ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

小樽第一埠頭のカタクチ釣り/自衛隊艦船の画像

先日はまったく釣りならなかったので今回はちょっと気を入れて、小樽第二埠頭に4時着。前回と同じように沖側は右の一部を除いて少し高めのロープが張られて入釣しにくい。厩は相変わらず沖側と反対側の端が埋まっている。中間部ではまた貧果の可能性が高いので避け、第一埠頭へ向かう。第一埠頭の向かい側には自衛隊の船があり、第一埠頭は見物客で混んでいた。
この船が出港するまで待っていた。写真を撮る人、家族連れ、すごい勢いで帽子を振って?見ている人・・・さまざま。船が出てから空いたスペースで釣り座をセット。暗くなる前からカタクチに混じりチカも釣れる。今日はいけるかもと思いながら、釣り続けたがやがて、先日来の雨のせいかゴミが大量に流れてくる。特に陸側に滞留する。自分の右側は数十メートル空いているのに誰も入らない訳だ。釣り人自体少なくて閑散としている。地元の方は雨の後のゴミのことを、よく知っているのだろうと思う。
20:30ゴミの中に無理矢理仕掛けを投入して釣り続けていましたが、ついにゴミの中に仕掛けを投入しても海中に届かないほどになり終了しました。
いつも同じような画像になるので、船が2隻並んでいるところからタグボートの作業で岸壁を離れるところまで、しつこく載せてみました。
a0155319_9181293.jpg

a0155319_919753.jpg

a0155319_9192748.jpg

a0155319_9234416.jpg

a0155319_9241513.jpg

a0155319_9244594.jpg

a0155319_9245843.jpg

a0155319_9272648.jpg

a0155319_9274427.jpg

a0155319_927586.jpg

[PR]
by boss2010 | 2010-08-03 09:37 | 北海道 小樽港の釣り