ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

小樽港で大きめのサバとアジとカタクチと

a0155319_8465246.jpg

a0155319_847543.jpg

a0155319_8471968.jpg

a0155319_847344.jpg


毎日、以前に大量に釣り上げたカタクチを食べ続けているけれども終わらない。在庫が尽きるまで釣りに行けないと・・・だんだんと欲求不満がつのり、サバも釣れだしたということで出掛けてしまいました。暗くなればカタクチしか釣れないと覚悟しての実釣16:00〜20:30。第一埠頭、フェンス横(ここは少し水深が他より深いとアドバイスあり)。
ベテランの方から、水温が高いので少しは低い底に棚を設定したほうがいいとアドバイスいただき、そのとおりにやってみる。散発で20cmを越えるサバが3匹。20cm近いアジが1匹。小アジがいっぱい。チカゼロ。カタクチ山ほど(暗くなってからはカタクチのみ)。おとなりさんが「カタクチを食うのが嫌なら煮干しにしとけ」と。その言葉に「それなら、釣れるだけ釣ってやろう」とエンジン全開。カタクチは上下に走るのか仕掛けのカラミが多いのでカタクチ用の試作仕掛けを用意してあったので使ってみる。これはステンのはりがねに仕掛けをグルグル巻いたもの(画像参考)。上に走っても仕掛け自体が持ち上がるのでからまない。当然、口が切れてバレは多いが放置しておける。手竿にあたりが途絶えたら上げればいい。何匹かはかかっている。ラインや仕掛けは目立ってはいけないとか言うけれども、カタクチは例外。素人は怖い物知らずでこんな仕掛けを作ってしまう(1本づつ細いエンビパイプに入れて車載)。
で、手竿1本とその仕掛けの竿2本の計3本の竿で休み無く釣り続ける。暗くなってからはお隣さんにサバが1匹釣れたけれども、やはりサバやアジは夜釣りでは無理のようだった。
帰ると、いつもは反応の薄い奥さんがサバとアジに目をつけて、いきなり捌いてしまう。それで、サバとアジの画像がない。

暗くなってからの釣り人は広い岸壁に6〜7人程度。

9/17 18:45コメント追加
煮干しにするために、乾燥するのに広げてみるとカタクチ200匹超でした。




[PR]
by boss2010 | 2010-09-17 08:57 | 北海道 小樽港の釣り