ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

10/21 小樽第一埠頭でサバ不発。

サバが釣れているということですので小樽第一埠頭へ行ってみました。マメイカ釣りの方ばかり。どうも様子が違います。とりあえず、沖側のフェンスの脇で準備しましたが、近くには誰もおりません。4号のサビキを深めに落としましたが反応なし。ヒマなので初めて、エギをつけて短竿で振り回してみたけれども、これも反応なし。エギは技術がないのではなく、マメイカが多分いなかったと思われる。となりに、次々と車が来て、イカ狙いで竿を振るけれども皆さん、すぐにやめていなくなっていましたから。実釣時間14:00〜17:00。
夕方には何とかなるかと思ったが何ともならず。カタクチだけは相変わらず夕方から入れ食いで夏より一回り大きくなっている。大きくなっているせいか、振り払って落とそうとしてもなかなか落ちないので手ではずす。捌くのがめんどうだが、これなら刺身風に生で行けるかもしれないと思い、とりあえず一定量を確保。カタクチ以外の釣果はなし。釣れば、いくらでも釣れそうだったが17:00終了。今後、まだ釣れそうだったら大量に釣り上げて、煮干しにしてやろうかと思う。

a0155319_817128.jpg

a0155319_8171794.jpg
埠頭基部の釣りの車、少ないように見えますがかなりの人数の方がおられます。

a0155319_817337.jpg











_
[PR]
by boss2010 | 2010-10-22 08:26 | 北海道 小樽港の釣り