ブログトップ

たどり着いたら、いつもチカ釣り

isikari.exblog.jp

師匠も釣友もいない単独釣行。釣りの深い知識なし。大漁でも喜ぶ人なし。

小樽港の厩岸壁で、手術前最後のチカ釣り

a0155319_9161331.jpg

a0155319_9162677.jpg

a0155319_9164024.jpg

2/25の整形外科の診察で、入院が3/1と決定。手術は入院直後ということで、入院前に行くなら26日しかないので出掛けた。脊髄の手術ということで、入院は3週間と言われているが術後は重い物を持てないし、無理な姿勢もとれないので、しばらく釣りは出来ないかもしれない。
15:00に家を出て小樽港に着いて、例により第一、第二、色内、くの字と見て行くが雪はずいぶん溶けていた。色内先端に1~2名の姿があったほかは釣り人の姿はなし。釣り人が多かったのは厩。風向きがどうかと思ったが16:00過ぎ、中間部で竿を出してみる。17:30ぐらいまでは反応ゼロ。また、第二埠頭へ行こうかと最後まで迷ったが3連続で第二というのもどうかと思い、厩で最後までやることに決める。その後、あたりが出始め、ライトを点灯してからは、ほぼ入れ食い。15cm前後の大きめのチカを中心に釣れたが100前後か。ライト下にはチカがウヨウヨ集まるけれども、見えているものはなかなか釣れない。パタっと食いがとまったのが19:00。チカのお食事タイムが終わったようだ。あまりに急に止まったのであきらめ、19:30に切り上げる。投げはまだ反応が薄いようで右となりの投げの方(画像ハイエースバン)が帰りに貴重な釣果のカレイ1匹を持って来てくれる。今期初のカレイはいただきものということになった。ありがたいことです。

手術の担当医が当日、夫婦喧嘩してきたり、二日酔いだったり・・・と、なにか問題を抱えたままでメスを握らなければ、なんとか、また元の体に戻れると思うけれども、自分の脊髄に八つ当たりするような・・・万一の場合には大きなリスクがあるのでなかなか怖い。
いずれにしても、病院にはネット環境がないので、しばらくは更新出来ない事になる。
[PR]
by boss2010 | 2010-02-27 09:20 | 北海道 小樽港の釣り