ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

2011/6/16 小樽港第二埠頭のチカ釣り 15:30~19:00

車のバックドアはすぐにネットオークションで探し、落札して修理工場に送ってもらい、色合わせして塗装して仕上げてもらいました。しめて¥90000。自損なので相手がある事故よりは余程マシと自らを慰めて・・・・・・・・泣。
車が戻りましたのでさっそく、まだチカが釣れているという情報のないまま午後に小樽港へ。釣り人はまばらです。唯一混み合っていたのは色内のくの字付近。釣り人で溢れていましたが見ている間に釣り上げたのは見れませんでした。
厩岸壁に行ってみると右端から2隻の船が繋留していて防波堤基部側しか空いていません。見ていると、ここも竿が動いていません。ということで、どうせ釣れないのならのんびりしたいと、双眼鏡で覗いてみて誰もいなかった第二埠頭へ行くことにしました。無人の釣り場で少し大型のチカが30匹。まあまあと思います。ウグイがやたらとうるさく撒き餌に反応しますので撒き餌は中止。これからはコンスタントに釣れるような気がしましたが。
a0155319_936440.jpg
赤点が釣り座

a0155319_936176.jpg
終始自分のみで無人

a0155319_9363220.jpg
最初は竿3本。ポツリポツリしか釣れませんので竿数勝負と2本追加。この先端2本の竿が、現役時代に釣りに行けない忙しさの腹いせに買ってみた、定価で1本10万を越える磯竿・・・しかも2本・・・・・オソロシイコトデス。

a0155319_9365010.jpg
厩岸壁の様子

a0155319_937331.jpg
隙間無く埋まっております。

a0155319_9371461.jpg
竿は動いていないようでした。





_
[PR]
by boss2010 | 2011-06-17 09:50 | 北海道 小樽港の釣り