ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

小樽 第二埠頭でチカの夜釣り

歳が明け、いろいろと出来事が重なり、ひと月近く間が空いてしまった釣り。14:00〜20:00 小樽第二埠頭のチカ釣り。第一埠頭に行ってみると、雪がきれいに除雪されているが人影なし。最初から第二埠頭でのんびりしたいと考えていたので向かう。両端に車があったが左寄りに釣り座を決める。左の方はもう、自動シャク機を動かし竿を2本出している。チカは釣らないのですかと聞いてみたがニシンしか釣らないと。ニシンが釣れなくなっていると調べていたので自分はチカを釣る。お隣さんにニシンが来たら自分も参加するつもりで一応、竿と仕掛けは用意しておいた。
去年の冬、暗くなってから投光器にチカが寄る経験をしていたので投光器を点灯して釣り続けた。大チカはすぐに通り過ぎるので竿は3本出しておいた。大きいものと小さいものが混じって釣れる。途中で投光器を点けていた埠頭右端の角の方が偵察に来たがニシンはまったくの空振りということだった。自分のサビキに小ニシンが1匹釣れたのでその後しばらく、ニシン用に用意してあった水中ライト2個のハデな仕掛けの手竿でしゃくって見たが反応はなかった。
暗くなっても釣り人の数は増えることなく、ニシンが釣れなければ釣り人は来ないし、夜に投光器まで使ってチカ釣りする物好きもいないということが今回の締め。
a0155319_11551137.jpg
遊びに来てくれた海鳥

a0155319_11552395.jpg
第一埠頭

a0155319_11554636.jpg
釣り座右

a0155319_11555539.jpg
釣り座左

a0155319_11561120.jpg
釣り座から見た厩岸壁

a0155319_11562859.jpg

a0155319_11574454.jpg

a0155319_11575771.jpg












_
[PR]
by boss2010 | 2011-01-25 12:07 | 北海道 小樽港の釣り