192076.jpg
厩と南防波堤の釣り座位置

a0155319_925596.jpg
貴重な?イカ1杯

a0155319_9194163.jpg

a0155319_9195322.jpg

a0155319_920779.jpg

a0155319_9201962.jpg

a0155319_9203126.jpg
双眼鏡で覗いておりましたが厩よりも釣れ始めるのがやはり早い色内の「くの字」付近。かなり明るいうちからぽつぽつ釣れ始めていました。
a0155319_9204470.jpg
3時間やっても1杯。歩く距離も長い・・・・・。
[PR]
by boss2010 | 2011-08-20 09:42 | 北海道 小樽港の釣り